【FXの教習所】デモトレードが利益に繋がる!

FX デモトレード 体験版デモトレードというものをご存知でしょうか。

その名の通り、FXをトレードする為の「デモ」を行う為の仕組みです。

FX体験版とでも考えて頂ければ幸いです。

デモトレードは次の人には強くオススメできます。

  • これからFXを始めてみたい
  • 始めたてだけどまだよく分からない
  • FXを行っているけどうまく勝てない

そんな方々はぜひ今回の記事を読んでもらって、デモトレードに挑戦して頂ければと思います。

 

デモトレードは無料で使える体験版FX

FX デモトレード 経験FXを始めようと思った時、すぐお金を入れていざトレード開始。というのは非常に難しいものがあります。

ある程度知識があってもチャートの見方が分からない事もありますし、どこの画面にどういったモノがあるかも分かっていない状態です。

お金も絡んで来ますし、「色々と画面をいじっていたら損していた」というのだけは避けたいものです。

そこで、お金を入れてトレードを行う前の練習用にデモトレードがあります。

ここでは、「◯万円持っていたとしたら」と仮定して、自分の所持金とは関係なく、いわゆる仮想マネーでの取引を行う事ができます。

損をしてしまっても現実の自分が損をする事はありません。

もちろんデモトレード中に大きく利益を上げても現実の自分に利益が来る訳ではありません。

「もし10万円、50万円からスタートしていたら…?」と、実際の通貨の動きを利用して練習出来るのです。

デモトレードの多くは各FX会社が無料で提供しており、口座開設でデモトレードを行えるパターンが多いです。

 

FXを行う前にデモトレードは必須!体験しておく事の3つのメリット

ではデモトレードを体験しておく事のメリットをご紹介しましょう。

無料で実際の値動きを元にトレードの練習が行える

FX デモトレード リアルな値動きデモトレードで扱っている値動きは実際の通貨の動きを元にしています。

その為、リアルトレードとはほぼ同じ状態で練習する事が出来るのです。

世界で何かものごとが起きると外貨にも反映されます。

その為、様々なニュースや情報を掴みながらデモトレードを行うとどういった動きをするかが少しつかめるのではないかと思います。

画面の見方、操作の仕方を事前に知れる

FX デモトレード 扱い方なんと言っても慣れていない方にトレードの画面はわかりにくい部分ではあるでしょう。

注文画面やチャート画面、テクニカルの表示など様々なパーツがあるので、それらは前もって知っておいた方が有利です。

操作方法も同じく、お金が絡んでくる前に知っておきたいところです。

そういった部分も何の気兼ねなく練習する事ができます。

様々なトレード手法を試せる

FX デモトレード 様々な手法FXでトレードをする際には非常に多くの手法があります。

デイトレードやスキャルピング、スウィングトレードといったスタイルの分類もあります。

それに続き、MACDDMI、ボリンジャーバンドなどをはじめとしたテクニカル分析を利用したトレードを試したり、その他の経済指標などを参考にした手法(ファンダメンタルズ分析)も行う事が出来ます。

「損しないうちに」は重要なポイントで、お金の負担がかかってこないうちに様々な手法、テクニックを「デモトレード」という実験場で試してみると良いでしょう。

 

デモトレードにも問題がある?体験する事のデメリット

リアルトレードの様な緊張感が無い

FX デモトレード 緊張感は無いデモトレードの最大のデメリットの点、それはリアルトレード同様の「お金を失うリスクが無い」点です。

無料だからメリットなのではないかというご意見はその通りで、それはメリットでもあります。

ですが、デモトレードではお金を失う事が無いだけに緊張感の無い、ダラけたトレードになりやすいのです。

緊張感の無いトレードで恐ろしいのが「しっかり考えずに買う」事です。

特に理由や根拠が薄い状態で「これが上がりそう」と買う…

それが続いて「これならリアルトレードでも大丈夫そうだやってみよう」とリアルトレードに行き、大金を入れスタートして失敗…

このパターンは少なくありません。

 

デモトレードはリアルトレードと同じ緊張感で行う事はほぼ不可能なので、その点を前もって理解しておいた上で自分にあった練習を行うと良いでしょう。

リアルトレードで全く同じ事になるとは限らない

FX デモトレード 同じ結果にならない?

また、これもあるあるな話なのですが、

デモトレードが非常にうまく行ってもリアルトレードで負けてしまう。

デモトレであまりうまくいかなかったがリアルトレードでうまくいく。

この様に逆の状態になる事は少なくないです。

 

それならばデモトレードをやる意味なんて無いのでは。

という話はごもっともですが、デモトレをやってからとやらないとでは大きく違います。

 

少なくとも操作ミスなどで損をする事は無いという点で考えるとやる意味はあります。

ですが、デモトレで大きく失敗しても気を落とさず、ある程度使い方だけ理解するようにしておきましょう。

デモトレで成功した方は、そのまま気をゆるめずリアルトレードに臨んでみると良いでしょう。

 

デモトレードでやっておきたい5つの事

FX デモトレード やっておきたい事デモトレでは色々な事を試す場として使うと良いという話をしました。

ここで、デモトレードで練習をしている間にぜひともやっておいて頂きたい事をいくつか絞ってみました。

全てやってみる必要は無いのですが、これらを試しておくとリアルトレードを行う際にとても有利なので、ぜひやってみてください。

 

1:画面内の機能・意味を理解する

FX デモトレード 機能理解どのFX会社でも基本的にトレードの画面は複雑で、多くのボタンや数字が並んでいます。

文字を見てもどういう意味だかわからないというのも少なくないです。

その為、リアルトレードを行う前にデモトレードで画面内のどこがどんなものかをある程度理解しておく必要性があるでしょう。

 

この大きなボタンはどういうものか。

この数字は何を指しているか。

このアルファベットはどういう意味か。

このグラフは何なのか。

多くの情報を持っていなければFXは難しいものですので、トレード画面はどういうものかはある程度覚えておきましょう。

少なくとも、一通り見て通貨を買えるぐらいには理解しておいて、後々触っていきながらでも十分だとは思います。

FXのトレード画面には慣れてきたら必要になってくる機能などもいくつかあるので、100%完全に分かる必要性はありません。

 

2:多くの注文方法を試してみる

FX デモトレード 注文方法外貨を注文する際には様々な注文方法があります。

例えば1ドル100円だったとて、

「今1ドル100円で買えるなら欲しいな。買おう」

と購入した際、もっともシンプルな購入方法「成行注文」で購入しています。

 

これ以外にもFXは多くの注文方法があるので、デモトレードで簡単に練習しておくと良いでしょう。

では基本的な注文方法を簡単にご紹介しましょう。

  • 指値・逆指値注文

指値、つまり自分の指定した値段になったら「買う」「売る」事が出来る注文。

現在1ドル100円だとして、「99円になったら買う」「101円まで上がったら売る」と指定する事が出来ます。

逆指値はその逆で、簡単に言えば損切り用の注文です。

「101円まで上がってしまったら売る」「99円まで下がってしまったら売る」といったもので、それ以上の損失を生まない用にする為にも使えます。

「指値」と言われたら指定した値段で売るか買う注文だと覚えておきましょう。

 

  • OCO注文

OCO注文は先ほどの指値と逆指値がセットになっている様な注文方法です。

1ドル100円で買い、「もし101円になったら売り、99円まで下がったら売る」

を同時に注文出来るものです。

注文した際に同時に損切りも利食いも設定出来るので便利です。

(こちらにも記載されています)

 

  • IFD注文

IFD(イフダン)は「もし99円まで下がったら買い、100円まで上がったら売る」

という注文ができます。

「もしAが出来たらBをする」という注文と思って頂ければと思います。

(こちらにも記載されています)

 

  • IFO注文

IFO注文はIFDOCO注文(イフダンオーシーオー)というもので、OCO注文とIFD注文が組み合わさったものです。

例えばある時に1ドル101円だったとして、「もし100円まで下がったら買い、そこから99円まで下がったら売る。101円まで上がったら売る」

という、買った後に損切りと利食いの注文をしてくれるというものです。

新規、利確・損切り注文が出来る便利な注文ですが、「この後どうなるか」を予測しなければなりません。

(こちらにも記載されています)

 

3:損切り・利食いをやってみる

FX デモトレード 損切り利食い損切りと利食いはFXで利益を出す上で非常に重要です。

なるべく損を出さず、どのタイミングで損切りを行ってしまうか。

ある程度利益を確保してどこで利食いをして止めるか。

その辺りの感覚は実際のところデモトレードでは緊張感が足りない為掴みにくいかもしれませんが、練習しておく事は大切です。

先ほどのような注文方法を利用して自動で損切りしたり、成行注文を利用して的確なタイミングで損切りを行いましょう。

前もって損切り、利食いは前もって「購入時からプラスいくらまで上がったら利食い、いくら下がったら損切り」と決めておくと良いでしょう。

FXには「損小利大」という言葉がありまして、「なるべく損を小さくし、利益は大きく」するべきという意味です。

損切りを上手く利用して、負ける時は小さく。勝てる時は大きく勝てるようにしておきましょう。

 

4:3種類のトレードスタイルを試してみる

FXではトレードスタイルが大まかに3つに分けられています。

全てがその3つに分類されるという訳ではありませんが、大体のトレードスタイルはこの3つに収まるでしょう。

これらの3種類の手法を実際に試してみて、自分の性格や生活に合うものを選んでおくと良いでしょう。

  • スキャルピング

FX デモトレード スキャルピングスキャルピングは非常に早いトレード間隔で行うものです。

何か経済指標が発表される時、ちょっとした出来事があった時。

そんな「少しの動き」で大きな利益を出そうとトレードする事です。

トレード時間は数秒から数分と短く、所持したポジションは数時間も経たないうちに手放す事が多いです。

一瞬のちょっとした変動で利益を出していくトレードスタイルになります。

 

  • デイトレード

FX デモトレード デイトレード一般的なトレードスタイルで、数分から数時間の間にトレードをするスタイルになります。

1日の中で相場が大きく動くチャンスを待ちかまえ、相場が大きく動き出した時にトレードをしていきます。

日中忙しい方でも、デイトレードで利益が出しやすいのは夕方から深夜にかけての時間ですので、チャンスは多くあります。

所持したポジションが日をまたぐ事は少なく、数時間経ってから売ってしまうパターンが多いです。

 

  • スイングトレード

FX デモトレード スイングトレードスイングトレード(スウィングトレード)は所持したポジションを数日から数週間、数ヶ月レベルで所持し続けるトレード手法になります。

基本的に細かい値動きには動じないため、比較的チャートを見る時間が短くてよいという特徴があります。

日をまたいだ大きな動きで利益を出せるようにしましょう。

 

5:大勝ち、大負けをしてみる

FX デモトレード 大勝ちお金が絡んでいなくても、大きく利益を上げる事、大きく損する体験は大事です。大きく勝つ際はラッキーで勝たない様にしましょう。

運任せで続けてしまうとリアルトレードになった場合に苦労してしまいます。 大きく損は出来たら体験しておくと良いでしょう。

「これは上がるだろうな」と自信があって入れたのに外れてしまうと悔しいものです。

その場合はその悔しさを忘れないようにして、なぜあそこで下がったかを反省するのが良い経験だと思います。

 

デモトレード分かって来た!そんなあなたに進んで欲しい次のステップ

テクニカル分析に挑戦してみる

FX デモトレード テクニカル分析相場を予想する為の分析方法の一つにテクニカル分析という手法があります。

こちらは、簡単に言うと「今までの傾向から見ると次はこうなる」と、過去の動きや現在の平均などから流れを予想する方法になります。

そのほとんどはグラフで表されるもので、基本的なFX業者のチャート画面で設定さえ変えれば表示できるものになります。

実際に有名なテクニカル分析の手法を2つほど見てみましょう。

移動平均線

基本的な方法の一つ、「移動平均線」です。

これは過去数日間の平均の値段(正確には終値)の平均を表示するものになり、トレンド、つまり上昇や下降するタイミングが判断できる便利なものです。

使い方は簡単で、追加しようとすると、(または設定画面にて)日数を選べます。

例えば「20日移動平均線」は過去20日の変動から表示されたものです。

基本的に短い期間と長い期間(またはその間を取った1本)の2、3本表示させて参考にします。

たとえばこの画像は30分足のチャート画面に移動平均線を二つ足してあるものになります。

FX デモトレード 移動平均線

赤色は21日移動平均線。青色は90日移動平均線です。

矢印①をご覧ください。赤色も青色の線も上の方向に向かっています。

特に赤色の方は傾きが急です。この場合「21日の短いスパンで見てもこの動きは中々大きい」と言えますし「90日の長いスパンで見ると少しゆるやかに上がっている」と言えます。

では矢印②も見てみましょう。

赤色は下がっていますが青色は上がったままです。

この場合「短いスパンで見れば一瞬下がっただけで、長いスパンで見れば特に影響がない程度の下降」と言えるのです。

この様に見ていけば、この上昇は一瞬のものか、それとも長く上がっていくものか。この勢いは強いか弱いかが分かるのです。

詳しくはこちらにも書いてありますのでぜひどうぞ。

移動平均線を使って分析には「ゴールデンクロス・デッドクロス」と言われ、非常に多くの人が使っているテクニックもあるのでこちらもご参照ください。

ボリンジャーバンド

こちらも非常に使っている方が多く、レンジ相場(大きく動かず、小さい値動きで上下している相場)で非常に役にたつテクニカルになります。

このテクニカルは簡単に言ってしまうと「このあとどちらの方向に進むのか」の予想を助けてくれるテクニカルです。

ボリンジャーバンドは3本の線から構成されており、中心は移動平均線です。

上と下にある線(アッパーバンド、ロワーバンドと言われる)が非常に重要です。

見方としては、「レートが上の線に触れたら下降トレンド、下の線に触れたら上昇トレンドになりやすい」というものです。

こちらの矢印部分をご覧ください。

FX デモトレード ボリンジャーバンド2

ボリンジャーバンドの下の部分に触れたあと、値段は上がって行きました。

 

また、「上下の線が狭まったあとは大きな動きが現れやすい」という特徴もあります。

こちらを見てください。 矢印①の部分で上に触れています。

FX デモトレード ボリンジャーバンド

 

そのあと、強い下降トレンド(矢印②)が生まれていますね。

「矢印②の部分って、下に触れてるんだからすぐに上昇トレンドになるのでは?」

と思うかもしれませんが、これは「バンドウォーク」と言って、上か下の線に沿ってレートが動き続ける状態です。

この時、強いトレンドが発生している状態と言えますのでこの間はその方向に進み続ける傾向が強いです。

上下どちらかの線にタッチして動き出し、かつそれにバンドウォークが見られたら「このトレンドはまだ続くかも?」と思っても良いでしょう。

 

レバレッジをコントロールしてみる

FX デモトレード レバレッジ実際にトレードを始めたら使う事になるかもしれないのがレバレッジです。

レバレッジの詳細はこちらでご紹介しますが、デモトレードで練習出来ると良いでしょう。

資金維持率などを確認して「どこまで使ったらダメなのか」「どれだけ使えるのか」

長くつきあっていく為にもどのような効果をもたらすか体験しておくといいでしょう。

 

プロトレーダーのテクニックを経験してみる

FX デモトレード テクニックデモトレードが扱える内に様々な事を体験してみると良いというお話は何度もしていますが、「プロトレーダーが使っているテク」を自ら実験してみると良いでしょう。

調べてみれば多くのトレーダーが様々な手段、テクニックで取引をしている事が分かるとおもいます。

その上、それぞれバラバラにやっているとも分かります。

そこで、自ら「自分に合う手法」を体験して見つけ出しておくのがデモトレードの賢い使い方なのではないかと思います。

「これならわかりやすい」

「自分の性格に合っている」

「利益を出しやすい」

そんな3点揃った手法をデモトレで見つけ出せると良いでしょう。

リアルトレード中の発見もありますが、新しい手法というのはリアルトレード中に試すものではありません。

被害が出ないデモトレードで片っ端から実験してみるのがオススメです。

 

デモトレードのまとめ

では、長くなってしまいましたので、簡単にデモトレードについてまとめてみたいと思います。

デモトレードは教習所かつ実験場

FX デモトレード 実験車の免許も最初は教習所で学んで、免許を取ってから実際の道路に走り出せます。

デモトレードでもほとんど同じで、免許こそ無いので卒業するタイミングの判断が難しいところではありますが、教習所の様なものなのです。

また、いつでもそこには帰って来れるので、

「新車の試し乗り」

「ドライビングテクをあげたい」

「基礎をもうちょっと練習したい」…

どんな目的でも試せる実験場にもなるのです。

実際に損害が出かねないリアルトレードで練習して緊張感を体験するのも重要ですが、デモトレードで練習しておくのが良いです。

 

デモトレードは慣れてからの「もうひとこえ」を

FX デモトレード ひとこえある程度慣れたらリアルトレードに移っても良い、というご意見があります。

お気持ちは分かるのですが、少しでも負ける率を下げる為に「もうひとこえ」技術をつけてからリアルトレードに挑戦していただきたいと思っています。

デモトレードで軽く触って理解したから、使い方は分かったから。

そうやってリアルトレードを始めてつらい思いをした方を見た事があります。

やり過ぎという事は無いのですが、万全の用意をデモトレードでしてからリアルトレードを始めて頂ければと思います。

 

あなたに合うテクニックの模索を

FX デモトレード 探すデモトレードでは確かに金銭を失う緊張感はありません。

無責任なトレードになりやすいのも事実です。

ですが、そこで動く通貨の額は確かなものです。

そこで得た知識や経験も無駄にはならないものなので、「こんなのリアルでは何の意味も無い」と思わず、ぜひ様々なテクニックの試験運用をしてほしいです。

そこから、自分に合っているテクニックが見つかり、リアルトレードでも堅実に利益を上げられるようになって頂ければと思います。

 

 

 


初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
j7gf 6j7g8 6j7g8 7dn23s

お勧めFX会社

初心者にお勧め 「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
外為オンライン

外為オンラインは初心者の方に最も選ばれている人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、FXのツールの性能や使い安さが業界トップレベルで初心者に選ばれています。


また、独自の無料セミナーを多数開催しており、98%の方がよかったと満足する結果も出ています(HP参照)。


取引スペックも優れていて、低コストかつスワップポイントも最高水準を誇り、満足度の高い会社です。


特徴をあげるとするならば、貰える金利が高く、長期売買に適しています。


*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレで選ぶなら 「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
GMOクリック証券

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供する会社で、取引高も世界第1位、FX預かり資産国内第1位と最も安定しています。


人気の理由は低コスト、高金利にあります。


24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、わからないことの問い合わせに力を入れているのも大きな特徴です。(ヘルプデスク協会主催の「問い合わせ窓口/サポートポータル格付け」調査で最高評価獲得)


世界共通の王道としてGMOクリック証券は必ず持っておきたい口座の一つです。


GMOクリック証券のホームページ

ドル/円スプレッドは驚きの銭!4千円から取引OKのマネックスFX

マネックスFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
マネックスFX
株取引でも有名で東証一部上場グループのあのマネックス証券が運営するFX口座

大手ならではの手厚いサポートと安全性はトップクラス!

スマホ取引はもちろんの事、様々なFX取引セミナーやツールは創業20年近くだからできる充実さ

一般的な購入単位10000通貨の10分の1、1000通貨のトレードも可能で、少なくとも約4千円さえあればFX取引が可能で手軽に始められる!

その上、ドル/円の低スプレッドも多くのトレーダーに支持されるポイントの1つ!

1日に貰える金利(スワップ)は業界トップクラス、長期の取引スイングトレードでも十分戦える水準です。

これから始める方、長期取引を考えている人にオススメです!
マネックスFX

低スプレッドで低コスト! 「みんなのFX」FXの入門書プレゼント!

dl675hg
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
みんなのFX

みんなのFXは全通貨世界最安水準のスプレッドを提供する会社です。

取引ツール画面がシンプルで使いやすいので、初心者にもおすすめです。


また、FXの入門書をプレゼントしてくれます。

そのため、実際の取引画面と本を見ながら始められるので、理解が早くできます。


自分の売買を客観的に分析してくれるツール「FX取引成績表」があるので自分のトレードの傾向がわかり、弱点を見つけることが可能です。

他の会社と比べ、早く稼げるようになると評判です。


また、バイナリーオプションもあるので50円からの少額でもFXができるのも魅力です。

日本の会社なので、安心して取引ができます。


FXの実力を早くつけたい方にお勧めです。

d4hk

用語と基礎カテゴリの最新記事

  • ボリンジャーバンドとは?

    ボリンジャーバンドとは、移動平均線を元に、統計的なアプローチにより相場の反転や保ち合い放れを判断する指標のことです。移動平均の上下につけた帯状の範囲内に収まる確率をもとに、順張り・逆張り...

    続きを読む

  • サイコロジカルライン

    サイコロジカルラインは、一定期間における上昇・下落期間をカウントしてパーセンテージで表したオシレータ系の指標です。上昇や下落が連続して続いた後に、そろそろ反転するだろうという心理的なタイ...

    続きを読む

  • デッドクロスとは?

    チャートやろうそく足を駆使して全体の相場の流れを示したのがトレンドでした。これによって全体の相場を見ることができました。 では、全体の相場の状態を見ることはできますが、実際はどこを...

    続きを読む

  • IFDO注文

    FXの注文には、まず「新規注文」と「決済注文」の2つに分けて考えると分かりやすいです。そして、取引を続けていくうえで新規で買い注文を出しながら予想に反して下がったらロスカットの決済注文を...

    続きを読む

  • ポートフォリオとは?

    投資家が自身の金融資産の安定をはかるために、金融商品、債権、株式の種類、Dueの短期/長期など・・リスク許容度にあわせて分散投資することで、またはその組み合わせた投資の集合体を指します。...

    続きを読む

  • 効果的な利益確定

    利益確定とは、その名の通り利益を確定することです。FXや株などの投資の世界では、損切はしっかり設定するといったことが多く言われるため、利益確定に対しては敏感に反応して、大した利益が上げら...

    続きを読む

  • 効果的な損切とは?

    損切りとは「保持ポジションの損失が大きくなり、その損失を最小限に留めるために損失覚悟でポジションを決済すること」をいい、「ストップロス」とも呼ばれます。 損失が発生した赤字の状態で決済す...

    続きを読む

  • ゴールデンクロスとは?

    移動平均線を使って、為替レートのトレンド転換を予測する方法を使えることが前提になります。 ある一定のラインを超えると、極端な相場に移ることがあり、そのラインとなるのがこのゴールデン...

    続きを読む

  • トレンドとは?

    為替は刻一刻と動いてより、上がったり下がったりを細かく繰り返しています。 この小さな動きの他に、「トレンド」という大きな流れがあります。 トレンドとは、流行や流れという意味がありま...

    続きを読む

  • テクニカル分析

    過去の価格や取引量をもとに、市場の動きを事例化することで、データの時系列パターンから判断する手法を「テクニカル分析」といいます。経済的な要因から市場がどのように変化していくのか予測するフ...

    続きを読む

  • ファンダメンタルズ派とは?

    FXで利益をあげるには、為替の動きを予測しなければなりません。 それには何故、為替が動くのかをしっておく必要があります。 為替はその通貨を発行する国家の経済などの状況によって...

    続きを読む

  • バーチャルトレードとは?

    大手のFX会社の一部が実施している仮想資金を設定期間内にどれだけ増やすことができるかを競う仮想取引コンテストのことを指します。優勝商品には車や海外旅行など豪華な商品が用意されており、実際...

    続きを読む

  • 信託保全

    信託保全をわかりやすく言うと、FX会社が倒産した場合でも預けた資産が守られる仕組みのことをいいます。金融庁の指導では、会社は顧客から預かった資産と会社の資産を分別保管することが義務付けら...

    続きを読む

  • キャピタルゲイン

    FXには2種類の収益があります。その1つがこのキャピタルゲインと呼ばれるもので、為替変動による利益のことです。 為替レートは日々変化しており、買った時より高いところで売り、売ったと...

    続きを読む

  • インカムゲイン

    FXには2種類の収益があります。その1つがこのインカムゲインと呼ばれるものです。ここでは主にスワップ金利のことが多いです。 ここでスワップ金利の紹介をしておくと、別名スワップポイン...

    続きを読む

  • 2wayプライスとは?

    為替取引のレートには売値と買値が存在します。誰でも一度は、ニュースなどで「現在の東京外国為替市場のドル/円は110円25銭から110円30銭の間で取引されています」というフレーズを聞いた...

    続きを読む

  • スワップポイント

    スワップポイントは「金利差調整分」とも呼ばれていて、二国間の金利差から得られる利益を意味します。 通貨にはそれぞれの国が定めた金利があります。例えば、日本の金利は0.5%で、1年間...

    続きを読む

  • F Xでの所得税はこうなっている!

    FXの税金、知ってますか? 実はこれ,案外知られてないことなので、簡単にご説明しましょう。 まず、FXで税金は課せられます。利益が出た場合、確定申告で払う必要があります。なぜ...

    続きを読む

  • 最も重要で最も悩むのがこれ!会社の選び方!

    FX会社の選び方ってどうしたらいいの? これから始める人にとって、最も重要で最も悩むのがこれ! 会社の選び方ですよね! まず何を基準に選んだらいいかわかりませんよね? ...

    続きを読む

  • 経済指標

    [adrotate banner="49"] 経済指標って何? 為替相場にはたくさんの注目材料があります。 経済指標は事前に発表時間が決まっていて、今後の経済状況を見極...

    続きを読む

  • ロスカット

    [adrotate banner="49"] FX ロスカット ユーザーの資産を守るため、ある一定の損失が発生した際に、これ以上損失が拡大してしまわないよう強制的に取引を終了させ...

    続きを読む

  • マージンコール

    [adrotate banner="49"] マージンコールがかかったら 言わばロスカットの一歩前の段階です。 マージンコールは、ロスカットの執行が迫ってしまっているという...

    続きを読む

  • FX レバレッジ

    【低資金でも大丈夫】レバレッジを使えばFXで大きな取引ができる!

    FXを行なっていく上で絶対に目にする単語のひとつにレバレッジというものがあります。 「レバレッジ◯倍」や「高レバレッジ」「レバ25倍」など、見た事があるのではないでしょうか。 ...

    続きを読む

  • デメリット

    [adrotate banner="49"] デメリットについて。 このサイトでも紹介しているように、FXには様々なメリットがあります。 それは皆様もご存知だと思いますが、...

    続きを読む

  • 24時間好きな時に取引できる!

    [adrotate banner="49"] FX メリット   FXの最大の魅力はやはり、少額の元手から、大きな金額のお金を稼ぐことができるということです。...

    続きを読む

  • FXと株の違いとは?

    [adrotate banner="49"] FXと株 投資と言えば思い浮かぶのが、まず株ですよね。 そしてもう一つトレンドなのが、FXです。 以前までは、株の方...

    続きを読む

  • FX スワップ 比較

    【一番利益が出せるのは?】スワップの比較

    FXで利益を上げるには、安く買って高く売る取引だけでなく、スワップポイントによる利益を上げる方法もあります。 これは簡単に言えば「1日持ち続けるだけでもらえるお金」の事です。 ...

    続きを読む

  • FX スプレッド 比較

    【業者選びの基本!】スプレッドを比較しよう

    スプレッドって? スプレッドとは、簡単に言えば取引手数料です。 FX業者が通貨などによって定めている取引の際に発生する手数料、とお考えいただければと思います。 どういった...

    続きを読む

記事一覧 (この部分をクリックすると一覧が表示されます。)