【低資金でも大丈夫】レバレッジを使えばFXで大きな取引ができる!

FXを行なっていく上で絶対に目にする単語のひとつにレバレッジというものがあります。

「レバレッジ◯倍」や「高レバレッジ」「レバ25倍」など、見た事があるのではないでしょうか。

レバレッジは実際に使うと非常に便利な仕組みで、大きな額の利益に繋がる事があります。

しかし、使い方を間違えたり、しっかりと準備をしないで使うと大きな損につながる恐れもあります。

ここではそんなレバレッジについて詳しく説明していきます。

 

レバレッジで資金が倍に?

FX レバレッジ 倍数レバレッジというのは、簡単に言ってしまえば元手の額を数倍に引き上げて取引を行えるというものです。

例えば、もし元手が1万円あるとしましょう。レバレッジは2倍や10倍といった倍率が使われるのですが、2倍だとすると2万円分の取引を可能にするのです。

株取引でも信用取引等を扱えば資金の数倍の取引が可能ではありますが、FXのレバレッジでは10倍20倍の取引が可能になるという違いがあります。

もともと、レバレッジというのは「てこ」の意味があります。てこの原理で持ち上げるようなイメージを思い浮かべていただければと思います。

持ち上げるという表現をしてはいるものの、先ほどのレバレッジ2倍の例で言ってしまえば1万が資金で2万円分の取引が可能なので、「1万円のお金を借りて取引している」という表現が正しいとも言えます。

レバレッジを利用する事で、元手以上の大きな額の取引が可能になります。

元手が少ない方でも大きな利益を得られるチャンスがあるという事が、FXにおけるレバレッジの最も重要なポイントなのです。

 

レバレッジを使うには証拠金が必要

FX レバレッジ 証拠金レバレッジとは、証拠金(FX口座の残高)を数倍にして取引をする方法になります。

そのため、ある程度の証拠金は必ず必要になります。100万円の取引をしたいならば、25倍や10倍にするための資金が必要になるのです。

なぜ10倍や20倍以上の金額を動かすのにある程度の証拠金が必要になるかは後ほどご説明します。

 

利益も倍に!損も倍に…

FX レバレッジ 利益レバレッジを利用すれば資金の倍以上の取引が可能になります。

例えばレバレッジを使わずに1ドル100円で1000ドル買ったとしましょう。1ドル101円に上がったとすれば1000円の利益になります。

では、レバレッジ10倍で10000ドル分を買ったとしましょう。すると、1ドル101円に上がった際の利益は1万円になるのです。

資金は変わっていませんが、利益を10倍にする事が出来ます。

しかし、逆もありえます。 レバレッジ10倍で10000ドル買い、1ドル100円から99円に下がったとしましょう。その場合、普段の10倍の1万円のマイナスになってしまうのです。レバレッジでは得られる額も大きく跳ねがると同時に、損が生まれた際の負担額もそのレバレッジの倍数分だけ大きくなる。この事を忘れずに取引しなくてはなりません。

 

レバレッジって最大で何倍まで使えるものなの?

FX レバレッジ 25倍日本国内では2011年8月から最大25倍と定められています。

レバレッジの25倍と言えば、資金10万ならば250万円分の取引を可能にするという事です。資金1万円でも25万円分、1ドル100円なら2500ドル分を購入する事ができるのです。

1万通貨の取引を利用するならば最低で4万円ほどあればFXの取引ができるという事になります。

2010年よりも前の時期には100倍200倍を超えるレバレッジを利用した取引が可能でしたが、今ではどこのFX業社でも最大25倍と設定されています。

FX業社によっては25倍ではないものもありますが、25倍を越すレバレッジを利用するためには国外のFX業社を利用する方法しかありません。

 

なんでこんなに大きな額が扱えるの?

FX レバレッジ 大金どうしてFX業社ではここまで大きな額まで「テコ入れ」されて取引が出来るのか。

そのポイントは「証拠金」と「差金決済」によるものが大きいです。

まず、レバレッジは簡単に言えばお金を借りているという事になります。

その際の担保となっているのがこの「証拠金」になります。 10万円を資金にして25倍のレバレッジ、およそ250万円分のトレードをしているとしましょう。

この時FX業社は約240万円を貸している事になります。

もしこの時、大幅に下がって240万円以上の損失が出てしまえば、FX業社としては貸した金額の回収が困難なものとなってしまいます。

そこで、「強制ロスカット」というものが発生します。詳しくは後ほど説明しますが、これによってFX業社は担保となっているお金を回収することで赤字を防ぐのです。

また、レバレッジの制度は差金決済という制度で成り立っています。例えば、レバレッジを利用して大きな額を購入しても、それは持ち続けるか売るしかありません。

つまりいつかは売られるもので、突然消えるようなものではないのです。

そのため、いつかは売られるという事がわかっているので、FX業者としては貸した分以上の損が生まれない限り、お金を貸す事ができるのです。

差金決済というのは、売り買いの全額を支払うものではなく、買ってから売った、または売ってから買ったといった一つのトレードが終わった後の「差額」のみをやりとりする取引の事なのです。

この二つのしくみによってFX業者は損を出さないように大きな額を貸す事ができるのです。

 

ロスカット設定

FX レバレッジ ロスカットレバレッジを利用してFXを取引していく上で忘れてはならないのが、「ロスカット」です。

ロスカットといのは、簡単にいうと「FX業者がこれ以上損を出さないために強制的に売り注文をかける」というものです。

先ほど、差額決済、つまり最終的に外貨は売りはらうものなのでFX業者は大金を貸せる仕組みになっているというご説明をしました。

逆に、「仮に売り払って赤字」となってしまってはお金を貸しているFX業者としては損になってしまいます。

そこでロスカットが働きます。

もしこれ以上下がったらFX業者に赤字が出る。担保金を越してしまう、となった瞬間、所有している分を強制的に売る事でちょうどFX業者に損を生まないようにします。

そのため、基本的にロスカットが働くとその口座の残額はほぼなくなります。

ほぼ0まで減ってしまう事はあるものの、この設定が動いていなければ借金を背負う事になるため、本当の本当に最終手段と言えます。

もし、1ドル100円、資金1万円(証拠金)の時に10倍のレバレッジで10万円分、1000ドルを買っていたとしましょう。するとドルが90円まで下がってしまいました。

この時、損は10円 × 持っている1000ドル分 = 1万円 となり、1万円になります。

FX業者はここで、「もしも89円まで下がったら(損11円 × 1000ドル分によって)11000円のマイナスになり、預かっている証拠金1万円を越すな」と判断し、ロスカット、これ以上負担を発生させない為に全てのドルを売ります。

1000ドル分売ると9万円になりますが、9万円はレバレッジで借りていた分なのでFX業者に戻され、資金は0円となってしまいます。

FX業者によって、0円まで無くならないようにする事などの細かい設定ができるところもあるので、レバレッジを利用する方はしっかり確認しておきましょう。

 

レバレッジのリスク、損って?

FX レバレッジ リスクではレバレッジの仕組みがある程度わかってきた所で、レバレッジを利用した上で起こり得るトラブルの例を一つご紹介しましょう。

 

ある所にFXでレバレッジをよく利用するAさんがいました。

ある時Aさんはドルのチャートで「これは絶対にこのあと大きく伸びるだろう」というサインを見つけ、所持金の10万円を口座に入れてレバレッジ25倍でありったけドルを購入しました。

しかし、その後ドルは思ったように上がらずゆっくり下がり続け損が膨らんでいきました。

10万円の損が確定してしまえばロスカットによって10万円がなくなってしまいます。

そこでAさんは口座に5万円を追加し、ナンピン買いをして(ドルを買い)「15万円損をするまでロスカットしない」状態にしました。

ですがそれでもドルは思ったように上がらず、「まだ上がるかもしれない」と資金を追加投入しては買い足し、投入しては買い足しを続けていたAさんもついに資金に余裕がなくなってしまいました。

ついにそこでロスカットが働き、Aさんは20万円近くの損をしてしまったのです…

 

こちらの例はやや極端な例ではありますが、「ここで損をしないように」と無理して資金を投入し、最後にロスカットが働いて大きな額を失ってしまう、というのはありえない話ではありません。

レバレッジを利用しているとこういう事があるかもしれないと覚えておいて頂ければ大変ありがたいです。

 

レバレッジを利用してビッグな取引を!

まずはデモトレードで簡単にはたらきを理解しましょう

FX レバレッジ デモトレード実際にこれからFXを利用したり、レバレッジを使ってみようと思っている方には、まずはデモトレード等で練習するのが良いでしょう。

ご存知の通り、デモトレードでは実際に金銭が発生する事はなく、「もしも資金◯円でスタートしたら…」と練習する事が出来ます。

デモトレードで資金を気にせず、まずはレバレッジを利用するとどういったトレードになるかを確認してみましょう。

 

低い倍率から慣れていく事がポイント

FX レバレッジ スロースタートいざ実際にトレードをしてみるとなったら、2倍〜5倍といった低いレバレッジで利用してみる事をオススメします。

高い倍率でいきなり始める事もできますが、まだトレードに慣れていない状態で取引を行うのはリスクが高いためあまりオススメできません。

低い倍率でトレードをし、どこまで下がったらロスカットか、このまま10倍や25倍で動かしていたとしたらどうなっていたか。

そういったシミュレーションを行いながら利用すると良いでしょう。レバレッジやロスカットの設定もしっかりと見ておきましょう。

使っていて慣れてきたり、仕組みが把握出来てきたらより高い倍率でトレードを始めてみると良いと思います。

 

まとめ

レバレッジは資金を増やした状態で取引できる

FX レバレッジ 資金レバレッジを利用する事で、現在の資金を担保として25倍の額を取引出来ます。

本来に比べ、利益が何倍にも膨らみますが、その分損をしていると損も倍になってしまうので注意が必要です。


 

レバレッジにはロスカットがある

FX レバレッジ ロスカット 注意レバレッジで購入した通貨の価値が下がりすぎ、けた担保金よりもマイナスが大きくなると判断されると、ロスカットが働き全て売られてしまいます。

ロスカットラインなどをしっかりと確認しておきましょう。

レバレッジは初めは扱いが難しいですが、設定やその扱いを把握しておいたり、みだりに高い倍率でトレードしなければ少ない資金からでもFXで取引ができる非常に頼もしい仕組みです。

 

 


初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
j7gf 6j7g8 6j7g8 7dn23s

お勧めFX会社

初心者にお勧め 「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
外為オンライン

外為オンラインは初心者の方に最も選ばれている人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、FXのツールの性能や使い安さが業界トップレベルで初心者に選ばれています。


また、独自の無料セミナーを多数開催しており、98%の方がよかったと満足する結果も出ています(HP参照)。


取引スペックも優れていて、低コストかつスワップポイントも最高水準を誇り、満足度の高い会社です。


特徴をあげるとするならば、貰える金利が高く、長期売買に適しています。


*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレで選ぶなら 「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
GMOクリック証券

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供する会社で、取引高も世界第1位、FX預かり資産国内第1位と最も安定しています。


人気の理由は低コスト、高金利にあります。


24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、わからないことの問い合わせに力を入れているのも大きな特徴です。(ヘルプデスク協会主催の「問い合わせ窓口/サポートポータル格付け」調査で最高評価獲得)


世界共通の王道としてGMOクリック証券は必ず持っておきたい口座の一つです。


GMOクリック証券のホームページ

ドル/円スプレッドは驚きの銭!4千円から取引OKのマネックスFX

マネックスFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
マネックスFX
株取引でも有名で東証一部上場グループのあのマネックス証券が運営するFX口座

大手ならではの手厚いサポートと安全性はトップクラス!

スマホ取引はもちろんの事、様々なFX取引セミナーやツールは創業20年近くだからできる充実さ

一般的な購入単位10000通貨の10分の1、1000通貨のトレードも可能で、少なくとも約4千円さえあればFX取引が可能で手軽に始められる!

その上、ドル/円の低スプレッドも多くのトレーダーに支持されるポイントの1つ!

1日に貰える金利(スワップ)は業界トップクラス、長期の取引スイングトレードでも十分戦える水準です。

これから始める方、長期取引を考えている人にオススメです!
マネックスFX

低スプレッドで低コスト! 「みんなのFX」FXの入門書プレゼント!

dl675hg
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
みんなのFX

みんなのFXは全通貨世界最安水準のスプレッドを提供する会社です。

取引ツール画面がシンプルで使いやすいので、初心者にもおすすめです。


また、FXの入門書をプレゼントしてくれます。

そのため、実際の取引画面と本を見ながら始められるので、理解が早くできます。


自分の売買を客観的に分析してくれるツール「FX取引成績表」があるので自分のトレードの傾向がわかり、弱点を見つけることが可能です。

他の会社と比べ、早く稼げるようになると評判です。


また、バイナリーオプションもあるので50円からの少額でもFXができるのも魅力です。

日本の会社なので、安心して取引ができます。


FXの実力を早くつけたい方にお勧めです。

d4hk

用語と基礎カテゴリの最新記事

  • ボリンジャーバンドとは?

    ボリンジャーバンドとは、移動平均線を元に、統計的なアプローチにより相場の反転や保ち合い放れを判断する指標のことです。移動平均の上下につけた帯状の範囲内に収まる確率をもとに、順張り・逆張り...

    続きを読む

  • サイコロジカルライン

    サイコロジカルラインは、一定期間における上昇・下落期間をカウントしてパーセンテージで表したオシレータ系の指標です。上昇や下落が連続して続いた後に、そろそろ反転するだろうという心理的なタイ...

    続きを読む

  • デッドクロスとは?

    チャートやろうそく足を駆使して全体の相場の流れを示したのがトレンドでした。これによって全体の相場を見ることができました。 では、全体の相場の状態を見ることはできますが、実際はどこを...

    続きを読む

  • IFDO注文

    FXの注文には、まず「新規注文」と「決済注文」の2つに分けて考えると分かりやすいです。そして、取引を続けていくうえで新規で買い注文を出しながら予想に反して下がったらロスカットの決済注文を...

    続きを読む

  • ポートフォリオとは?

    投資家が自身の金融資産の安定をはかるために、金融商品、債権、株式の種類、Dueの短期/長期など・・リスク許容度にあわせて分散投資することで、またはその組み合わせた投資の集合体を指します。...

    続きを読む

  • 効果的な利益確定

    利益確定とは、その名の通り利益を確定することです。FXや株などの投資の世界では、損切はしっかり設定するといったことが多く言われるため、利益確定に対しては敏感に反応して、大した利益が上げら...

    続きを読む

  • 効果的な損切とは?

    損切りとは「保持ポジションの損失が大きくなり、その損失を最小限に留めるために損失覚悟でポジションを決済すること」をいい、「ストップロス」とも呼ばれます。 損失が発生した赤字の状態で決済す...

    続きを読む

  • ゴールデンクロスとは?

    移動平均線を使って、為替レートのトレンド転換を予測する方法を使えることが前提になります。 ある一定のラインを超えると、極端な相場に移ることがあり、そのラインとなるのがこのゴールデン...

    続きを読む

  • トレンドとは?

    為替は刻一刻と動いてより、上がったり下がったりを細かく繰り返しています。 この小さな動きの他に、「トレンド」という大きな流れがあります。 トレンドとは、流行や流れという意味がありま...

    続きを読む

  • テクニカル分析

    過去の価格や取引量をもとに、市場の動きを事例化することで、データの時系列パターンから判断する手法を「テクニカル分析」といいます。経済的な要因から市場がどのように変化していくのか予測するフ...

    続きを読む

  • ファンダメンタルズ派とは?

    FXで利益をあげるには、為替の動きを予測しなければなりません。 それには何故、為替が動くのかをしっておく必要があります。 為替はその通貨を発行する国家の経済などの状況によって...

    続きを読む

  • 【FXの教習所】デモトレードが利益に繋がる!

    デモトレードというものをご存知でしょうか。 その名の通り、FXをトレードする為の「デモ」を行う為の仕組みです。 FX体験版とでも考えて頂ければ幸いです。 デモトレードは...

    続きを読む

  • バーチャルトレードとは?

    大手のFX会社の一部が実施している仮想資金を設定期間内にどれだけ増やすことができるかを競う仮想取引コンテストのことを指します。優勝商品には車や海外旅行など豪華な商品が用意されており、実際...

    続きを読む

  • 信託保全

    信託保全をわかりやすく言うと、FX会社が倒産した場合でも預けた資産が守られる仕組みのことをいいます。金融庁の指導では、会社は顧客から預かった資産と会社の資産を分別保管することが義務付けら...

    続きを読む

  • キャピタルゲイン

    FXには2種類の収益があります。その1つがこのキャピタルゲインと呼ばれるもので、為替変動による利益のことです。 為替レートは日々変化しており、買った時より高いところで売り、売ったと...

    続きを読む

  • インカムゲイン

    FXには2種類の収益があります。その1つがこのインカムゲインと呼ばれるものです。ここでは主にスワップ金利のことが多いです。 ここでスワップ金利の紹介をしておくと、別名スワップポイン...

    続きを読む

  • 2wayプライスとは?

    為替取引のレートには売値と買値が存在します。誰でも一度は、ニュースなどで「現在の東京外国為替市場のドル/円は110円25銭から110円30銭の間で取引されています」というフレーズを聞いた...

    続きを読む

  • FXのスワップポイントとは?

    スワップポイントは「金利差調整分」とも呼ばれていて、二国間の金利差から得られる利益を意味します。 通貨にはそれぞれの国が定めた金利があります。例えば、日本の金利は0.5%で、1年間...

    続きを読む

  • F Xでの所得税はこうなっている!

    FXの税金、知ってますか? 実はこれ,案外知られてないことなので、簡単にご説明しましょう。 まず、FXで税金は課せられます。利益が出た場合、確定申告で払う必要があります。なぜ...

    続きを読む

  • 最も重要で最も悩むのがこれ!会社の選び方!

    FX会社の選び方ってどうしたらいいの? これから始める人にとって、最も重要で最も悩むのがこれ! 会社の選び方ですよね! まず何を基準に選んだらいいかわかりませんよね? ...

    続きを読む

  • 経済指標

    [adrotate banner="49"] 経済指標って何? 為替相場にはたくさんの注目材料があります。 経済指標は事前に発表時間が決まっていて、今後の経済状況を見極...

    続きを読む

  • ロスカット

    [adrotate banner="49"] FX ロスカット ユーザーの資産を守るため、ある一定の損失が発生した際に、これ以上損失が拡大してしまわないよう強制的に取引を終了させ...

    続きを読む

  • マージンコール

    [adrotate banner="49"] マージンコールがかかったら 言わばロスカットの一歩前の段階です。 マージンコールは、ロスカットの執行が迫ってしまっているという...

    続きを読む

  • デメリット

    [adrotate banner="49"] デメリットについて。 このサイトでも紹介しているように、FXには様々なメリットがあります。 それは皆様もご存知だと思いますが、...

    続きを読む

  • FXはメリットがいっぱい!24時間好きな時に取引できる!

    [adrotate banner="49"] FX メリット   FXの最大の魅力はやはり、少額の元手から、大きな金額のお金を稼ぐことができるということです。 ...

    続きを読む

  • FXと株の違いとは?

    [adrotate banner="49"] FXと株 投資と言えば思い浮かぶのが、まず株ですよね。 そしてもう一つトレンドなのが、FXです。 以前までは、株の方...

    続きを読む

  • FX スワップ 比較

    【一番利益が出せるのは?】スワップの比較

    FXで利益を上げるには、安く買って高く売る取引だけでなく、スワップポイントによる利益を上げる方法もあります。 これは簡単に言えば「1日持ち続けるだけでもらえるお金」の事です。 ...

    続きを読む

  • FX スプレッド 比較

    【業者選びの基本!】スプレッドを比較しよう

    スプレッドって? スプレッドとは、簡単に言えば取引手数料です。 FX業者が通貨などによって定めている取引の際に発生する手数料、とお考えいただければと思います。 どういった...

    続きを読む

記事一覧 (この部分をクリックすると一覧が表示されます。)