【FXのボリンジャーバンド】順張り・逆張りの特徴と上手な使い方

ボリンジャーバンドの基礎知識
ボリンジャーバンドは分析情報

ボリンジャーバンドとは、統計学に基づいて作り出された指標です。

1980年代に、アメリカの投資研究家「ジョン・ボリンジャー」の考案したテクニカルです。

主に逆張り指標として紹介される事が多く、非常に人気があるため、多くのトレーダーに利用されています。

使い方は、FXでも株でも仮想通貨でも基本的に同じですので、一度覚えてしまえば他の投資対象にも利用することができます。

しっかり理解でき、使えるようになるとFXでの勝率が格段に上がります。

ここではFXでのボリンジャーバンドの使い方、メリットや欠点などを紹介します。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、「移動平均±標準偏差」のことです。

移動平均線(ミドルライン)の上下に、同期間の標準偏差ラインを引きます。

そして、大半の価格がこの中で推移すると考え、相場を判断するのがボリンジャーバンドの考え方です。

ちなみに標準偏差とは、価格がどのように分布しているのかを表すものです。

いきなり、何だか難しく感じてしまいますよね。

簡単に言うと、ボリンジャーバンドは、過去の特定期間のレートを平均したミドルライン(移動平均線)と、そこから一定の偏差値分だけ上下に広がった2本のライン(バンド)でできています。

後者のラインは2本だけでなく、4本~6本と増やして使われることもあります。

この上下のラインは、±1σ(シグマ)、±2σ、±3σという表現をされており、これが移動平均線に加えられた「統計学」の部分です。

そしてこの上下のバンドによって挟まれた間が、将来の相場における価格の変動幅を一定の確率の元に、視覚的に表現したものとなります。

一定の確率とは、過去の値動きを元に統計学を用いて求められた結果です。

±1σ~±2σ内での値動きが収まる確率は、下記の通りです。

  • ±1σ内に収まる確率68.3%(外れる可能性31.7%)
  • ±2σ内に収まる確率95.5%(外れる可能性4.5%)
  • ±3σ内に収まる確率99.7%(外れる可能性0.3%)

上記から、±2σより外にレートがある場合、※逆張り ポジションをとれば、95.5%の確率で戻ってくると考えられます。

えっ!これだけでいいの?これなら簡単に稼げそう!

と思うかもしれませんが、実際にはこの考え方だけでは逆張り指標として高い確率では使えません。

さらに様々な条件の下ではじめて高確率で機能するのです。

そもそも考案者のジョン・ボリンジャーは、※順張り による投資を行うテクニカル指標だとしています。

また、現在投資家の間で使われるボリンジャーバンドの設定期間は、9日・20日・25日などが主流となっているので、参考にしてみてください。

※の説明
  • 逆張り:相場が逆に動くと予想し、トレンドと反対方向に取引を行う事。
  • 順張り:相場通りに動くと想定し、トレンドと同じ方向に取引を行う事。

形状の呼び方とバンドウォーク

ボリンジャーバンドの形状

束のような形に見えるボリンジャーバンドですが、これは相場の動きによってわかりやすく形状が3つに変わります。

3つの形状
  • エクスパンション:相場の動きがほとんどない場合は、キュッと狭く縮んだ形状
  • スクイーズ:相場の動きが激しい状態だと、この束は大きく広がった状態
  • バンドウォーク:開いたボリンジャーバンドに沿ってレートが推移する状態

これらの形状・状態にはそれぞれ特徴が違うので、覚えておきましょう。

1.スクイーズ:狭くなった状態

ボリンジャーバンドのスクイーズボリンジャーバンドがギュッと狭くなった状態を「スクイーズ」と呼びます。

スクイーズ(squeeze)とは、英語で「搾る・押しつぶす」と言った意味がありますが、まさにその状態のことを指します。

このとき、レートの値動きが非常に小さくなるため売るタイミングがなく、トレードするには不向きです。

しかし、この後一気にトレンドが発生するキッカケにもなります。

スクイーズが長く続けば続くほど、次の上昇・下降へのエネルギーを溜めることになるのです。

ですから、スクイーズになった場合は要注目です。

スクイーズの特徴
  • スクイーズとは、バンドが狭い状態
  • レートがほとんど動いていないため、トレードするには不向き
  • スクイーズの後は、トレンド(エクスパンション)が発生するキッカケにもなる

2.エクスパンション:広がった状態

ボリンジャーバンドのエクスパンションボリンジャーバンドが広がった状態のことを「エクスパンション」と呼びます。

英語でエクスパンション(expansion)とは「拡張」を意味しますので、そのままですね。

相場のトレンドに勢いが出たときに見られる形状で、レートは一気に上昇、または下降します。

そのため「トレードチャンスになる」とも言えます。

また、値動き側が開いただけではエクスパンションとはみなしません

この状態では、その方向にレートが推移しても、値が上下しやすくなります。

値動きと逆側のバンドも同時に開くのがエクスパンションの状態です。

上下両側のバンドが開いた状態をエクスパンションと呼び、一方向に勢いよくレートが推移する強いトレンドとなるわけです。

この状態になった後は、必ず値動きと反対側のバンドが閉じ始めます。

ここで勢いがなくなってきたと判断できます。

さらに値動き側のバンドが閉じ始めることにより、本格的に勢いがなくなったと判断できます。

このエクスパンションは、前述の「スクイーズ」の後によくみられる状態です。

エクスパンションの特徴
  • エクスパンションとは、上下両側のバンドが開いた状態のこと
  • 必ず値動きと反対側のバンドが閉じ始める
  • 閉じ始めたらレートの勢いがなくなったと判断できる
  • トレードに向いている状態

3.バンドウォーク

ボリジャーバンドのバンドウォークとは?エクスパンションの後、狙い通りにトレンドが発生すると「バンドウォーク」と呼ばれる現象が起きます。

これは、開いたボリンジャーバンドの縁に沿ってレートが推移することを指します。

バンドウォークは、上昇トレンドの場合はプラスのシグマに、下降トレンドの場合はマイナスのシグマに、吸い寄せられるように価格が動きます。

主に±1σ、±2σの間で推移してトレンドが起こっていることが多いです。

また、エクスパンションが発生しなくても、ダラダラと推移するバンドウォークも存在します。

そのような場合は、一方向へ進みながらも上下の動きが大きくなりがちなので、少しトレードの難易度が高くなります。

ボリンジャーバンドを使った、売買のタイミング

ボリンジャーバンドの売買ポイント!

ボリンジャーバンドの場合、売買のタイミングは明確で、簡単です。

特徴
  • 買い時:クスパンションが始まり、+2σのライン上でバンドウォークが確認できた時
  • 売り時:エクスパンションが始まって、-2σのラインが拡張から収束に方向転換した時

例えば、スクイーズ状態だったレートが+2σをぬけた時は買い時です。

先ほども説明したように、±2σ内に収まる確率95.5%なので、そこをはみ出たら大きくも小さくもトレンドが出る可能性が非常に高いのです。

またこの場合の注目ポイントは、上昇トレンドから一度レートが逆向きに下がった時です。

一度トレンドが変化すると、トレンド通りではありながらも、なだらかに下降したり、不安定なレートになりがちです。

ですから不安定なレートで売り時を待つよりも、レートが少し変わったら素早く売ってしまうのも一つの勝ち逃げ法と言えるでしょう。

以下で「順張り」「逆張り」時の使い方を説明します。

順張りか逆張りか?使い方のポイント

ボリジャーバンドの狙い方

ボリンジャーバンドは逆張りと順張り、どちらにも使える便利なテクニカルです。

また、取引スタイルにかかわらず、それぞれの手法で使用が可能です。

1.順張りでの取引の場合

ボリジャーバンドの順張りはコレ!基本は「エクスパンション」と「バンドウォーク」を利用した使い方です。

ボリンジャーバンドが、スクイーズ状態から広がりだしたときは、トレンドが起きる前兆を示唆しています。

バンドウォークが起きているとき、ボリンジャーバンドはエクスパンドした状態です。

スクイーズした状態のときに、エクスパンドが始まるのを予測するのが順張りにおける狙い目です。

順張りでの重要点
  • ボリンジャーバンドの広がりに注目する!
  • 順張りでの使い方は、エクスパンションとバンドウォークを確認した後に、トレンド方向へ取引を行う!
  • トレンドから逆方向にレートが下がったときは売り時

2.逆張りでの取引の場合

ボリンジャーバンドでレンジ相場なら逆張り逆張りでは、分析期間の相場が変わらなければ、非常に有効です。

ボリンジャーバンド±2σのラインは、値動きの収まる可能性が95.5%でしたよね。

逆にこのラインを超えたとき(可能性は4.5%)の価格は、売られ過ぎや買われ過ぎな状態なので、一時的な異常値という可能性が高いわけです。

つまり、再びボリンジャーバンド内に収束すると考えられます。

この考え方で、±2σを超えたら逆張りでの取引ができます。

また、この手法は「エクスパンションが発生していない」という条件を加えることで精度が上がります。

ですので、※レンジ相場 の動きの中で逆張りを行うことになります。

しかし、この手法での取引は、非常に経験と集中力が必要です。

FX初心者の方は、その点をよく注意してくださいね。

※レンジ相場:一定の変動幅の範囲内でレートが上がったり下がったりを何回となく繰り返えし、ほとんど一定の相場のこと

ボリンジャーバンドのメリット・デメリット

デメリットとメリットどちらも考慮!

ボリンジャーバンドには、メリットがたくさんあります。

メリット
  • 順張り、逆張りのどちらにも使える
  • それぞれの取引手法にも対応できる
  • 視覚的にわかりやすい
  • バンドの形状や動きの癖を把握することで、どこまで利を伸ばすことができるのかがはっきり見える

しかしながらデメリットもあります。

例えばレートが急落しているさなかに、逆張りで取引を行ったとします。

このとき「ボリンジャーバンドの2σを超えたから」といって、このような取引をしてしまうと、一時的に大きな損失を招いたことになりますよね。

何度か紹介していますが、この±2σ以内に相場が収まる可能性は95.5%です。

つまり、これを超えるということは、異常相場を示しているわけです。

これは、数年に1度しかない非常に大きな値動きを見せる相場も含まれます。

過去の値動きの系統から導き出されたボリンジャーバンドでは、このような異常相場が起こった場合には全く役に立たないのです。

また順張りで使うと、売買ポイントが遅いという欠点も持っています。

ですので、ボリンジャーバンドを使う際には、メリットと同じようにデメリットについても、よく考慮して取引するようにしましょう!

ほかのテクニカル分析と一緒に使って確率UP

MACDは、売られすぎや買われすぎを判断してくれるテクニカル分析です。

このテクニカル分析を併行で使うことで、非常に早い段階で相場の上昇/下降力の衰えを判断できるので、トレンド転換をいち早く察知できる効果があります。

ボリンジャーバンドの外為オンライン

外為オンラインから引用)

またRSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのか計測できる指標です。

通常、RSIが70%(80%)以上であれば相場は買われすぎ、逆にRSIが30%(20%)以下であれば相場は売られ過ぎであると判断がされます。

ボリンジャーバンドのRSI

上記に書いたテクニカル分析などと使うことで的中率もUPします。

ボリンジャーバンドは様々なテクニカル分析との相性がいいのでぜひ試してみて下さい。

 rdexcvb

ボリンジャーバンドをYoutube で知る

FXのボリンジャーバンドで1番コメントの評価が高かった動画です。

20分ほどありますが、興味がある方は時間がある時にでも見てみてください!

ボリンジャーバンドのまとめ

ボリンジャーバンドは使いやすい!
  • 値動きが収まる可能性を把握しよう
  • 設定期間は9日・20日・25日が主流
  • スクイーズは、狭い形状なので売買しない
  • エクスパンションは、広い形状で買い時な場合が多い
  • バンドウォークは、縁に沿ってレートが推移する
  • 順張り、逆張りのどちらにも使える
  • 視覚的にわかりやすい
  • 以上相場の場合は使えない

ボリンジャーバンドは、テクニカル分析の中でもシンプルでわかりやすい指標です。

特徴
  • 3つの形状のどれなのか
  • レートはバンドに対してどの位置にあるのか
  • バンドが広くなっているのか、狭くなっているのか

ボリンジャーバンドでは、この3点が重要です。

ぜひ使ってみてください!


人気No.1! 初心者向き! 中長期売買でスワップ収入 デイトレ!低コスト
DMMFX 外為オンライン YJFX GMOクリック証券

「FXをする時間が無い、だけど儲けたい!」そんなあなたに!

外為オンライン
外為オンライン

初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは初心者の方に最も選ばれている人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、FXのツールの性能や使い安さが業界トップレベルで初心者に選ばれています。

また、独自の無料セミナーを多数開催しており、98%の方がよかったと満足する結果も出ています(HP参照)。

取引スペックも優れていて、低コストかつスワップポイントも最高水準を誇り、満足度の高い会社です。

特徴をあげるとするならば、貰える金利が高く、長期売買に適しています。

*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンライン

↓↓76%がトータルでプラスの自動売買の詳細↓↓
外為オンラインのホームページ

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で65万人以上が口座を開設しています。

低スプレッド(低コスト)で使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはDMM FXが一番お勧めです。

FX本気で勝ちたいならDMM FXは必ず持っておきたい口座の一つです。

DMMFXのホームページ

スプレット大幅縮小!ヤフーのFX会社 「YJFX!」

YJFX

ヤフーのFX専門会社!各種人気の通貨ペアを有利な条件で取引ができるよう、スプレットは常に大幅縮小中です。

また、取引手数料、ロスカット手数料が0円など各種手数料がかからないのも魅力です。

そして、低スプレッド業者では、提供がほとんどない通常の1/10の1000通貨での取引ができ、低資金で始めることができるのが特徴です。

中でも最大の特徴は、FXのスマートフォンアプリです。

「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめの会社です。

YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

YJFXのホームページ

話題の自動売買! 利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネットのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレで選ぶなら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供する会社で、取引高も世界第1位、FX預かり資産国内第1位と最も安定しています。

人気の理由は低コスト、高金利にあります。

24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、わからないことの問い合わせに力を入れているのも大きな特徴です。(ヘルプデスク協会主催の「問い合わせ窓口/サポートポータル格付け」調査で最高評価獲得)

世界共通の王道としてGMOクリック証券は必ず持っておきたい口座の一つです。

GMOクリック証券のホームページ

利益チャンスを追求するなら、iサイクル「外為オンライン」

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。 自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ