【FXの教習所】デモトレードが利益に繋がる!

FXはデモトレードから始まる

デモトレードはご存知でしょうか。

その名の通り、FXをトレードする為の「デモ」を行う為の仕組みです。

FX体験版と考えて頂ければ幸いです。

デモトレードは次の人に強くオススメできます。

  • これからFXを始めてみたい
  • 初心者でまだよく分からない
  • FXを行っているけどうまく勝てない

そんな方々はぜひ今回の記事を読んでもらって、デモトレードに挑戦して頂ければと思います。

デモトレードは無料で使える体験版FX

 

デモトレードはFXの体験版

FXを始めようと思った時、すぐお金を入れていざトレード開始!というのは非常に難しいものがあります。

ある程度知識があってもチャートの見方が分からない事もありますし、どこの画面にどういったモノがあるかも分かっていない状態です。

お金も絡んで来ますから、色々と画面をいじっていたら損していた」というのだけは避けたいものです。

そこで、実際にトレードを行う前の練習用にデモトレードがあります。

ここでは、「◯万円持っていたとしたら」と仮定して、自分の所持金とは関係がない仮想のお金での取引を行う事ができます。

デモトレードで損をしてしまっても実際に損をする事はありません。

もちろんデモトレード中に大きく利益を上げても実際に利益が来る訳でもありません。

「もし10万円、50万円からスタートしていたら…?」と、実際の通貨の動きを利用して練習出来るのです。

デモトレードの多くは各FX会社が無料で提供しており、口座開設でデモトレードを行えるパターンが多いです。

FXを行う前にデモトレードは必須!体験しておく事の3つのメリット

ではデモトレードを体験しておく事のメリットをご紹介しましょう。

無料で実際の値動きを元にトレードの練習が行える

実践的な練習ができる

デモトレードで扱っている値動きは実際の通貨の動きを元にしています。

その為、リアルトレードとはほぼ同じ状態で練習する事が出来るのです。

世界で何かものごとが起きるとFXに影響が出ます。

その為、様々なニュースや情報を掴みながらデモトレードを行うとどういった動きをするかが少しつかめるようになります。

画面の見方、操作の仕方を事前に知れる

使い方が事前にわかる

初心者にとって、トレードの画面はわかりにくい部分ではあるでしょう。

注文画面やチャート画面、テクニカルの表示など様々なパーツがあるので、それらは前もって知っておいた方が有利です。

操作方法も同じく、お金が絡んでくる前に知っておきたいところです。

そういった部分を何の気兼ねなく練習する事ができます。

様々なトレード手法を試せる

様々なトレードが試せる

FXでトレードをする際には非常に多くの手法があります。

デイトレードやスキャルピング、スイングトレードといったスタイルの分類もあります。

それに続き、MACDDMI、ボリンジャーバンドなどをはじめとしたテクニカル分析を利用したトレードを試したり、その他の経済指標などを参考にした手法(ファンダメンタルズ分析)も行ったり出来ます。

「損しないうちに」は重要なポイントで、お金の負担がかかってこないうちに様々な手法、テクニックを「デモトレード」という実験場で試してみると良いでしょう。

デモトレードにも問題がある?体験する事のデメリット

リアルトレードの様な緊張感が無い

緊張感が持てない

デモトレードの最大のデメリットはリアルトレードと違い、「お金を失うリスクが無い」点です。

無料だからメリットなのではないかというご意見はその通りです。

しかし、デモトレードではお金を失う事が無いだけに緊張感の無い、ダラけたトレードになりやすいのです。

緊張感の無いトレードで恐ろしいのが「しっかり考えずに買う」事です。

特に理由や根拠が薄い状態で「これが上がりそう」と買う……。

それが続いて「これならリアルトレードでも大丈夫そうだからやってみよう」とリアルトレードに行き、大金を入れスタートして失敗……。

このパターンは少なくありません。

デモトレードはリアルトレードと同じ緊張感で行う事はほぼ不可能なので、その点を前もって理解しておいた上、自分にあった練習を行うと良いでしょう。

リアルトレードで全く同じ事になるとは限らない

リアルでも同じように行くわけではない

デモトレードが非常にうまく行ってもリアルトレードで負けてしまう。

デモトレであまりうまくいかなかったがリアルトレードでうまくいく。

この様に逆の状態になる事は少なくないです。

それならば、「デモトレードをやる意味なんて無いのでは?」と思うかもしれませんが、デモトレードをやってからとやらないとでは大きく違います。

少なくとも操作ミスなどで損をする事は無いという点で考えるとやる意味はあります。

ですが、デモトレードで大きく失敗しても気を落とさず、ある程度使い方だけ理解するようにしておきましょう。

デモトレードで成功した方は、そのまま気をゆるめずリアルトレードに臨んでみると良いでしょう。

デモトレードでやっておきたい5つの事

FXでやっておきたい5つのこと

デモトレードは色々な事を試す場として使うと良いという話をしました。

ここで、デモトレードで練習をしている間にぜひともやっておいて頂きたい事をいくつか絞ってみました。

全てやってみる必要は無いのですが、これらを試しておくとリアルトレードを行う際にとても有利なので、ぜひやってみてください。

1:画面内の機能・意味を理解する

機能・意味を理解する

どのFX会社でも基本的にトレードの画面は複雑で、多くのボタンや数字が並んでいます。

文字を見てもどういう意味だかわからないというのも少なくないです。

その為、リアルトレードを行う前にデモトレードで画面内のどこがどんなものかをある程度理解しておく必要性があるでしょう。

このボタンはどういうものか?

この数字は何を指しているか?

このグラフは何なのか?

多くの情報を持っていなければFXは難しいものですので、トレード画面はどういうものかはある程度覚えておきましょう。

少なくとも、一通り見て通貨を買えるぐらいには理解しておけば、後々触っていきながらでも残りは十分だとは思います。

FXのトレード画面には慣れてきた時に必要になってくる機能などもいくつかあるので、100%完全に理解する必要はありません。

2:多くの注文方法を試してみる

多くの注文法を試す

外貨を注文する際には様々な注文方法があります。

例えば1ドル100円だったとして、「今1ドル100円で買えるなら欲しいな。買おう」と購入した際は、もっともシンプルな購入方法「成行注文」で購入しています。

これ以外にもFXは多くの注文方法があるので、デモトレードで簡単に練習しておくと良いでしょう。

では基本的な注文方法を簡単にご紹介しましょう。

  • 指値・逆指値注文

指値、つまり自分の指定した値段になったら「買う」「売る」事が出来る注文。

現在1ドル100円だとして、「99円に下がったら買う」「101円まで上がったら売る」と指定する事が出来ます。

逆指値はその逆で、簡単に言えば損切り用の注文です。

「101円まで上がったら買う」「99円まで下がったら売る」といったもので、それ以上の損失を生まない用にする為にも使えます。

「指値」と言われたら指定した値段で売るか買う注文だと覚えておきましょう。

  • OCO注文

OCO注文は先ほどの指値と逆指値がセットになっている様な注文方法です。

1ドル100円で買い、「もし101円になったら利益確定で売り、99円まで下がったら損切りで売る」を同時に注文出来るものです。

注文した際に同時に損切りも利食いも設定出来るので便利です。

(こちらにも記載されています)

  • IFD注文

IFD(イフダン)は「もし99円まで下がったら買い、100円まで上がったら売る」という注文ができます。

「もしAが出来たらBをする」という注文と思って頂ければと思います。

(こちらにも記載されています)

  • IFO注文

IFO注文はIFDOCO注文(イフダンオーシーオー)というもので、OCO注文とIFD注文が組み合わさったものです。

例えばある時に1ドル101円だったとして、「もし100円まで下がったら買い、そこから99円まで下がったら損切りで売る。101円まで上がったら利益確定で売る」という、買った後に損切りと利食いの注文をしてくれるというものです。

新規、利確・損切り注文が出来る便利な注文ですが、「この後どうなるか」を予測しなければなりません。

(こちらにも記載されています)

3:損切り・利食いをやってみる

損切り・利食いをやってみよう

損切りと利食いはFXで利益を出す上で非常に重要です。

なるべく損を出さず、どのタイミングで損切りを行ってしまうか。

ある程度利益を確保してどこで利食いをして止めるか。

その辺りの感覚は実際のところデモトレードでは緊張感が足りず掴みにくいかもしれませんが、練習しておく事は大切です。

先ほどのような注文方法を利用して自動で損切りしたり、成行注文を利用して的確なタイミングで損切りを行いましょう。

前もって損切り、利食いは「購入時からプラスいくらまで上がったら利食い、いくら下がったら損切り」と決めておくと良いでしょう。

FXには「損小利大」という言葉がありまして、「なるべく損を小さくし、利益は大きく」するべきという意味です。

損切りを上手く利用して、負ける時は小さく、勝てる時は大きく勝てるようにしておきましょう。

4:3種類のトレードスタイルを試してみる

FXではトレードスタイルが大まかに3つに分けられています。

全てがその3つに分類されるという訳ではありませんが、大体のトレードスタイルはこの3つに収まるでしょう。

これらの3種類の手法を実際に試してみて、自分の性格や生活に合うものを選んでおくと良いでしょう。

  • スキャルピング
スキャルピング

スキャルピングは非常に早いトレード間隔で行うものです。

何か経済指標が発表される時、ちょっとした出来事があった時。

そんな「少しの動き」で大きな利益を出そうとトレードする事です。

トレード時間は数秒から数分と短く、所持したポジションは数時間も経たないうちに手放す事が多いです。

一瞬のちょっとした変動で利益を出していくトレードスタイルになります。

  • デイトレード
デイトレード

一般的なトレードスタイルで、数分から数時間の間にトレードをするスタイルになります。

1日の中で相場が大きく動くチャンスを待ちかまえ、相場が大きく動き出した時にトレードをしていきます。

日中忙しい方でも、デイトレードで利益が出しやすいのは夕方から深夜にかけての時間ですので、チャンスは多くあります。

所持したポジションが日をまたぐ事は少なく、数時間経ってから売ってしまうパターンが多いです。

  • スイングトレード
スイングトレード

スイングトレード(スウィングトレード)は所持したポジションを数日から数週間、数ヶ月レベルで所持し続けるトレード手法になります。

基本的に細かい値動きには動じないため、比較的チャートを見る時間が短くてよいという特徴があります。

日をまたいだ大きな動きで利益を出すスタイルです。

5:大勝ち、大負けをしてみる

大勝ち・大負けをしてみよう

お金が絡んでいなくても、大きく利益を上げる事、大きく損する体験は大事です。大きく勝つ際はラッキーで勝たない様にしましょう。

運任せで続けてしまうとリアルトレードになった場合に苦労してしまいます。 大きく損することは出来たら体験しておくと良いでしょう。

「これは上がるだろうな」と自信があって入れたのに外れてしまうと悔しいものです。

その場合はその悔しさを忘れないようにして、なぜあそこで下がったかを反省するのが良い経験だと思います。

デモトレード分かって来た!そんなあなたに進んで欲しい次のステップ

テクニカル分析に挑戦してみる

テクニカル分析に挑戦しよう

相場を予想する為の分析方法の一つにテクニカル分析という手法があります。

こちらは、簡単に言うと「今までの傾向から見ると次はこうなる」と、過去の動きや現在の平均などから流れを予想する方法になります。

そのほとんどはグラフで表されるもので、基本的なFX業者のチャート画面で設定さえ変えれば表示できるものになります。

実際に有名なテクニカル分析の手法を2つほど見てみましょう。

移動平均線

基本的な方法の一つ、「移動平均線」です。

これは過去数日間の平均の値段(正確には終値)の平均を表示するものになり、トレンド、つまり上昇や下降するタイミングが判断できる便利なものです。

使い方は簡単で、追加しようとすると、(または設定画面にて)日数を選べます。

例えば「20日移動平均線」は過去20日の変動から表示されたものです。

基本的に短い期間と長い期間(またはその間を取った1本)の2、3本表示させて参考にします。

たとえばこの画像は30分足のチャート画面に移動平均線を二つ足してあるものになります。

FX デモトレード 移動平均線

赤色は21日移動平均線。青色は90日移動平均線です。

矢印①をご覧ください。赤色も青色の線も上の方向に向かっています。

特に赤色の方は傾きが急です。この場合「21日の短いスパンで見てもこの動きは中々大きい」と言えますし「90日の長いスパンで見ると少しゆるやかに上がっている」と言えます。

では矢印②も見てみましょう。

赤色は下がっていますが青色は上がったままです。

この場合「短いスパンで見れば一瞬下がっただけで、長いスパンで見れば特に影響がない程度の下降」と言えるのです。

この様に見ていけば、この上昇は一瞬のものか、それとも長く上がっていくものか。この勢いは強いか弱いかが分かるのです。

詳しくはこちらにも書いてありますのでぜひどうぞ。

移動平均線を使う分析には「ゴールデンクロス・デッドクロス」と言われ、非常に多くの人が使っているテクニックもあるのでこちらもご参照ください。

ボリンジャーバンド

こちらも非常に使っている方が多く、レンジ相場(大きく動かず、小さい値動きで上下している相場)で非常に役にたつテクニカルになります。

このテクニカルは簡単に言ってしまうと「このあとどちらの方向に進むのか」の予想を助けてくれるテクニカルです。

ボリンジャーバンドは3本の線から構成されており、中心は移動平均線です。

上と下にある線(アッパーバンド、ロワーバンドと言われる)が非常に重要です。

見方としては、「レートが上の線に触れたら下降トレンド、下の線に触れたら上昇トレンドになりやすい」というものです。

こちらの矢印部分をご覧ください。

FX デモトレード ボリンジャーバンド2

ボリンジャーバンドの下の部分に触れたあと、値段は上がって行きました。

また、「上下の線が狭まったあとは大きな動きが現れやすい」という特徴もあります。

こちらを見てください。 矢印①の部分で上に触れています。

FX デモトレード ボリンジャーバンド

そのあと、強い下降トレンド(矢印②)が生まれていますね。

「矢印②の部分って、下に触れてるんだからすぐに上昇トレンドになるのでは?」と思うかもしれませんが、これは「バンドウォーク」と言って、上か下の線に沿ってレートが動き続ける状態です。

この時、強いトレンドが発生している状態と言えますのでこの間はその方向に進み続ける傾向が強いです。

上下どちらかの線にタッチして動き出し、かつそれにバンドウォークが見られたら「このトレンドはまだ続くかも?」と思っても良いでしょう。

レバレッジをコントロールしてみる

レバレッジをコントロールしよう

実際にトレードを始めたら使う事になるかもしれないのがレバレッジです。

レバレッジの詳細はこちらでご紹介しますが、デモトレードで練習出来ると良いでしょう。

資金維持率などを確認して「どこまで使ったらダメなのか」「どれだけ使えるのか」どのような効果をもたらすか体験しておくと良いでしょう。

プロトレーダーのテクニックを経験してみる

プロのトレードを経験してみよう

デモトレードが扱える内に様々な事を体験してみると良いというお話は何度もしていますが、「プロトレーダーが使っているテク」を自ら実験してみると良いでしょう。

調べてみれば多くのトレーダーが様々な手段、テクニックで取引をしている事が分かると思います。

その上、みんな同じ手法を使っているのではなくそれぞれバラバラにやっているとも分かります。

そこで、「自分に合う手法」を体験して見つけ出しておくのがデモトレードの賢い使い方です。

「これならわかりやすい」

「自分の性格に合っている」

「利益を出しやすい」

そんな3点が揃った手法をデモトレで見つけ出せると良いでしょう。

リアルトレード中の発見もありますが、新しい手法というのはリアルトレード中に試すものではありません。

被害が出ないデモトレードで片っ端から実験してみるのがオススメです。

デモトレードのまとめ

デモトレードまとめ

ポイント
  • デモトレードは教習所かつ実験場として使うFX体験版
  • デモトレードで慣れても万全の状態まで
  • デモトレードであなたに合ったトレードスタイルを確立
いきなり実践でFXを始めるのは難しいものです。

まず初めにデモトレードをすることで、実践でなくても学べるものは学びきってから実際の取引に臨むようにしましょう。


人気No.1! 初心者向き! 中長期売買でスワップ収入 デイトレ!低コスト
DMMFX 外為オンライン YJFX GMOクリック証券

「FXをする時間が無い、だけど儲けたい!」そんなあなたに!

外為オンライン
外為オンライン

初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは初心者の方に最も選ばれている人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、FXのツールの性能や使い安さが業界トップレベルで初心者に選ばれています。

また、独自の無料セミナーを多数開催しており、98%の方がよかったと満足する結果も出ています(HP参照)。

取引スペックも優れていて、低コストかつスワップポイントも最高水準を誇り、満足度の高い会社です。

特徴をあげるとするならば、貰える金利が高く、長期売買に適しています。

*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンライン

↓↓76%がトータルでプラスの自動売買の詳細↓↓
外為オンラインのホームページ

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で65万人以上が口座を開設しています。

低スプレッド(低コスト)で使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはDMM FXが一番お勧めです。

FX本気で勝ちたいならDMM FXは必ず持っておきたい口座の一つです。

DMMFXのホームページ

スプレット大幅縮小!ヤフーのFX会社 「YJFX!」

YJFX

ヤフーのFX専門会社!各種人気の通貨ペアを有利な条件で取引ができるよう、スプレットは常に大幅縮小中です。

また、取引手数料、ロスカット手数料が0円など各種手数料がかからないのも魅力です。

そして、低スプレッド業者では、提供がほとんどない通常の1/10の1000通貨での取引ができ、低資金で始めることができるのが特徴です。

中でも最大の特徴は、FXのスマートフォンアプリです。

「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめの会社です。

「オプトレ」や「トレードコレクター」といった独自のバイナリーオプション、自動売買もできます。

最後に、YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

YJFXのホームページ

話題の自動売買! 利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネットのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレで選ぶなら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供する会社で、取引高も世界第1位、FX預かり資産国内第1位と最も安定しています。

人気の理由は低コスト、高金利にあります。

24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、わからないことの問い合わせに力を入れているのも大きな特徴です。(ヘルプデスク協会主催の「問い合わせ窓口/サポートポータル格付け」調査で最高評価獲得)

世界共通の王道としてGMOクリック証券は必ず持っておきたい口座の一つです。

GMOクリック証券のホームページ

低スプレッドで低コスト!「みんなのFX」 FXの入門書プレゼント!

みんなのFX

みんなのFXは全通貨世界最安水準のスプレッドを提供する会社です。

取引ツール画面がシンプルで使いやすいので、初心者にもおすすめです。

また、FXの入門書をプレゼントしてくれます。

そのため、実際の取引画面と本を見ながら始められるので、理解が早くできます。

自分の売買を客観的に分析してくれるツール「FX取引成績表」があるので自分のトレードの傾向がわかり、弱点を見つけることが可能です。

他の会社と比べ、早く稼げるようになると評判です。

また、バイナリーオプションもあるので50円からの少額でもFXができるのも魅力です。

日本の会社なので、安心して取引ができます。

FXの実力を早くつけたい方にお勧めです。

みんなのFXの口座開設

利益チャンスを追求するなら、iサイクル「外為オンライン」

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。 自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ