【FXのファンダメンタルズ】でボロ儲け?初心者でもできるやり方

FXファンダメンタルズとは?

FXファンダメンタルズの意味は?ファンダメンタルズとは、経済活動の状況を示す基礎的な要因のことです。

FXにおいても、相場が変動する要因は様々です。

容易に予想できるものもあれば、予想が困難で、突然変動することもあります。

FXでは、経済指標や要人発言などによって突然為替が変動することもあるので、これらの要因には注意を払う事が重要です。

とは言われても、ちょっとFX初心者の私にとっては難しいかな。
うん、そうだよね。それじゃあもう少し詳しく見てみよう!

ファンダメンタルズとは?

FXファンダメンタルズは相場を動かすFXにおいてファンダメンタルズとは、「投資に役立つ経済の基礎」のことです。

主に経済成長率や物価指数、雇用系指標、国際収支などの経済指標から見ることができます。

経済指標は、週・月・四半期ごとに各国より発表されています。

特に政策金利に影響のある雇用系指数や物価系指数にはトレーダーから注目が集まるため、発表されると大きく相場が変動する要因となっています。

また、金相場や原油相場を代表する商品相場もファンダメンタルズの要因に含まれています。

さらに、FXでは海外の通貨と組み合わせて取引をすることがあるので、他国の経済状況も詳しく知る必要があります

全ての国の経済に、100%精通している必要はないですが、市場がフォーカスしているポイントについては、不足なく理解しておくべきでしょう。

このように、国家の状態や企業の状態を表すため、ファンダメンタルズは為替や株価を動かす要因として考えられています。

へぇ~、色んな要素が含まれるんだね。これをFXでも取り入れてるってこと?
そうだよ。FXでの分析方法には、このファンダメンタルズを使ったものがあるんだ。

ファンダメンタルズを使った分析方法

ファンダメンタルズ分析とは?経済の基礎的要因を分析することで、相場の方向性を予測する分析手法を、ファンダメンタルズ分析と呼びます。

売買タイミングを判断するための手法は、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析がありますが、ファンダメンタルズ分析を重視する投資家がいます。

このような手法で取引をしている投資家のことを、「ファンダメンタルズトレーダー」と呼びます。

ファンダメンタルズトレーダーが主に分析するのは、各国で発表されているニュースや経済指標の格差です。

例えば、日本のファンダメンタルズが悪く、アメリカが良いという分析結果が得られたとします。

ところが、日本の円が米ドルに対して買われ過ぎている状態が、2国間の通貨関係でありました。

その場合、この2か国のファンダメンタルズの格差を見つけて、将来的に良好な方へ相場が動くと考えます。

つまり、「円が売られるのではないか?」と考え、円売り米ドル買いで取引を行うわけです。

ただし、実際のファンダメンタルズ分析は、他国の経済状況やニュース、季節的要因なども盛り込んで行われる場合が多いです。

そのため、ファンダメンタルズトレーダーの中には非常に複雑な分析を行っている人もいます。

なんか、ますます難しそう・・・
FX初心者には難易度高いかもね。もう少しわかりやすくするために、具体的にどんな材料を見て判断すればいいのか、見てみよう。

分析材料は、どんな情報を見れば良いのか?

ファンダメンタルズ分析の判断材料ファンダメンタルズ分析を行うにあたり、一番重要な材料は世界のニュースです。

FX初心者の方は、「そうは言ってもどのようにニュースを見ればよいのかわからない!」と思いますよね。

例えば、ドル円相場において、未曽有の円高が起きたとします。

すると、円高が進むたびに財務大臣は、「極度な円高には断固たる措置をとる」と発言しました。

これは、極端な円高を直すために、政府や日銀がドルを大量購入する「為替介入」などのことです。

この為替介入が実行されるとドル円相場は急激に円安方向へ傾くので、円を保有している投資家は価格が落ちる前に円を売ります。

それによって市場での円の流通量が多くなるので、円の価値は下がり、円高の進行は和らぎます。

つまり、実際には政府も日銀も、為替介入していないのに、投資家が「するのではないか」と予想し行動した結果、相場が変動したわけです。

また、アメリカが「ドルの供給量を増やす」と発表されると、それがアメリカのニュース番組やインタビュー等で放送されます。

この場合、アメリカドルの数が増えることになるので、価値は落ちていきますよね。

その結果、アメリカドルが売られる予想が立ちます。

このように国の金融政策や要人の発言によって、相場が変動することを狙い利益を上げようというのが戦略です。

ただし、上記のようなニュースが発表されたにも関わらず、相場が変動しない場合もあります。

原因は、そのニュースが既に出ているから、相場を動かす効果はないからです。

このことを織り込み済みといいます。

世界中のトレーダーが、「他のもっとインパクトのあるニュースを材料に相場が動いたから驚かない」あるいは、「既にそのニュースについて知っている」という状態です。

なので、自分の読みに反して相場が動かないときは、それは既に織り込み済みだからだと言えます。

なるほど、既に出ているニュースかどうか、見極めが必要なんだね。でも、それをどうやって判断すればいいんだろう?

材料と判断する根拠は情報源!

情報源をおさえておくそのニュースが相場を動かすのかどうかを判断するのに重要なのは、そのニュースの出どころ(情報源)です。

誰の発言なのか、いつ発表されたのか、何処が発表したニュースなのかを深く探していく必要があります。

これはFX初心者の方にはハードルが高いですよね。

ですから、まずは自分なりの指針となる情報を見ながら、それが相場にどう反映されるかを分析してみることをお勧めします。

例えば、新聞などの見出しや、全体の相場の流れから、取引を予定している通貨が売られているのか、また買われているのかに注目しておきます。

その後数日間、一方的に売られ続けている通貨であれば、それは何か売られる原因を含んだ通貨だと判断できます。

その通貨が数日間下がり続けていたために、少し下げにくいような動きをしていた時、良いニュースが発表されたとします。

そうすると、その通貨は高確率で一気に買い戻されるわけです。

こうした相場の動きを、まずは自分なりに見て分析していくところから始めてみてはどうでしょうか。

高い確率で自分の分析が当たるようになれば、今度は実践に移していく、という風にしていきましょう。

いきなり実践で取引するんじゃなくて、まずは分析の練習をするところから始めてみるといいよ!

短期的な取引にも使える、その手法とは?

ファンダメンタルズ分析の使い方ファンダメンタルズ分析は、基本的に中長期的な取引に適した分析方法と言われています。

スワップポイントを狙っての長期的な資産運用をお考えの方は、ファンダメンタルズ分析について学ぶ必要があります。

逆に短期売買を繰り返すトレードスタイルの方は、テクニカル分析について学ぶべきです。

しかし、実は短期トレードを重視している方にとっても、ファンダメンタルズ分析が必要になってくる場面が出てきます。

というのも、ファンダメンタルズが相場へ与える影響が大きなニュースの発表があったとき、テクニカル分析が機能しないということがあるからです。

それじゃぁ実際には、全ての期間の取引に使うことは可能なわけね。
そうだね。長期的な取引で使う方法は、教本などにも書いてあるけど、ここでは短期売買にどう適応するのか、説明するよ。

短期売買にも有効な分析手法

ファンダメンタルズを短期売買で使う場合は?ファンダメンタル分析は、短期売買にも有効な分析手法です。

テクニカル分析だけでなく、ファンダメンタルズ分析を組み合わせることで、広い視点から相場を見ることができるからです。

FX初心者のための教本などには、長期的な相場展開において効果を発揮する、といったような紹介がされていますが、何も長期的な取引でのみ、使える分析方法ではないのです。

実際に短期売買に使う方法としては、まず、実際の相場とファンダメンタルズの相違点を見つけます。

例えば、日銀による政策金利の発表が予定されているとすると、1週間前辺りからそのイベントの動きに目が向けられるようになります。

しかし、発表前の動きというのは「イベントに期待する動き」、憶測なので、実際には中身が伴っていません。

つまり、相場と実際のファンダメンタルズには相違がある状態となっています。

この相違を埋める方向へと取引を行っていくわけです。

  1. 相場とファンダメンタルズの相違が無い場合
  2. 相場とファンダメンタルズの相違がある場合

そこで、上記2つのプランを用意しておきます。

日銀の政策金利発表が翌日に控えていて、市場は「日銀が政策金利を引き下げるのでは?」と予想し、円売りの動きが出ていました。

そのとき、①のプランでは、予想のもと円売りを行っているので、もし本当に政策金利を引き下げたとしてもファンダメンタルズとの相違が無いため、大きくは動かないだろうと判断します。

②のプランでは、政策金利が引き下げられなかった場合、憶測で円売りが行われてしまっているので、ファンダメンタルズとの相違が出来てしまっています。

ですので、この後円の大きな買い戻しが起こるだろうと予想します。

そして実際の政策金利発表を待って、その内容から相違があれば、それを埋める方向へ取引を行えば良いわけです。

FX初心者の方には難易度が高いかもしれませんが、これがファンダメンタルズ分析の基本となります。

そっか、予想が当たった場合と外れた場合の2プランを用意して、どちらにも対応できるように準備しておくと良いのね。

ファンダメンタルズの欠点

FXファンダメンタルズの欠点最新のニュースを手に入れるまでに、個人投資家はどうしても時間がかかってしまいますし、ニュースの内容を知るまでに、相場が先に動き出してしまいます

さらに、ファンダメンタルズ分析では、一度追い始めると追い続けていかないと難しいことも確かです。

読み違えると相場が自分の予想と反対に行ってしまうこともあります。

また、ファンダメンタルズ分析では、ポジションを作る、または切るタイミングが明確ではありません。

実際にFXで儲かるかどうかは、売買のタイミングがポイントです。

ですから、ファンダメンタルズ分析だけで勝つのは難しいでしょう。

100%この手法に集中したとしても、FXで儲けられるようになるのは至難の業です。

実際の取引では、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析は二社一択でなく、うまく組み合わせるのが理想的です。

両者が同じ方向を示しているとき、予測の精度が高まります。

どちらもバランスよく使って、効率的に利益を出せるよう取引していきましょう!

片方しか使っちゃいけないわけじゃないんだね!分析方法を組み合わせることで、精度が上がるのかぁ。
ファンダとテクニカルは、分析の両輪!上手な取引をするためにも、両方とも勉強することをお勧めします!

FXファンダメンタルズのまとめ

  • FXファンダメンタルズのまとめFXにおけるファンダメンタルズとは、投資に役立つ経済の基礎のこと
  • ファンダメンタルズ分析の材料は、世界のニュース
  • 短期的取引にも使える
  • 売買タイミングが明確でない
  • テクニカル分析と組み合わせて使うのが理想的

人気No.1! 初心者向き! 中長期売買でスワップ収入 デイトレ!低コスト
DMMFX 外為オンライン YJFX GMOクリック証券

初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは初心者の方に最も選ばれている人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、FXのツールの性能や使い安さが業界トップレベルで初心者に選ばれています。

また、独自の無料セミナーを多数開催しており、98%の方がよかったと満足する結果も出ています(HP参照)。

取引スペックも優れていて、低コストかつスワップポイントも最高水準を誇り、満足度の高い会社です。

特徴をあげるとするならば、貰える金利が高く、長期売買に適しています。

*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインのホームページ

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で65万人以上が口座を開設しています。

低スプレッド(低コスト)で使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはDMM FXが一番お勧めです。

FX本気で勝ちたいならDMM FXは必ず持っておきたい口座の一つです。

DMMFXのホームページ

スプレット大幅縮小!ヤフーのFX会社 「YJFX!」

YJFX

ヤフーのFX専門会社!各種人気の通貨ペアを有利な条件で取引ができるよう、スプレットは常に大幅縮小中です。

また、取引手数料、ロスカット手数料が0円など各種手数料がかからないのも魅力です。

そして、低スプレッド業者では、提供がほとんどない通常の1/10の1000通貨での取引ができ、低資金で始めることができるのが特徴です。

中でも最大の特徴は、FXのスマートフォンアプリです。

「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめの会社です。

「オプトレ」や「トレードコレクター」といった独自のバイナリーオプション、自動売買もできます。

最後に、YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

YJFXのホームページ

話題の自動売買! 利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネットのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレで選ぶなら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供する会社で、取引高も世界第1位、FX預かり資産国内第1位と最も安定しています。

人気の理由は低コスト、高金利にあります。

24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、わからないことの問い合わせに力を入れているのも大きな特徴です。(ヘルプデスク協会主催の「問い合わせ窓口/サポートポータル格付け」調査で最高評価獲得)

世界共通の王道としてGMOクリック証券は必ず持っておきたい口座の一つです。

GMOクリック証券のホームページ

低スプレッドで低コスト! 「みんなのFX」 FXの入門書プレゼント!

みんなのFX

みんなのFXは全通貨世界最安水準のスプレッドを提供する会社です。

取引ツール画面がシンプルで使いやすいので、初心者にもおすすめです。

また、FXの入門書をプレゼントしてくれます。

そのため、実際の取引画面と本を見ながら始められるので、理解が早くできます。

自分の売買を客観的に分析してくれるツール「FX取引成績表」があるので自分のトレードの傾向がわかり、弱点を見つけることが可能です。

他の会社と比べ、早く稼げるようになると評判です。

また、バイナリーオプションもあるので50円からの少額でもFXができるのも魅力です。

日本の会社なので、安心して取引ができます。

FXの実力を早くつけたい方にお勧めです。

みんなのFXの口座開設

利益チャンスを追求するなら、iサイクル「外為オンライン」

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。 自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ