FXの基礎

ファンダメンタルズ分析とは?

投稿日:

ファンダメンタルズとは?

ファンダメンタルズ分析とは?

企業や国の経済などを参考にして投資を行うものです。

逆にチャートのみを見てトレードを行うことをテクニカル分析と言います。

株式投資でのファンダメンタルズ分析

ある企業が新商品を発表したときに「これは売れるぞ」と判断したとします。

この商品が案の定ヒットした場合、業績は上昇してそれまでの株価では割安という判断がされます。

これにより株価も上昇していきます。

これもファンダメンタルズ分析のひとつです。

ある企業について調べていくことによっていろいろな情報を得て、興味を深めることによって楽しく取引ができるのは株式投資の醍醐味と言えます。

また、会社の経営に関心を深めることによって投資をすることはマネーゲーム要素のあるテクニカル分析よりも株式の本質に近いと言えるでしょう。

しかし、資金はトレーダーの大切な財産であるため、本質にこだわって損失を出すわけにはいきません。

テクニカル分析によって相場の流れに乗った取引をする方法で利益を出す人も多くいます。

株式投資ではこれら二つの分析が共に用いられています。

FXでのファンダメンタルズ分析

為替の世界では圧倒的にテクニカル分析が優勢です。

ファンダメンタル分析で先のことをあれこれ考えようとしても、世界各国の情勢が絡み合っているため予想ができません。

また、ピンポイントで経済指標などを狙うことも可能ではありますが、その結果がポジティブかネガティブかを想像する根拠はとこにもなく、ただの博打と同じになってしまうのです。

しかも、重要指標の際にはスプレッドが拡大したり、スリッページが生じて思った価格での約定ができなくなったりすることもあります。

ひとつの企業についての理解を深めることによって取引ができる株式投資と異なり、多様な要素が絡みやすいFXなどではファンダメンタルズ分析があまり一般的ではないと言えるのです。

ファンダメンタルズ分析のまとめ

FXにしても株式にしてもあくまで目安としての分析と考えた方がいいでしょう。

ファンダメンタルズ分析に関わるニュースは、情報弱者である個人投資家の耳に届いた時にはすでに相場が反応していたり、織り込み済みだったりするのです。

また、先のことは何ひとつわからない投資の世界で先のことを考えるのはあくまで予想にすぎません。

相場が「こうなってほしい」、「こうなるはずだ」ということは一切通用しないので、ファンダメンタルズ分析をする際は「この後株価は上昇する(円安に進む)とは思うけど、意に反して逆行した場合はこのぐらいで手じまいをしよう」という損切りの考えを常に忘れてはいけません。

  • この記事を書いた人

FXガイド編集部

FXガイド編集部では、プロのトレーダー監修のもと記事を書いております。 また、記事作成は新聞や為替の情報誌など、信頼性の高い情報ソースを元にしています。 また、FX会社の情報は公式サイトから得た情報を使っています。

-FXの基礎

Copyright© 【FXガイド】 FX初心者のための勉強サイト , 2019 All Rights Reserved.