【利益をあげる為の条件】FXにはルールが必要

FX ルール

利益を上げていく為にはルールが必要

FXを行う上で非常に重要と言われているのが「マイルールを決める」という事です。

大損をしないために」の記事 でも書いてありますが、自分の中で線引きが無ければ博打のような闇雲なトレードになってしまいます。

ルールをしっかり決めた上で、その通りに実行し続けるのが非常に重要です。

また、しっかり決めてからも定期的にやり方などを考え、自分の力に合わせて更新していく事も必要です。

自分のルールを考えてみましょう

では実際にルールを考えていきましょう。

どのぐらいのレートで買って、どのぐらいのレートで売ってどれぐらい儲けるか。

このペアならば何通貨購入するか。

また、リスクをとるのはどこまでで、どの水準を下回ったら損切りするのか?…

 

これらのルールを明確に決めた上、ノートや付箋に書いて、見えるところに貼っておくなどがベターでしょう。

この通りに実行できれば、損失が出た際に想定内に抑える事ができますので、長期的に利益が出やすくなります。

あやふやに取引してしまうと、下がった時にいつ損切りをすればいいかわからなくなり、損失が大きくなります。

損切りポイントは明確に決めておくというFX ルールの決め方がいいしょう。

また、メンタルも重要です。やる前には実感しにくいかもしれませんが、自分で決めた損切りポイントでズバッと切る。
実は、これが一番難しく、一番重要です。

ルールの決め方は人それぞれですが、実行できるようにすることを忘れないようにしましょう。

ともあれ、最初のうちから、損切りはしっかりする。妥協しない。これを肝に銘じてください。

実際の取引をする前に、デモトレードで自分で決めたルールを守れるか練習してみると良いでしょう。


初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買でスワップ収入 自動売買でプロのようにFX
外為オンライン GMOクリック証券 マネックスFX 外為オンライン

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で60万人以上が口座を開設しています。

低スプレッド(低コスト)で使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはDMM FXが一番お勧めです。

FX本気で勝ちたいならDMM FXは必ず持っておきたい口座の一つです。

DMMFXのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレで選ぶなら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供する会社で、取引高も世界第1位、FX預かり資産国内第1位と最も安定しています。

人気の理由は低コスト、高金利にあります。

24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、わからないことの問い合わせに力を入れているのも大きな特徴です。(ヘルプデスク協会主催の「問い合わせ窓口/サポートポータル格付け」調査で最高評価獲得)

世界共通の王道としてGMOクリック証券は必ず持っておきたい口座の一つです。

GMOクリック証券のホームページ

ドル/円スプレッドは驚きの銭! 4千円から取引OKの 「マネックスFX」

マネックスFX

株取引でも有名で東証一部上場グループのあのマネックス証券が運営するFX口座

大手ならではの手厚いサポートと安全性はトップクラス!

スマホ取引はもちろんの事、様々なFX取引セミナーやツールは創業20年近くだからできる充実さ

一般的な購入単位10000通貨の10分の1、1000通貨のトレードも可能で、少なくとも約4千円さえあればFX取引が可能で手軽に始められる!

その上、ドル/円の低スプレッドも多くのトレーダーに支持されるポイントの1つ!

1日に貰える金利(スワップ)は業界トップクラス、長期の取引スイングトレードでも十分戦える水準です。

これから始める方、長期取引を考えている人にオススメです!

マネックスFX

初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは初心者の方に最も選ばれている人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、FXのツールの性能や使い安さが業界トップレベルで初心者に選ばれています。

また、独自の無料セミナーを多数開催しており、98%の方がよかったと満足する結果も出ています(HP参照)。

取引スペックも優れていて、低コストかつスワップポイントも最高水準を誇り、満足度の高い会社です。

特徴をあげるとするならば、貰える金利が高く、長期売買に適しています。

*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインのホームページ