【図解】FXの仕組みとは?損しないために知っておくべきこと

FX仕組みとは

FXをはじめたいけど、仕組みがイマイチよくわからない!と悩んでいませんか?

そのような方に、FXの仕組みを図解でわかりやすく紹介します。

初心者でも「知っておいて損はない」ポイントを紹介!

せっかくFXをはじめるなら、損したくないですよね?

これからFXをはじめようとしている方はもちろん、はじめたばかりの方も参考にしてもらえるようにまとめてみました!

図解でわかる!FXとは?

FXとは?FXとは「2つの国の通貨を売り買いする取引」のことです。英語で「Foreign Exchange 」の略から国内ではFXと呼ばれています。

といっても、あまりピンときませんよね?では海外旅行をイメージしてみましょう。

FX仕組み 図解

海外旅行で現地の通貨と円を交換しますが、これもFXです。

FXとはこの両替をインターネット上で行い、為替差益で利益を出す投資のことです。

1ドル100円で買って、110円で売れば1ドルの売買の時は10円の儲けですが、同じ取引を1万ドルでしていた場合、10万円の利益が出ます。

FXは通貨ペアで両替する!

通貨ペア両替

ここでポイントとなるのは、FXは「2つの通貨ペアでの両替」ということです。

「日本円をアメリカドルにしてからユーロにして、日本円に戻す」

といったことはFXでは出来ません。

基本的には通貨ペア間で1回両替して、為替レートが変動した後にまた戻して損益を確定させる。

これがFXの最も基本的な原理です。

また株取引と違い、平日日中だけでなく各国の市場に合わせてほぼ1日24時間取引が可能です。

FXと外貨両替の違い

証拠金

FXと外貨両替取引の違いはなにか?ですが、FXを正式な名称で表すと「外国為替証拠金取引」といいます。

外国為替というのは先の両替の話とほぼ同じですね。

では「証拠金」とは何なのでしょうか。

「証拠金」とは簡単に言うと取引の元手となるお金です。元手となるお金をFX取引専用の口座に移して、はじめて「証拠金」となります。

この「証拠金」が無いとFXはできません。

つまり投資のためのお金がどれだけ潤沢にあっても、FXの取引専用口座に移さなければ証拠金は0円ですので、FXは出来ません。

FXの始め方としてはまずはFX取引会社で取引専用口座を開設すること、そしてその口座に証拠金を入れることが第一歩となります。

証拠金以上の取引ができる レバレッジ

ドル円の場合、1日に価値が動いても1円前後で、1ドルで1円しか儲かりません。これでは投資として魅力的じゃないですよね?

FXでは取引口座に入金したお金以上に取引を可能とする「レバレッジ」という仕組みがあります。

レバレッジ

「レバレッジ」は「テコの作用」、つまり「レバー」が語源と言われています。

証拠金に倍率をかけて、例えば「レバレッジ=25倍」であれば、証拠金に対して25倍相当の取引が出来るのです。

レバレッジ25倍の場合、証拠金が5,000円であれば125,000円分の取引が出来ます。

証拠金維持率とは

証拠金維持率ただし、もちろんメリットだけでなくデメリット=リスクも存在します。

そのリスクに触れる前に、必要な考え方に「証拠金維持率」というものがあります。

FXは証拠金を元手に取引をしているため、「証拠金の内、取引にどれだけ使用しているか、残りの分はどのくらいか」というのが非常に重要になってきます。

ほとんどのFX会社では、証拠金維持率がリアルタイムで確認できます。証拠金の金額が、取引で使用している額を割り込むと証拠金維持率が100%を割り込みます。

そして、証拠金維持率が100%を割り込むと、強制決済される危険性が出てきます。

米ドル円で考えてみよう!

ドル具体的な例で見てみましょう。

証拠金は5,000円、レバレッジ25倍で125,000円分までの取引が可能です。

レートを1ドル=112円としましょう。

この条件で1,000通貨単位分買ったとします。

※FXでは「通貨単位」という表現を使います。この場合は、「ドル円」というドルを軸とした通貨ペアのため、1,000通貨単位=1,000ドルとなります。

取引に使用した分は112円×1,000ドル分=112,000円相当。

証拠金の残りは「3,000円!」と言いたいところですが、レバレッジが25倍なので、3,000÷25=120。

証拠金の残りは120円となります。

今回は1,000通貨単位分を買ったので、1ドルあたり1円動くと1,000円分です。

先の証拠金の残りが120円だったので、1ドルあたり0.12円(12銭)分下がると、証拠金維持率が100%を切ります。

追証とロスカットについて

ロスカットでは、証拠金維持率が100%を割り込むとどうなるのか。

取引会社ごとに決まりが異なりますが、取引会社が設定した時間に判定され、その時点で証拠金維持率が100%を切っていると、「追証」と言って証拠金を追加するよう言われます。

このとき、指定されている時間までに必要額を振り込まないと、強制的に決済されてしまいます。

この「決済」の考え方は少し後で紹介しますので、今は「強制的に決済される」ということだけ覚えて貰えればと思います。

判定時間は「ニューヨーククローズ」と言われるNY市場の閉まる日本時間の5時~6時頃や、東京市場クローズの時間にも判定があったりと、取引会社によって異なります。

ロスカットについて

そして、もう一つの強制決済が「ロスカット」です。

ロスカットとは証拠金に対して一定量以上の損失(評価損)が出た場合にポジションを強制的に決済し、それ以上に損失が増えないようにするための仕組みです。

ロスカットとは

FX会社ごとにロスカットの設定値が違うので取引前に必ず確認しましょう。

あくまでもロスカット機能は損失の拡大を抑えるための措置ですので、余裕を持った資金での運用をお勧めします!

金利差額も狙えるFX

スワップポイント

FXでは外国との金利差を狙って儲けを出すことも可能なんです。

日本円を売って、金利の高い国の通貨のポジションを持つことで毎日、外貨の金利分がもらえます。

これをスワップ益、スワップポイントと呼びます。こちらも詳しい説明はスワップポイントの説明で確認してください。

スプレッドについて

FX スプレッドちなみに、ここまで特に触れていませんでしたが、実は「売り」と「買い」の相場は異なります。

※売りのレートは「Bid」、買いのレートは「Ask」と表記されます。

この売りと買いの相場の差が「スプレッド」と呼ばれるもので、このスプレッドもFX取引会社ごとに異なります。

スプレッドとは

スプレッドとは通貨の買値と売値の差額の事を言います。

例えば1ドルを売る時は100円10銭、買う時は100円11銭とするとこの差額の1銭がスプレッドです。

つまりスプレッドは取引の手数料です。

このスプレッドが狭い(安い)ほど低コストで取引ができ、有利な条件でFXをすることができます。

よくニュースなどで表示される「1ドル=100円10~11銭」とは「売値=100円10銭、買値=100円11銭」という意味です。

逆にスプレッドが大きい通貨ペアでは、スプレッド分を超えて変動しなければ利益とはなりません。

このスプレッドは、どの通貨ペアで取引をするか考える際に重要な要素となってきます。

外貨両替より断然お得なFX!

外貨預金の場合、メガバンクなどでは、米ドル預金で片道1円、往復で2円もの為替手数料が徴収されます。

オーストラリア(豪)ドル預金など、米ドル以外の外貨預金では、手数料が2~3円と非常に高額になるのが一般的です。

それに対してFXの売買にかかるコストには、取引する際の買値と売値のわずかな価格差の、「スプレッド」がありますが、その金額は1銭~0.1銭程度です。

まとめ

FX キャッシュバックFXには大きく2つの儲け方があります。

  • 為替差益を狙う
  • スワップ金利を狙う

外貨預金に比べ手数料も低く、少額からはじめたい人もFXなら簡単にはじめられます。

また、レバレッジ効果により少額資産で大きな金額を動かすこともFXならではの特徴です。

仕組みをしっかり理解して、FXに挑戦してみてはいかがでしょうか。

特に初心者の方には、初心者向けの無料セミナーやツールが充実している外為オンラインをオススメします。

iサイクル注文と呼ばれる初心者が失敗せずに利益を出しやすいシステムを開発したFX会社です。はじめてのFXには得におすすめできるFX会社です。

 rdexcvb

人気No.1! 初心者向き! 中長期売買でスワップ収入 デイトレ!低コスト
DMMFX 外為オンライン YJFX GMOクリック証券

「FXをする時間が無い、だけど儲けたい!」そんなあなたに!

外為オンライン
外為オンライン

初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは初心者の方に最も選ばれている人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、FXのツールの性能や使い安さが業界トップレベルで初心者に選ばれています。

また、独自の無料セミナーを多数開催しており、98%の方がよかったと満足する結果も出ています(HP参照)。

取引スペックも優れていて、低コストかつスワップポイントも最高水準を誇り、満足度の高い会社です。

特徴をあげるとするならば、貰える金利が高く、長期売買に適しています。

*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンライン

↓↓76%がトータルでプラスの自動売買の詳細↓↓
外為オンラインのホームページ

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で65万人以上が口座を開設しています。

低スプレッド(低コスト)で使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはDMM FXが一番お勧めです。

FX本気で勝ちたいならDMM FXは必ず持っておきたい口座の一つです。

DMMFXのホームページ

スプレット大幅縮小!ヤフーのFX会社 「YJFX!」

YJFX

ヤフーのFX専門会社!各種人気の通貨ペアを有利な条件で取引ができるよう、スプレットは常に大幅縮小中です。

また、取引手数料、ロスカット手数料が0円など各種手数料がかからないのも魅力です。

そして、低スプレッド業者では、提供がほとんどない通常の1/10の1000通貨での取引ができ、低資金で始めることができるのが特徴です。

中でも最大の特徴は、FXのスマートフォンアプリです。

「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめの会社です。

「オプトレ」や「トレードコレクター」といった独自のバイナリーオプション、自動売買もできます。

最後に、YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

YJFXのホームページ

話題の自動売買! 利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネットのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレで選ぶなら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供する会社で、取引高も世界第1位、FX預かり資産国内第1位と最も安定しています。

人気の理由は低コスト、高金利にあります。

24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、わからないことの問い合わせに力を入れているのも大きな特徴です。(ヘルプデスク協会主催の「問い合わせ窓口/サポートポータル格付け」調査で最高評価獲得)

世界共通の王道としてGMOクリック証券は必ず持っておきたい口座の一つです。

GMOクリック証券のホームページ

低スプレッドで低コスト!「みんなのFX」 FXの入門書プレゼント!

みんなのFX

みんなのFXは全通貨世界最安水準のスプレッドを提供する会社です。

取引ツール画面がシンプルで使いやすいので、初心者にもおすすめです。

また、FXの入門書をプレゼントしてくれます。

そのため、実際の取引画面と本を見ながら始められるので、理解が早くできます。

自分の売買を客観的に分析してくれるツール「FX取引成績表」があるので自分のトレードの傾向がわかり、弱点を見つけることが可能です。

他の会社と比べ、早く稼げるようになると評判です。

また、バイナリーオプションもあるので50円からの少額でもFXができるのも魅力です。

日本の会社なので、安心して取引ができます。

FXの実力を早くつけたい方にお勧めです。

みんなのFXの口座開設

利益チャンスを追求するなら、iサイクル「外為オンライン」

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。 自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ