FX取引時間は? 仕事が終わってからでも取引OK!

FX 取引時間

「FX市場は24時間」とよく聞きますが、仕事が終わってからでも本当にFX取引ができるのでしょうか?

結果から言えば、「できます!」。仕事が終わってからのほうがむしろFX取引にピッタリ!

FXの1日と、どの時間帯に取引をするのが良いかを見てみましょう。

FXは24時取引可能 ―なぜ24時間取引ができるのか?―

FXの取引は24時間取引株の場合は、東証(東京証券取引所)などの取引所が実際に存在します。

外国為替市場(FX市場)では実際の取引所は存在せず、銀行などの金融機関がネットワークで結ばれてオンライン上で取引をしています。

FXが24時間取引できるのは、取引が次々と世界中を移動しているからなのです。

太陽が地球を一周するのをイメージするとわかりやすいと思います。

インターネットが普及し始めてからFX取引が盛んにおこなわれるようになったのも、それが理由の一つです。

FXトレーダーは、24時間の流れに沿って時間帯にあった取引をしていけばいいのです。

ではそれぞれの市場の特徴を見ていきましょう。

【オセアニア時間】6時~8時 ボラティリティ(値動き)・・・

FX市場の1日はオセアニア、ニュージーランドのウェリントン市場から始まり次にオーストラリアのシドニーが開きます。

ニュージーランドの重要な指標の発表がある場合や、前週の金曜日に大きな指標の発表があった場合などは例外で月曜日に大きく値動きがあることがあります。

ポジションを前の週から持ち越した場合です。土日の休みが明けて、月曜日の始値が先週の金曜日の終値と大きく離れる場合があるので気を付けましょう。

【東京時間】8時から15時 ボラティリティ(値動き)・・・

東京、香港、シンガポールの市場が順に動き出します。

時間的に現地時間が午後を迎えるニュージーランド、オーストラリアドルは比較的この時間帯に動きがあります。

特に中国、オーストラリアの重要な指標の発表の際には大きな値動きがあることがあります。

また、特にゴトー日と呼ばれる5と10のつく日と月末は日本企業の決済日であることが多く、海外への支払いのためにドルが多く買われます。

ゴトー日の朝9時55分の仲値が決まる時間に向けてドル円の買いが多くなります。そうすると比較的円安になりやすい傾向になります。

ゴトー日が祝祭日の場合は、繰り上げとなるので覚えておいてください。

ただ10時を過ぎると緩やかな値動きになる事が多く、3大為替市場の東京・ロンドン・ニューヨークの中でも特にレンジ相場となる事が多いのがこの時間帯の特徴です。

【欧州時間】15時から21時 ボラティリティ(値動き)・・・

フランクフルト、パリ、ロンドンとヨーロッパの市場が動き出すと、一気に動きが出てきます。ユーロ、ポンド、フランなどの欧州通貨が活発に取引されます。

アメリカの市場が大きいとはいえ、ヨーロッパの主要国が動いているロンドン時間は特に取引量が多くなっています。

ロンドン時間開始直後には大きな値動きがあることも多く、荒い値動きが起こりやすい特徴があります。

ヨーロッパの経済指標などの発表でさらに動きが活発になります。

こういった動きの後は、比較的落ち着いてきてニューヨーク市場参入まで取引量は少なくなっていきます。

ただし、日本時間24時(夏時間)25時(冬時間)前後になると東京の中値に当たるロンドンフィックスの時間となり、減少していたロンドン市場の取引量は一気に最大へと動きます。

この時間ユーロ、ドルが動きやすくなります。月末にはユーロ圏のイギリスとの取引のある会社の決済があり、ロンドンフィックスの時間にポンドが買われやすくなります。

そのほかにも、日本の外貨建て投信の価格設定が行われたりと、相場トレンドとは異なる独特な動きが起こりやすい時間帯となるので、注意が必要です。

【ニューヨーク時間】21時から6時 ボラティリティ(値動き)・・・

この時間帯からニューヨーク市場がオープンし、動きがさらに活発になります。ロンドン市場後半と時間が重なりますが、この時間帯からはほぼアメリカへシフトしています。

ニューヨーク市場の開始早々大きな値動きがあることがあります。

日本時間23時(夏時間)24時(冬時間)にニューヨークオプションカットがあります。オプションカットとは、簡単に言うとある通貨をあらかじめ定められた期日(権利行使日時)に、あらかじめ定められた価格(権利行使価格)で売買できる権利です。

よく為替ニュースで「109.00円OP6日NYカット」などと書かれています。

この時間帯前後には値動きが予想以上に大きくなることがよくありますので覚えておきましょう。

もう一つ、毎月第一週の金曜日のアメリカの経済指標の雇用統計は日本時間21時30分(夏時間)22時30分(冬時間)に行われるのが通例ですが、ドル円相場に大きな影響を与えることが多々あります。

初心者が雇用統計の発表の日にポジションを持ってしまってビギナーズラックで大当たりすることもあるかもしれません。

日本時間の午前2時以降ヨーロッパの市場が引けて、少し値動きも落ち着きますが、FRB議長の発言などがあれば、気は抜けません。

FXの取引に適している時間帯は?

FX 取引時間

FXの1日をざっと見てみていかがでしたか?

仕事の後にゆっくりと東京市場のトレンドを確認し、経済指標の予定に目を通し、21時ごろから万全の準備でFX取引ができることがお分かりいただけたと思います。

値動きの活発な時間帯にリアルタイムでFX取引をすることで、利益を出しやすくなります。

値動きのない時間帯は基本的に利益を出しにくく、値動きのあるほうがFXでは利益を出しやすいと言われています。

値動きがあるので損失も大きくなりやすくなりますが、まずは、値動きを追うことから始めて、値動きのない時間帯に取引をして慣らしていく方法をお勧めします。

少し慣れてくれば、値動きのある時間帯を狙って指値で事前に注文を入れることもできるようになります。

前に注文を入れることによって時間を有効に使ってFX取引に参加することができるのです。

実は土日も為替レートは動いている?

ざっと世界の市場を見たときに、中東の市場が出てこなかったことに気づきましたか?

実は、中東のアラブの国はイスラム教国でほとんどの国では金曜日がお休みです。

そうです、お気づきですか?土日に為替市場が動いている国があるのです。

残念ながら日本からこの土日の取引に参加できるFXの会社は現在ありません。

将来的に中東情勢が安定してくれば、FX取引が24時間365日できることになる日が来るかもしれないですね。

どこに口座を開けるか?

スプレッド、手数料、スワップ、通貨ペアなどの比較はもちろん大切ですが。以外と気にしてないところが、各社の取引可能時間です。

FX取引時間はどこも同じ?比較してみましょう!

主要各社取引時間比較

主要FX取引会社 月曜日 土曜日
DMMFX 7:00~ ~6:50(冬時間)

~5:50(夏時間)

GMOクリック証券 7:00~ ~7:00(冬時間)

~6:00(夏時間)

YJFX! 7:00~ ~6:50(冬時間)

~5:55(夏時間)

FXブロードネット 7:00~ ~6:55(冬時間)

~5:55(夏時間)

MONEXFX 7:00~(月曜日のみ) ~6:55(冬時間)

~5:55(夏時間)

SBI FXトレード 7:00~ ~6:30(冬時間)

~5:30(夏時間)

楽天FX 7:00~(月曜日のみ) ~6:55(冬時間)

~5:55(夏時間)

※クリック365の取引時間は表示されていません。

FXの取引時間は、月曜の7時から土曜日の早朝まで。各社ほぼ同じ時間で取引ができます。

そのほかには、メンテナンス時間は各社異なるので、要確認です。

FXは土日はお休みです。

日本の休祝日もトレード可能!

平日だけではなく、日本の祝祭日も実はトレードができます。日本の市場は動いていなくても、ほかの大きな市場が開いていれば取引が可能だからです。

平日24時間便利に取引ができるFXですが、注意しなくてはならないのは、アメリカ市場、ロンドン市場、その他の主要市場のカレンダーです。

例えば、日本は平日のクリスマスの日の市場はほぼ動きません。多くの市場が休場になるからです。

会社によっては取引ができない通貨ペアも出てきます。

そのほかにもアメリカとイギリスの祝日が重なっている場合だと、取引量自体が少なくなるので、値動きがあまりありません。

今までよりもさらに様々な海外のニュースに目を向ける機会が増え、FXを初めるとあなたの世界はぐんと広がっていきます。

FX取引時間のまとめ

  • 21時からが面白い
  • 土日を除いた24時間取引ができる
  • 各時間帯で特徴がある
  • 夏時間と冬時間に注意
  • クリスマス、年末は閑古鳥
  • 世界の祝祭日に左右される

利用するFXの会社から必ず上記の情報が配信されてきます。

夏時間と冬時間の切り替えや、休場のお知らせ、年末年始の取引可能時間など必ずチェックするのを忘れないようにしましょう。


人気No.1! 初心者向き! 中長期売買でスワップ収入 デイトレ!低コスト
DMMFX 外為オンライン YJFX GMOクリック証券

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で65万人以上が口座を開設しています。

低スプレッド(低コスト)で使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはDMM FXが一番お勧めです。

FX本気で勝ちたいならDMM FXは必ず持っておきたい口座の一つです。

DMMFXのホームページ

初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは初心者の方に最も選ばれている人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、FXのツールの性能や使い安さが業界トップレベルで初心者に選ばれています。

また、独自の無料セミナーを多数開催しており、98%の方がよかったと満足する結果も出ています(HP参照)。

取引スペックも優れていて、低コストかつスワップポイントも最高水準を誇り、満足度の高い会社です。

特徴をあげるとするならば、貰える金利が高く、長期売買に適しています。

*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインのホームページ

スプレット大幅縮小!ヤフーのFX会社 「YJFX!」

YJFX

ヤフーのFX専門会社!各種人気の通貨ペアを有利な条件で取引ができるよう、スプレットは常に大幅縮小中です。

また、取引手数料、ロスカット手数料が0円など各種手数料がかからないのも魅力です。

そして、低スプレッド業者では、提供がほとんどない通常の1/10の1000通貨での取引ができ、低資金で始めることができるのが特徴です。

中でも最大の特徴は、FXのスマートフォンアプリです。

「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめの会社です。

「オプトレ」や「トレードコレクター」といった独自のバイナリーオプション、自動売買もできます。

最後に、YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

YJFXのホームページ

話題の自動売買! 利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネットのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレで選ぶなら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供する会社で、取引高も世界第1位、FX預かり資産国内第1位と最も安定しています。

人気の理由は低コスト、高金利にあります。

24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、わからないことの問い合わせに力を入れているのも大きな特徴です。(ヘルプデスク協会主催の「問い合わせ窓口/サポートポータル格付け」調査で最高評価獲得)

世界共通の王道としてGMOクリック証券は必ず持っておきたい口座の一つです。

GMOクリック証券のホームページ

低スプレッドで低コスト! 「みんなのFX」 FXの入門書プレゼント!

みんなのFX

みんなのFXは全通貨世界最安水準のスプレッドを提供する会社です。

取引ツール画面がシンプルで使いやすいので、初心者にもおすすめです。

また、FXの入門書をプレゼントしてくれます。

そのため、実際の取引画面と本を見ながら始められるので、理解が早くできます。

自分の売買を客観的に分析してくれるツール「FX取引成績表」があるので自分のトレードの傾向がわかり、弱点を見つけることが可能です。

他の会社と比べ、早く稼げるようになると評判です。

また、バイナリーオプションもあるので50円からの少額でもFXができるのも魅力です。

日本の会社なので、安心して取引ができます。

FXの実力を早くつけたい方にお勧めです。

みんなのFXの口座開設

利益チャンスを追求するなら、iサイクル「外為オンライン」

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。 自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ