【超初心者用】儲けが10倍になる使い方別必須FX用語TOP25

FX用語を知らないと始まらない

FXを始める時に、聞き慣れない言葉に戸惑ったことはありませんか?

あるいは、FXについて理解を深めてから始めたいとは思っていませんか?

もし、そのような悩みを抱えられているのなら、このページで解決することができます。

なぜならこのページでは、用語の意味や使い方など必要なことをわかりやすく解説しているからです。

十分に理解をし、一緒にFXで今より余裕のある生活をおくりませんか?

まずは簡単に、FXについて触れてから用語について解説していきます。

FXとは?

FXとは為替差益を狙った取引FXとは、外国為替取引を繰り返して為替差益を得る投資方法です。

そのため株式投資とは本質的に違い、株式投資は企業の将来価値に投資しますが、FXは為替レートの差を利用して稼ぎます。

例えば、一般的に両替所で両替を行うには、元となる資金が必要です。

為替レートが1ドル=100円として、あなたが1万円しか持っていないとしたら、両替しても100ドルしか得ることはできません。

しかし、FXの場合、最初にFX業者に1万円の証拠金を預けておけば、最大で25倍の2500ドルまでの取引ができるようになります。

FXの最大の魅力

  1. 少ない資金で始められること
  2. 24時間いつでも取り組めること

先ほどの例を使い、為替レートが1ドル=110円に変わったとすると、2,000ドルを円に両替すると22万円になります。

そのうち20万円は元々なかったお金なのでFX業者に返し、差額の2万円があなたの利益になります。

元手の1万円を、3万円に増やせました

こうして利益を得るのが、FXです。

FXで勝つためには、チャートの分析が必要!

つまり、ギャンブルだと思われがちですがそうではなく、FXは投資なのです。

投資をしたくても、株式投資のように時間が限られてしまう取引は、サラリーマンの方や学生の人には難しいですよね。

しかし、FXはあなたの好きな時間にいつでも取引できるので、資産運用をしたい方にももってこいです。

ぜひ、FXで円滑に取引始めるためにも、基礎となる用語をしっかり理解していってくださいね。

FXの仕組みを理解するための用語5選

スプレッド

GMOクリック証券は低スプレッド低コストスプレッドとは、簡単に言うと、FXの手数料のことです。

為替レートの変化を利用しながら通貨の売り買いをするのがFXですが、海外の通貨を買う時に2つ価格が表示されます。

それは、ビッド(Bid/売)とアスク(Ask/買)です。

この売値と買値の差額分の事をスプレッドと言います。

例えば、ドル円取引の場合、買値が1ドル150円、売値は1ドル153円であれば、スプレッドは3円で、これがFX会社の利益にあたります。

また、スプレッドは、各FX業者が独自で設定するため、差があり、値段を比較して選ぶことができます。

取引を行うたびに手数料がかかるので、スキャルピングやデイトレードなどの取引を頻繁に行う場合は、より低スプレッドのほうが取引コストの削減に繋がります。

しかし、魅力的に感じる低も、約定拒否の発生やスリップページの発生の可能性もあります。

このことをふまえ、様々な運営上のサービス内容とのバランスを考え判断することをおすすめします。

レバレッジ

FXインカムゲインはレバレッジをかけると収入アップ!レバレッジとは、実際持っている資金の何倍もの力で取引を行う事ができるシステムの事を指します。

通常は、レバレッジ○○倍といった言い方をします。

2018年4月現在、最大レバレッジは25倍です。

【レバレッジの最大の魅力】

小さな元手で大きなリターンを狙えること

例えば、1ドル=100円のとき、1万ドル投資しようとしたら100万円が必要です。

ところが、FXならレバレッジ20倍にすれば、5万円で投資できるのです。
(5万円 x 20 = 100万円)

かつては100倍といったレバレッジも可能でしたが、金融庁の規制で、個人投資家は25倍が上限となっています。

このことから、レバレッジは資金にまだ余裕がない学生や主婦の方などにもオススメの方法です。

実は、レバレッジは1倍からかけられ、FXは手数料も安い分、十分に有益な取引が可能です。

初心者の方への注意
初心者の方は、2倍~3倍程度で始め、慣れてきたらレバレッジを増やしていきましょう。 

証拠金

仮想通貨証拠金とは、トレードで大きなお金を動かすために最低限必要な担保金です。

たとえば、通貨を取引したいのに、今あなたが資金を持ち合わせていないとします。

その場合に、証拠金という仕組みを使うことで、取引総代金がいらなくなり、少しのおカネで大きな取引が可能になり、レバレッジができます。

といっても、まったくいらないのではなく、担保として預け入れる必要があり、この預け入れる金銭を証拠金と呼び、証拠金を使用した取引のことを証拠金取引と呼びます。

証拠金取引のメリットは、投資効率の向上にもつながる極めて大切なものです。

ロスカット

強制ロスカットがあるから借金は無い?ロスカットは、トレーダーが、元金以上の損失を負ってしまうことを防ぐための仕組みです。

保有している外貨の持ち高(残高)の含み損が大きくなりすぎた時に、自動的に行われる強制決済のことを言います。

あなたがせめて借金を負うことがないように、証拠金維持率が一定水準以下になると、強制的にポジションを決済します。

ロスカット(Lose Cut)と理解するとわかりやすいですね。

ただし、相場が急激に変動すると、FX業者の強制ロスカットが間に合わずに、証拠金以上の損失が確定してしまうことも少なくありません。

また、証拠金維持率が何%で、強制ロスカットが行われるかは業者によって異なります。

最も多いのは、100%ですが、40%や50%のところもありますので注意が必要です。

FX初心者は特に注意
強制ロスカットがあるからといって、「元手以上の損失はしない」と油断はしないでください。

スワップポイント

FXで借金を負わないためにスワップポイントの仕組みを知ろうスワップポイントとは、通貨を取引することで得られる金利のようなものを指します。

「2国間の金利差から得られる利益(損失)」がFXのスワップ(正式名称はスワップポイント)です。

日本国内では、金利の差はありませんが為替市場では国を跨ぐことで、収益機会が生まれます。

例)トルコリラを買った場合:7.9%、メキシコペソ:7.4%の金利をもらえます。

スワップポイントの簡単な例

スワップポイントとは?欧州の金利が4%(金利水準は実際と異なる)

日本の金利が0.5%(金利水準は実際と異なる)

この場合、日本で0.5%でお金を借りて、欧州で4%で貸すことができれば、3.5%の利ザヤが得られますね。
(4%(豪州での貸出金利)-0.5%(日本での借り入れ金利)=3.5%)

これがスワップポイントです。

スワップ比較表

FXで取引をする為に知っておかないといけない用語9選

pips

スプレッドの単位FXは,異なる国どうしの通貨を交換する取引なので、円やドル、ポンドなど様々な通貨単位が使われています。

それを統一してくれる単位が「pips」です。

トレーダーは獲得利益を表現するときに「○○pips獲得」と表現することがほとんどです。

個人投資家のFXのトレードブログを見ると、「今日は20pipsの利益でした」というように「pips」という言葉がよく使われています。

ちなみに、米ドル/円の場合は、「1pips=0.01円=1銭」となります。

「pips」の理解を深めるために、つづりから意味を説明します。

「Percentage in point」は日本語訳をすると、「あるポイント(最小の通貨単位)での1パーセント(1/100)」と言う意味になります。

わかりやすい例文

円とドルの「pips」の変化を表すと、円の場合には1円が最小の単位となっているので、「1円 × 1/100 = 0.01円」と言う事になり「0.01円 = 1pip(1なので単数形 pips)」となり、「0.01円」は「1銭」なので「1pip = 1銭」と言う事になります。

次に、アメリカドルの場合には「ドル」の単位の下に「セント」と言う通貨単位があるので、「1セント × 1/100 = 0.01セント」となり、「0.01セント = 1pip」と言う事になるので、「1ドル = 100セント」ですから「0.0001ドル = 1pip」と言う事になります。

簡単に説明すると、pipsはFX特有の単位で、日本の円だけが特別で「0.01(小数第二位) = 1pips」、他の通貨ペアについては「0.0001(小数第四位) = 1pips」と覚えておけば問題ありません。

「円絡み」と「米ドル」に分けて、1pipsの変化がFX会社の注文画面のどこを指すかがポイントです。

仮に、110.710円で10,000通貨買って、110.960円で売った場合の獲得pips幅と損益額は、次のように計算できます。

獲得pips幅:110.960円-110.710円=0.25円=25pips

損益額:10,000通貨×25pips(0.25円)=2,500円

取引数量 × 差額(獲得pips幅) = 利益
上の式から、獲得pips幅を使い簡単に利益額が計算できることがわかります。

円高と円安

1万円をUSドルに交換したら1万USドルがもらえるわけではなく、別の通貨に交換するときには「為替(かわせ)レート」という比率で交換されます。

この為替レートは常に一定ではなく、「1ドル=90円」や「1ドル=120円」のように変化しています。

円高とは、ドル・ユーロなどの諸外国通貨に対して円の価値が高くなることを言います。

例えば、1ドル=90円だったのが、1ドル=120円になったとき、1ドル=90円のときは1ドル=120円の時に比べて、同じ円でも多くのドルに交換されることから、円の価値が上がったという意味で「円高」といいます。

逆に、円安とは、ルなどの他国通貨に対して円の価値が低くなることを言います。

例えば、1ドル=120円だったのが、1ドル=90円になったとき、1ドル=120円の時は1ドル=90円の時に比べて少ないドルにしか交換されないので、円の価値が下がったという意味で「円安」といいます。

 輸出輸入
円高
不利有利
円安有利不利
では、「円高」や「円安」は日本人にとってどのような影響があるでしょうか。(画像参照)

例えば、みなさんがアメリカへ旅行して買い物をするとしましょう。

上記の説明を参考に考えると、「円高」のときはドルに多く交換できるので、多く買い物ができたり、値段の高いものを買えたりします。

「円安」はその逆です。

日本から外貨に換える場合は円高のほうがお得だと覚えておくとわかりやすいですね。

通貨ペア

外為オンライン「通貨ペア」は交換する2国の通貨をいいます。

例えば、アメリカのドルと日本の円を交換する際の通貨ペアは米ドル/日本円、ユーロとアメリカのドルならユーロ/ドルとなります。

通貨ペアの種類や組み合わせはFX会社によって様々で、相場の変動が大きいなど特徴がたくさんあります。

注意
自分が取引を行いたい通貨ペアがあれば、その通貨を取り扱っているFX会社かは必ず確認しておきましょう!

【基本の通貨ペア】

ドル円米ドル円(USD/JPY)

ユーロ円ユーロ円(EUR/JPY)

英ポンド円英ポンド円(GBP/JPY)

ニュージーランド円 豪ドル円(AUD/JPY) – オーストラリアドル/日本円

ニュージーランド円NZドル円(NZD/JPY) – ニュージーランドドル/日本円

カナダドル円加ドル円(CAD/JPY) – カナダドル/日本円

シンガポールドル/日本円(SGD/JPY)

南アフリカランド円南アフリカランド/日本円(ZAR/JPY)

香港ドル円香港ドル/日本円(HKD/JPY)

スイスフラン円(CHF/JPY)スイスフラン円(CHF/JPY)

ユーロ米ドルユーロ/ドル(EUR/USD)

英ポンド /米ドル 英ポンド /ドル(GBP/USD)

オーストラリア 米ドル豪ドル /米ドル(AUD/USD) – オーストラリアドル//米ドル

ユーロ /英ポンドユーロ /英ポンド(EUR/GBP)

ポジション

ポジションポジションとは、外貨の持ち高(残高)のことをいい、決済せずそのまま維持している状態のことです。

つまり、売って何もなくなった時がポジションの解消ということになります。

またポジションは、買い持ちの通貨のことを買いポジションといい、売り持ちの通貨のことを売りポジションという2つに分類することができます。

例えば、1万ドル/円を買った場合は「1万ドル/円の買いポジションを持った」という言い方をします。

また、売り買いを一つもしていないときには、ノーポジションともいいます。

スキャルピング

FXスキャルピングでは通貨ペアの選び方も重要スキャルピングの言葉の意味は、アメリカインディアンが行っていた ”頭の皮を薄く剥ぐ” という意味で、スカル(頭蓋骨)からきた言葉です。

市場から薄い利益を剥ぎ取ることをイメージしたものです。

端的に言うと、スキャルピングはFXの取引手法の1つで、超短期売買のやり方です。

スキャルピングは何百、何千、何万回もトレードをすることで爆発的な利益を得る手法です。

数分から数十分で「売り」と「買い」、「買い」と「売り」を繰り返します。

スキャルピングの目標は、1回のエントリーで、数pips~10pipsくらいを抜くことです。

FX初心者の方は、トレンドに沿った取引をするのが一番分かりやすい手法です。

スキャルピングは、取引回数が多いのでコストを徹底的に下げなければ勝てない

トレード時間が短い分、利益幅も小さくなりますが、短い時間一定方向に動くところを取ることから、利益幅は小さいながらも一回あたりのトレードは利益になる確率が高くなります

1番トレードする回数が多い分、取引毎のコスト(手数料)が高いFX業者で取引してしまうととても損です。

そのため、取引コストが安いところでやるべき必要があります。これだけはスキャルピングをするうえでのFX業者選びのポイントになります。

ポイント
取引コスト(手数料)が安いFX業者を選ぶことです。
これだけはスキャルピングをするうえで忘れてはいけません。 

ロングとショート

FXのシステムトレード5種類ロングとは通貨ペア(交換する2国の通貨)を買うことを意味し、ショートとは通貨ペアを売ることを意味します。

まずは、単純にロングとショートを覚えましょう。

こう呼ばれる理由は、価格が上昇していくのは押し目を作りながらゆっくり(=long)上昇していきますが、価格が下落するのはその倍以上の速さ(=short)で下落するからと言われています。

簡単に表すと、右肩上がりの時にロングし、右肩下がりの時にショートするイメージです。

例えば

今アメリカに旅行に行ったら1ドル何円になるか考えてみましょう。それと同じことです。

  • 米ドル/円をロングするということは、「米ドルを買って、円を売る」こと
  • 米ドル/円をショートするということは、「米ドルを売って、円を買う」こと

このように、株と比べるとFX最大の特徴はある通貨を売って、ある通貨買うことが出来ることです。

デイトレード

FXデイトレードは1日完結型デイトレードとは、一回のトレードが数十分から数時間の間に行われるもので、1日10回程度のトレードを行います。

トレードは短期売買のため、小さな利幅を狙って利益を得る方法です。

翌日にポジション(残高)を持ち越さないので、大きな相場の変動にすぐ対応できます。

デイトレードは手軽にできるもののように伝える書籍や雑誌も少なくありません。

しかし、そのような感覚でデイトレードに手を出すと、間違いなく痛い目にあってしまいます。

なぜならデイトレードは、片手間で小遣い稼ぎで取り組めるものではないからです。

その分、その業界でプロフェッショナルになるくらいの気持ちで取り組んだら、その分だけ儲けを出していくことが可能なのもデイトレードの特徴です。

注意
上記に書いた通り、デイトレードは甘く見ると危険です。
その分、真剣に取り組むと必ず利益が出ますので、しっかりと取り組みましょう。

スイングトレード

FXシステムトレード生活スイングトレードは、ポジションの保有時間が数日から数週間におよぶ取引のことです。

ポジションの保有時間が長いため、1回のトレードで大きな利益を狙うことができます。

 

スイングトレードの特徴

  1. パソコンに常にへばりついている必要がない
  2. 大局を見てトレンドに乗ることで大きな利益を出すこと

スイングトレードは数日に1回のトレードです。トレードに慣れてくれば、スマートフォンなどで状況を確認するだけで十分な利益を上げられるようになります。

つまり、まとまった時間が取りづらい兼業トレーダーのためのスタイルと言えます。

また、為替市場は24時間動いていますので、どんな時間帯の職業でも可能です。

スイングトレードでは、短期間で売買を完結させるため、ファンダメンタル分析(企業の業績や成長性などに投資すること)よりも、テクニカル分析(チャートや過去の株価の値動きを表した指標を参考に、買い時や売り時を探り投資すること)を重視していくことになります。

スイングトレードを行う上で大切なこと

  1. 日々のチャート分析を怠らない
  2. 直感で取引しない(チャートやテクニカル指標などを役立てる)
  3. 短期での相場観をやしなう

これにつきます。

トレンドは、突然変わることはありません。

そのため、一度トレンドに乗れさえすれば大きな利益につながるのです。

キャリートレード

システムトレードおすすめ業者キャリートレードとは、金利の低い国の通貨を借りて他の金融資産を購入し、その後、購入した金融資産を一定期間保持した後に売却し、その購入時の相場価格と売却時の相場価格の差額から利益を出すことを目的としたトレードです。

FXのキャリートレードの特徴は、低金利通貨を借り高金利通貨を購入して利ザヤ(売値と買値の差額によって生じる利益)を狙う場合が多いということです。

つまり、スワップポイント(通貨を取引することで得られる金利)はキャリートレードによる収益減です。

【キャリートレードの呼び方、種類の例】

円キャリートレード
ドルキャリー
スイスフランキャリー

円で資金を調達して、高金利の外貨で運用するって意味で、円キャリートレードと呼ばれます。

なお、リーマンショックに端を発する金融危機以降は、米国の量的緩和政策でドルの金利が急低下したため、ドルキャリー取引も頻繁に行われました。

流動性が高くて調達しやすいドルが低金利なっていれば、キャリートレードの大チャンスだったわけですね。

また、スイスフランは主要通貨中最も低金利(超マイナス金利)であるので、これまたキャリートレードに大人気です。

キャリートレードとはFX市場における主要な利益獲得手段の一つです。

それは、安い金利で調達して高い金利で貸し出すことは、安いものを買って高いものを売るようなもので、金融取引のある種の本質だからです。

FXで利益を出すために知らないといけない用語11選

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは?FXを始めるにあたって、相場の分析は取引を行うことは必要です。

ファンダメンタルズとは、国や企業などの経済状態などを表す指標のことで、「経済の基礎的条件」と訳されます。

国や地域の場合、経済成長率、物価上昇率、財政収支などがこれに当たり、企業の場合は、売上高や利益といった業績や資産、負債などの財務状況が挙げられます。

ファンダメンタルズをもとに株価や為替の値動きを予測することをファンダメンタルズ分析といいます。

一般トレーダーの間では、ファンダメンタルズを略して「ファンダ」などと短縮した呼び方を聞きます。

ファンダメンタルズの使われ方

端的に言うと、ファンダメンタルズはを意味すると考えてください。

例えば「日本はファンダ的に強いな」と言われると、「日本の経済状態的に良いんだな」と言った意味合いになります。

弱点は、経済状況などの最新ニュースを手に入れるまでに個人投資家は時間がどうしてもかかってしまうので、相場が動き出すまでに間に合わないことがあります。

その為、基本的には長期の相場を分析する際に使われます。

しかし、短期の相場取引をする予定のFX初心者の方も、格段に予想がしやすく正確になりやすいため、知っておく必要があります。

テクニカル 分析

テクニカル指標とは?ファンダメンタルズ分析(国の財務状況)と違い、株価の過去の値動きパターンから将来の値動きを予想することです。

過去の分析から統計を出せば、大体の値動き予想がしやすくなるので、短期取引には欠かせません。

株価は長期的に見れば業績に一致してきますが、短期的に見れば業績と全く関係なく動きます。

テクニカル分析は、長期取引と短期取引どちらの場合に応じても、買いサインや売りサインを読み取って売買の参考にします。

簡単にいうと、値動きが下がった時に買い、値動きが上がった時に売り、少ない金利を重ねていく事で利益を得るときにより使えます。

難しく思うかもしれませんが、初心者の方でもコツをつかめば簡単に取引できるようになります。

テクニカル分析に関しては、当たる確率の高い行動の回数を重ねることが重要になります。

チャート

FXシステムトレードとは?FXでいうチャートとは、株式などの相場の動向をグラフにあらわしたものです。(辞書から引用)

株式投資で利益を上げるためには、「安い時に買って、高い時に売る」必要があります。

ところが、今の株価だけでは、値動きが上がるのか下がるのかは、判断しかねますよね。

次の4種類のチャートの種類から、自分の取引にあったチャートをみて判断することになります。

  1. 日中足(にっちゅうあし):5分足、10分足、1時間足、4時間足など1日より短い周期でチャートを形成しているもの
  2. 日足(ひあし):1日分の値動きを計算しチャートを形成しているもの
  3. 週足(しゅうあし):1週間分の値動きを計算しチャートを形成しているもの
  4. 月足(つきあし): 1ヶ月分の値動きを計算しチャートを形成しているもの

チャートは、上の種類で見ている時間や形状、「相場が下がっているか上がっているか」が明確に違います。

FX初心者の方は、自分が短期的、中期的、長期的取引のどの取引をしているのかを理解して使い分けることが重要です。

トレンド

FXスキャルピングでは上位足も確認しようトレンドとは、グラフで波のように表される相場の流れのことです。

人気の有り無しがはっきりしていて、人気のある通貨が買われることでその通貨の値段が上がっていったり、逆に人気の無い通貨が売られる事で、その通貨の値段が下がっていく事です。

また、横ばいの状態でさほど波打っていない状態、トレンドが発生していない状態を「レンジ」と呼びます。

為替や株式に限らず、一度相場に流れが生まれると、次の流れが出てくるまでの間は一つの流れが続きやすい、と言われています。

つまり、相場においては、トレンドに乗ることが1番大切です。

トレンドライン/節目

FX トレンドライン 重要トレンドラインとは、チャートのグラフ(ローソク足)の高値同士または安値同士を結んで引く線のことです。

安値同士を引いた右肩上がりの線を上昇トレンドライン、高値同士を引いた右肩下がりの線を下降トレンドラインといいます。

トレンドラインは、相場の流れを知るツールとして多くのトレーダーに使われています。

線を引くことで、漠然と図を見て判断するよりも、より分かりやすく理解することができます。

分析の際に非常に役立つので、初心者の方には特にオススメのやり方です。

トレンドラインの第一の役割現在のトレンドを正確に把握することです

順張り/逆張り

順張りとは、株価が上昇傾向(上昇トレンド)にあるときに買い、株価が下落傾向にあるときに売るといった、株価の方向に合わせて売買する方法です。

一方で逆張りとは、株価が急落したときに買ったり、株価が急騰したときに空売りするなど、株価の方向と逆で売買する方法です。

順張りの特徴

【メリット】

  1. 心理的に単純に買いやすいこと
  2. 株価の流れに乗るので、短期的に利益が出やすいこと

【デメリット】
株は上がり続けることはないため、買った瞬間が高値の天井であとは下がっていくだけで利益が出ない可能性があること

上昇している株を買うので、素直な投資行動といえます。

そのため、FX初心者にはオススメな方法です。

逆張りの特徴

【メリット】
下がり続けているときに、そろそろ上がると判断し購入するため、実際に上昇した場合には大きな利益を得るれること

【デメリット】
買った時から下がり続けてしまい、売るタイミングを失ってしまったときに、大損する可能性があること

逆張りはトレンドと反対方向へと取引を行うため、非常に難易度の高い取引方法として知られています。

日本人は、下がっていると買う傾向があり、売るタイミングを失い大損してしまうことが多くみられます。

順張り、逆張りともに分析をしっかりとしてから決断することが重要です。

成行注文

スプレッド 広がる株式を買ったり売ったりしたいときは、買い注文や売り注文を出す必要があります。

この方法は二つあり、その一つが成功注文です。(もう一つの方法は一つ前を参考)

成功注文とは、値段を指定しない注文方法です。

取引時間中に成行の買い注文を出すと、そのときに出ている最も低い価格の売り注文に対応して即座に注文が成立します。

同様に成行の売り注文の場合は、最も価格が高い買い注文に対応して注文が即座に成立することになります。

注意すべき点としては、成行注文は、注文さえ出せばすぐに買ったり売ったりできる反面、想定外の高い株価で買い注文が成立してしまい、低い株価で売り注文が成立してしまうこともあります。

ポイントは、取引の成立を重視したい場合には成行注文を使うことをオススメしますが、十分に気を付けて判断しましょう。

指値注文

おすすめなのはリピート型株式を買ったり売ったりしたいときに必要な注文方法の一つです。(もう一つの方法は一つ前を参考)

指値注文とは、買うもしくは売る値段を指定して注文する方法です。

指値注文の特徴は、買い注文であれば指値以下の株価、売り注文であれば指値以上の株価にならなければ絶対に注文が成立しないという点にあります。

このような事態を避けるためには、成行注文ではなく、ご自身が許容できる最高の価格(買い注文の場合)もしくは最低の価格(売り注文の場合)で指値注文を出した方が安全です。

そのため、購入価格や売却価格を重視したい場合には指値注文を選択することをオススメします。

逆指値注文

システムトレードは2種類ある逆指値注文は「価格が上昇し、指定した値段以上になれば買い」「価格が下落し、指定した値段以下になれば売り」とする注文方法です。

通常の指値注文で、それぞれ、「指定した価格以下で買い」、または「指定した価格以上で売り」とすることと逆の注文方法であることから「逆指値」と呼ばれます。

逆指値注文の活用方法

下の図から説明します。(外為オンラインから引用)

逆指値注文の方法は、不利なレートの時に売り買いします。

買った時の思惑と違い、損失の拡大を防ぎたい時や利益が確定していて、念のため決済注文をしておきたい時に使います。

 

逆指値逆指値2

キャピタルゲイン

FXキャピタルゲインのまとめキャピタルゲインは、保有していた資産の値段が変動することによって得られる収益のことを指します。

この場合の資産とは土地、建物、絵画、ゴルフ会員権、貴金属など幅広いもので、株式や債券などの有価証券も含まれます。

わかりやすく言うと、上記の例のような保有している資産を売却することによって得られる売買差益のことです

キャピタルゲインはインカムゲインに比べ、利益が大きくなる可能性があります。

売却した場合の株価は、購入した金額を大きく上回ることがあります。

しかし、デメリットとして、保有している資産を売却する場合は、価格が大きく下がる可能性があるため損失を被ることがあります。(キャピタルロス)

ですので、損をする可能性があろうと、その分大きな利益が出る可能性がある方がいにオススメです。

損したくない場合はおすすめしません。

インカムゲイン

FXインカムゲインで金利生活も可能インカムゲインとは、資産運用に際して、ある資産を保有することで安定的・継続的に受け取ることのできる現金収入のことを指します。

例えば、銀行預金や利付債券の受取利息、投資信託の収益分配金がそれに該当します。不動産投資の場合は家賃収入です。

インカムゲインの最大の特徴は、損をすることがないことです。

最も身近なインカムゲインは、預貯金を預けることによって得られる利息ではないでしょうか。

利息は半年に1回というように定期的に受け取ることができます。

FX用語のまとめ

FXルールで勝ちあがれ

FXを始める為には、用語を知っていないと非常に厳しいということがわかっていただけたでしょうか。

  • 意味
  • 使い方
  • メリット・デメリット
  • 初心者向けか慣れてる人向けか

などにわけて解説してきました。

しかし実際にやってみないとわからないというのも事実です。

またわからなくなったらぜひこのサイトに帰ってきてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


人気No.1! 初心者向き! 中長期売買でスワップ収入 デイトレ!低コスト
DMMFX 外為オンライン YJFX GMOクリック証券

「FXをする時間が無い、だけど儲けたい!」そんなあなたに!

外為オンライン
外為オンライン

初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは初心者の方に最も選ばれている人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、FXのツールの性能や使い安さが業界トップレベルで初心者に選ばれています。

また、独自の無料セミナーを多数開催しており、98%の方がよかったと満足する結果も出ています(HP参照)。

取引スペックも優れていて、低コストかつスワップポイントも最高水準を誇り、満足度の高い会社です。

特徴をあげるとするならば、貰える金利が高く、長期売買に適しています。

*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンライン

↓↓76%がトータルでプラスの自動売買の詳細↓↓
外為オンラインのホームページ

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で65万人以上が口座を開設しています。

低スプレッド(低コスト)で使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはDMM FXが一番お勧めです。

FX本気で勝ちたいならDMM FXは必ず持っておきたい口座の一つです。

DMMFXのホームページ

スプレット大幅縮小!ヤフーのFX会社 「YJFX!」

YJFX

ヤフーのFX専門会社!各種人気の通貨ペアを有利な条件で取引ができるよう、スプレットは常に大幅縮小中です。

また、取引手数料、ロスカット手数料が0円など各種手数料がかからないのも魅力です。

そして、低スプレッド業者では、提供がほとんどない通常の1/10の1000通貨での取引ができ、低資金で始めることができるのが特徴です。

中でも最大の特徴は、FXのスマートフォンアプリです。

「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめの会社です。

YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

YJFXのホームページ

話題の自動売買! 利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネットのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレで選ぶなら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供する会社で、取引高も世界第1位、FX預かり資産国内第1位と最も安定しています。

人気の理由は低コスト、高金利にあります。

24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、わからないことの問い合わせに力を入れているのも大きな特徴です。(ヘルプデスク協会主催の「問い合わせ窓口/サポートポータル格付け」調査で最高評価獲得)

世界共通の王道としてGMOクリック証券は必ず持っておきたい口座の一つです。

GMOクリック証券のホームページ

利益チャンスを追求するなら、iサイクル「外為オンライン」

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。 自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ