【簡単テクニカル分析!】MACDで相場をつかもう

FX MACD

数多くあるテクニカル分析から今回はMACD(マックディー)と呼ばれるものについてご説明していきます。

こちらのテクニカルは株取引を行っている方はご存知かもしれませんが、FXでも同じ手法として使われています。

FXにおいてMACDは分析方法としては比較的ダマシ、つまりサインが出たのに期待された動きにならなかった、というものが少ない点や、線が二本しかなく見方も難しくない事から高い信頼を得ている手法です。

この分析方法では、「現在のトレンドがどういったものか」「このトレンドはどれくらいの勢いを持っているのか」を判断する事ができます。

では細かくご説明していきましょう。

MACDとは?

MACDは正式にはMoving Average Convergence Divergenceというものです。

これは要するに、移動平均線を使った分析を発展させていった分析法です。

日本語では「移動平均収束拡散指標」と言います。

ここでは主に指標平滑平均(EMA)が用いられ、短期EMAと中期EMAの平均値を使って分析していきます。

このEMAというのは、移動平均線とは違い、今の時点から近い値に対してウェートを重くします。つまり、直近の数値を重要視した移動平均線だと思ってください。

MACDを扱ってみましょう

MACDでは線が二本あります。

この二つがクロスするタイミングであったり、それぞれの線の傾きから相場を考えていきます。

まず線の一つは「MACDライン」と言います。

もう一つは「シグナル」です。

基本的な売買シグナルの見方としてはMACDラインが0より下でシグナルを下から上へ抜いたときに買いだと言えます。

これはいわゆるゴールデンクロスの状態です。シグナルを下から上に突き破った時は買いだと覚えておくと良いです。

また、クロスしている時以外でもトレンドが判別できます。

例えばMACDラインが0より上にあって、シグナルを上から下へ抜いたときに売りとなります。

これはデッドクロスと言われる状態です。シグナルを上からまたいだ時は売りだと覚えておくと良いでしょう。

MACDラインだけ見ても現在のトレンドが掴めます。

このラインが0より上にあり、右肩上がりでしたらトレンドが発生していますが、その右肩上がりの傾きが弱かったり、右肩下がりになっていればと上昇トレンドは終わるかもしれないと考えた方が良いでしょう。

また、MACDラインが0より下にあり、右肩下がりですと下降トレンドが発生しています。

この傾きが大きければ加速しているトレンドですが、右肩上がりになったり、傾きがゆるやかですとそろそろトレンドが終わるので注意しましょう。

この様にわかりやすくて大変便利です。

同じMACDをテクニカルとして使う場合でも、表示の仕方などによって使いやすいや使いにくいがありますので、指標が見やすいFX会社を選べると良いと思います。

沢山ある指標でどれを使うべきか?

FXのツールは本当に色々種類があります。

しかもその中でどれが特別優れてるって事はなくて、自分に合ったMACDなどの指標を見つけてそれを磨いていく事が大切なので、まずは色んな指標をデモトレードや実践で使ってみる事が大事です。

その中から自分に合った指標を見つけて、それの精度を上げていく。それが大切です。

勝ってる人が使ってるから、自分もそれを使おうという感じではなく、自分がわかる物、使いやすい物から練習していく事が1番だと思います。

買っている人が使っているツールなどはあくまで参考程度に捉えておく事が大事です。

FXの口座を解説すればMACDなど、色んなツールが使えるようになりますので、まずは口座開設をして試しに使ってみるのが1番いいと思います。

まとめ-MACD

MACDはそのラインからトレンドが判断でき、シグナルラインとの交差によって売りシグナル、買いシグナルがわかります。

ただ、MACDはレンジ相場(ボックス相場)ではあまり動かないため、参考になりません。

トレンドが発生している時に大きく成果を出すものです。

また、価格の平均を求めそこから算出する指標になるので、とても短い時間で価格が上下した場合は参考にならない時があります。

ぜひ実際に試してみて頂けると良いと思います。


初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買でスワップ収入 自動売買でプロのようにFX
外為オンライン GMOクリック証券 マネックスFX 外為オンライン

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で60万人以上が口座を開設しています。

低スプレッド(低コスト)で使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはDMM FXが一番お勧めです。

FX本気で勝ちたいならDMM FXは必ず持っておきたい口座の一つです。

DMMFXのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレで選ぶなら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供する会社で、取引高も世界第1位、FX預かり資産国内第1位と最も安定しています。

人気の理由は低コスト、高金利にあります。

24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、わからないことの問い合わせに力を入れているのも大きな特徴です。(ヘルプデスク協会主催の「問い合わせ窓口/サポートポータル格付け」調査で最高評価獲得)

世界共通の王道としてGMOクリック証券は必ず持っておきたい口座の一つです。

GMOクリック証券のホームページ

ドル/円スプレッドは驚きの銭! 4千円から取引OKの 「マネックスFX」

マネックスFX

株取引でも有名で東証一部上場グループのあのマネックス証券が運営するFX口座

大手ならではの手厚いサポートと安全性はトップクラス!

スマホ取引はもちろんの事、様々なFX取引セミナーやツールは創業20年近くだからできる充実さ

一般的な購入単位10000通貨の10分の1、1000通貨のトレードも可能で、少なくとも約4千円さえあればFX取引が可能で手軽に始められる!

その上、ドル/円の低スプレッドも多くのトレーダーに支持されるポイントの1つ!

1日に貰える金利(スワップ)は業界トップクラス、長期の取引スイングトレードでも十分戦える水準です。

これから始める方、長期取引を考えている人にオススメです!

マネックスFX

初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは初心者の方に最も選ばれている人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、FXのツールの性能や使い安さが業界トップレベルで初心者に選ばれています。

また、独自の無料セミナーを多数開催しており、98%の方がよかったと満足する結果も出ています(HP参照)。

取引スペックも優れていて、低コストかつスワップポイントも最高水準を誇り、満足度の高い会社です。

特徴をあげるとするならば、貰える金利が高く、長期売買に適しています。

*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインのホームページ