オシレーター系指標って?どうやって使うの?

オシレーターって何?

オシレーターとは?

オシレーターとは?テクニカル分析を大きく分類するとオシレーター系指標トレンド系指標に分かれます。

オシレーター系と呼ばれるものは何に注目しているかというと、チャートとは売り勢力と買い勢力の均衡を示す表なわけですが、その表を分析して買われすぎている状況か、売られすぎている状況かを示す指標です。

投資家の心理状態を数値化したものと考えるとわかりやすいかなと思います。投資家心理が売りならば売りが強いし、逆ならば買いが強い、というのは当然ですよね。

なので相場が今売り、買い、どっちに勢いがあるのか?を示してくれるのがオシレーター系指標です。

オシレーター系指標をどう使う?

オシレーター系指標

「じゃあ、どうやって使うの?」っていうのが、初心者の疑問だと思います。オシレーター系にもいろんな指標があるし、とりあえずどうすりゃいいのよ?ってなるんですよね笑。

「オシレーター」のキーワードで検索して、いろんなサイトに行って、オシレーター系についての記述を読むと思うんです、皆さん。そうすると、オシレーター系で逆を張れ!とか、こうなったら売買サイン!なんていうルールが書いてあるんです。

多くのサイトを読めば読むほど、真逆のことが書いてあったりします。
で、結局何が本当かわからなくなって検索終了なんていうことがあるんじゃないでしょうか?

そこで、提案なのですが、こういう時には逆転の発想
大まかにとらえて、投資家心理を数値化したものがオシレーター系だとすればそれを有効に利用できるのはいつなのか?というのを考えてみましょう。

チャートには、大きく分けて3つの状況があります。

1. 買いトレンド 2. 売りトレンド 3. もみ合い

1.の場合買いトレンドということで市場のムードは買いなわけですよ。なので買いが強い。
2.の場合売りトレンドということで市場のムードは売りなわけですよ。なので売りが強い。
3. もみ合いの時、これすなわち売りと買いが均衡していてレンジでチャートが上下している時。

1.2の状況に関しては、投資家心理を数値化してみたとして、投資家の心理がトレンドを作り出したわけですから、結構明らかな状況ですよね? もちろん、1.の買いトレンドがいつまでつづくのか? まだ2.の売りトレンドが継続しているのか?などというのを知りたいときに、このオシレーター系の数値化は役に立ちそうな気がします。

3.のもみ合い相場の時には、売りと買いが均衡している状況ですから、ここから抜けてどちらかに振れると新たなトレンドができるわけです。もみ合いから抜けるタイミングと値動きの方向性が売り買いの投資家心理を数値化することで見えやすくなりそうな気がします。

売りと買いのバランスが崩れるからトレンドが発生するわけですよね。
ということは、オシレーター系は次のトレンドの方向性をキャッチするのに使えるかも。
さらに言えば、トレンド系の指標とオシレーター系の指標を組み合わせて使えば、もみ合いを見極めて、トレンドの方向性をつかめそうです。

そこで、実際のチャートで実験してみてください。現在進行形のチャートでやっていくのは大変かもしれないので、まずは過去チャートでもみ合い相場を探し出す。そこからオシレーター系の指標を使って結果を追ってみる。そうすることで指標の感じがつかめてくると思います。

それができたら、現在進行形のチャートに使ってみましょう。ついでに、デモトレードでやってみるのもいいかもしれない。こういう実験をやるときにでもアカウントは役に立ちます。

ぜひデモ口座を開設してみてください。

FXでは、単純に考えれば、どこでポジションを持ってどこで決済すれば稼げるか?というポイントを見つけてエントリーしていくわけなんで、自分なりに探していくしかありません。だって人が見つけた法則を、ネットであっという間に簡単に理解できるなら、みんなFXで稼いでますよ、今。

初心者とテクニカル分析

オシレーター系

それぞれの指標に長所短所があって、何に注目するかによって使う指標が変わってくるわけなんだけれど、初心者のうちはとりわけ「何に注目したら良いのかそれすらわからない」という場合が多いのではないかと思います。

そこから、試行錯誤を重ねて自分の手法を編み出していって初心者じゃなくなるわけだけど、やみくもに試すより、ちょっとした知識として今検索してオシレーター系って一体何なのかっていうのが漠然とわかったはずなので、これは自分が思い描くトレードスタイルに必要なのか?と判断してくださいね。

オシレーター系の指標の種類

よく使われるオシレーター系の指標をいくつか挙げておきます。

RSI(相対力指数)
オシレーター終値ベースで上昇・下降のどちらの勢いが強いのかを示す指標です。一定期間の終値ベースの変動幅を合計して上昇の幅が全体の何%かを示します。なので、0~100%で表されて、上昇が強いと50%を超えてきて、下降が強いと50%を下回ります。
一般的には、70~80%以上で買われすぎ、20~30%で売られすぎと判断します。

ストキャスティクス(推測統計学)

オシレーター一定期間の過去の高値、安値に対して、当日の終値がどのような位置にあるかを数値化したもので、「%K」「%D」「%SD」の3つの指数で構成されています。

基本の指数「%K」は、一定期間内に動いた値幅の範囲(最高値-最安値)を100とした場合に、現在の価格(最新の終値)がその何%のところに位置しているかを示します。

「%D」は、ある一定期間(%Kの設定機関とは異なる期間で設定するのが一般的)を決めてその期間分の%Kを平均した数値です。

「%SD」は、ある期間の%Dの平均をとったものです。

%Kは0~100まで、最新の価格が%Kを算出する機関の最高値に近ければ近いほど数詞は大きくない、最新価格が最高値なら100、最安値であれば0、仲値であれば50です。価格が上昇なら数値も上昇、下降なら同様に下降します。
%Dは、ある期間の%Kの平均の数値なので、同様に0~100です。ただし、動き方は%Kより遅れ、その%Dの平均をとった%SDはさらに遅れた動きになります。

サイコロジカルライン

一定期間中に、前日比で上昇した日が何%あるかを計算した指標。
通常12日間のデータを用いて、サイコロジカルラインが75%(12日間のうち9勝3敗)を下回った場合買いが過熱、25%(12日間で3勝9敗)を下回ると売りが過熱のシグナルとして使われます。

モメンタム

オシレーター系当日の終値からn日前の終値を引いて求める、短期的な動きを判断する指標。相場の上昇、下降の勢いをとらえます。

まとめ

オシレーター数あるすべての指標を知る必要はありません。

オシレーター系の指標を使った方がよさそうだと判断したならば、極めてみるのもよいかもしれません。

あ、ちなみに指標を使うならまずは計算式からきちんと理解しましょうね。これ大事です。
計算式を理解すれば、おのずと指標の示すものが理解できます。目隠しをして出された料理を食べるより、きちんと目で見て、料理の素材、色を確認してから口にしたほうがさらにその料理を味わうことができますよね。

どうしてもジェットコースターに乗りたいのであれば別ですが。


人気No.1! 初心者向き! 中長期売買でスワップ収入 デイトレ!低コスト
DMMFX 外為オンライン YJFX GMOクリック証券

「FXをする時間が無い、だけど儲けたい!」そんなあなたに!

外為オンライン
外為オンライン

初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは初心者の方に最も選ばれている人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、FXのツールの性能や使い安さが業界トップレベルで初心者に選ばれています。

また、独自の無料セミナーを多数開催しており、98%の方がよかったと満足する結果も出ています(HP参照)。

取引スペックも優れていて、低コストかつスワップポイントも最高水準を誇り、満足度の高い会社です。

特徴をあげるとするならば、貰える金利が高く、長期売買に適しています。

*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンライン

↓↓76%がトータルでプラスの自動売買の詳細↓↓
外為オンラインのホームページ

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で65万人以上が口座を開設しています。

低スプレッド(低コスト)で使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはDMM FXが一番お勧めです。

FX本気で勝ちたいならDMM FXは必ず持っておきたい口座の一つです。

DMMFXのホームページ

スプレット大幅縮小!ヤフーのFX会社 「YJFX!」

YJFX

ヤフーのFX専門会社!各種人気の通貨ペアを有利な条件で取引ができるよう、スプレットは常に大幅縮小中です。

また、取引手数料、ロスカット手数料が0円など各種手数料がかからないのも魅力です。

そして、低スプレッド業者では、提供がほとんどない通常の1/10の1000通貨での取引ができ、低資金で始めることができるのが特徴です。

中でも最大の特徴は、FXのスマートフォンアプリです。

「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめの会社です。

「オプトレ」や「トレードコレクター」といった独自のバイナリーオプション、自動売買もできます。

最後に、YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

YJFXのホームページ

話題の自動売買! 利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネットのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレで選ぶなら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供する会社で、取引高も世界第1位、FX預かり資産国内第1位と最も安定しています。

人気の理由は低コスト、高金利にあります。

24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、わからないことの問い合わせに力を入れているのも大きな特徴です。(ヘルプデスク協会主催の「問い合わせ窓口/サポートポータル格付け」調査で最高評価獲得)

世界共通の王道としてGMOクリック証券は必ず持っておきたい口座の一つです。

GMOクリック証券のホームページ

低スプレッドで低コスト!「みんなのFX」 FXの入門書プレゼント!

みんなのFX

みんなのFXは全通貨世界最安水準のスプレッドを提供する会社です。

取引ツール画面がシンプルで使いやすいので、初心者にもおすすめです。

また、FXの入門書をプレゼントしてくれます。

そのため、実際の取引画面と本を見ながら始められるので、理解が早くできます。

自分の売買を客観的に分析してくれるツール「FX取引成績表」があるので自分のトレードの傾向がわかり、弱点を見つけることが可能です。

他の会社と比べ、早く稼げるようになると評判です。

また、バイナリーオプションもあるので50円からの少額でもFXができるのも魅力です。

日本の会社なので、安心して取引ができます。

FXの実力を早くつけたい方にお勧めです。

みんなのFXの口座開設

利益チャンスを追求するなら、iサイクル「外為オンライン」

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。 自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ