【売れ過ぎ買われ過ぎがわかる】RSIとは

FX RSI

取引ではこれから何を買えばいいか、どう売ればいいかの取引の際に役に立つのが相場の分析です。

そういったテクニカル分析の中から今回はRSIというものについてご説明していきます。

このテクニカルはFXにおいて、「この通貨は売られ過ぎの状態か、買われ過ぎの状態か」が分かるというものです。

「前はこの通貨、100円だったのに今は90円になっている…これは大幅に下がって90円なのか、それとも元に戻ってきたんだろうか…」という時に役に立つものです。

またRSIは主にレンジ相場(ボックス相場)の時に効果を発揮するテクニカルになります。

では細かくご説明していきましょう。

FXで使われるRSIって何?

RSIはRelative Stength Indexの略で、相対力指数と呼ばれています。
frewqaq

一定期間における価格の変動幅から相場の買われ過ぎ、売られ過ぎ、をパーセンテージで表したテクニカル指数になります。

一定の変動幅でレートが上下を続ける相場のことをレンジ相場(ボックス相場とも言います)と言います。

そのレンジ相場での逆張り(トレンドの売買とは逆の売買をすること)には強いです。

ただ、トレンドの発生時には使い方に注意が必要な指標です。

実際にRSIに触れてみよう

RSIで一般的に用いられる期間の設定としては14日や9日の設定が多いです。

お使いの取引ツールの設定画面から確認してみくてださい。

一般的に、買われ過ぎ、売られ過ぎの水準はそれぞれ80・20%、75・25%、70・30%がよく用いられます。

図を見てもらえればわかりやすいと思いますが、買われ過ぎゾーンである30%を下回った時は買いのサイン、70%を上回った時は売りのサインで、その後相場が反転しやすいと言われています。

つまり「今、70%を超えている。という事は上がり過ぎなので、そろそろ下がるのでは?」といった判断ができます。

上を80%、下を20%と、厳しめにしておくとダマシを回避しやすくなるのでお好みで上と下を考えておきましょう。

また50%付近ではボックス相場になることが多く、その後は相場が大きく上下のどちらかに動くケースもあるので取引には注意が必要です。

他の指標と同じ様に、RSIも相場と照らし合わせて試してみて、自分にとって使いやすいかどうか判断してみるといいでしょう。

RSIの注意点って何?

使用するときは、相場がボックス相場を形成している時や、 比較的緩やかな上昇や下落しているときに威力を発揮するテクニカル指標となっています。

つまりRSIはどんな時でも反応が正確に出るわけではありません。

使い時を誤ると全然当てにならない場合もありますので、その点注意が必要です。

ただ、このあたりの注意点は、他の指標も同じです。

試してみて使える場所を見つけていくのがいいでしょう。

また、これも基本ですが、ろうそく足や、移動平均線などいくつかの指標を組み合わせる事が、判断をより正確にしていく近道だと思います。

近い指標としてストキャスティクスというのもあるので、それと併用して利用すると良いかもしれません。

まとめ-RSI

一本の線で表されるこの指標は、その通貨が売られ過ぎか買われ過ぎなのかの判断を補助するものです。

一般的に70%を超したら買われ過ぎなので下がる可能性あり。

30%を下回れば売られ過ぎなので上がる可能性ありと考えられます。

RSIはレンジ相場や相場の動きがなめらかな時に使えますが、トレンド状態をはじめ大きく動いている時には参考にならない時があります。

ぜひ一度お試しください。


初心者向き! デイトレ!低コスト 中長期売買でスワップ収入 自動売買でプロのようにFX
DMMFX GMOクリック証券 YJFX 外為オンライン

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で60万人以上が口座を開設しています。

低スプレッド(低コスト)で使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはDMM FXが一番お勧めです。

FX本気で勝ちたいならDMM FXは必ず持っておきたい口座の一つです。

DMMFXのホームページ

初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは初心者の方に最も選ばれている人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、FXのツールの性能や使い安さが業界トップレベルで初心者に選ばれています。

また、独自の無料セミナーを多数開催しており、98%の方がよかったと満足する結果も出ています(HP参照)。

取引スペックも優れていて、低コストかつスワップポイントも最高水準を誇り、満足度の高い会社です。

特徴をあげるとするならば、貰える金利が高く、長期売買に適しています。

*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインのホームページ

スプレット大幅縮小!ヤフーのFX会社 「YJFX!」

YJFX

ヤフーのFX専門会社!各種人気の通貨ペアを有利な条件で取引ができるよう、スプレットは常に大幅縮小中です。

また、取引手数料、ロスカット手数料が0円など各種手数料がかからないのも魅力です。

そして、低スプレッド業者では、提供がほとんどない通常の1/10の1000通貨での取引ができ、低資金で始めることができるのが特徴です。

中でも最大の特徴は、FXのスマートフォンアプリです。

「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめの会社です。

「オプトレ」や「トレードコレクター」といった独自のバイナリーオプション、自動売買もできます。

最後に、YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

YJFXのホームページ

話題の自動売買! 利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネットのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレで選ぶなら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供する会社で、取引高も世界第1位、FX預かり資産国内第1位と最も安定しています。

人気の理由は低コスト、高金利にあります。

24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、わからないことの問い合わせに力を入れているのも大きな特徴です。(ヘルプデスク協会主催の「問い合わせ窓口/サポートポータル格付け」調査で最高評価獲得)

世界共通の王道としてGMOクリック証券は必ず持っておきたい口座の一つです。

GMOクリック証券のホームページ

利益チャンスを追求するなら、iサイクル「外為オンライン」

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。 自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ