資産が返ってこない!「FXの信託保全」嘆く前に知っておこう

FX信託保全とは?

FX信託保全とは投資家を守る制度信託保全とは、投資家を守る制度です。

この制度は、FX会社が倒産した場合、投資家の投資資金を守るために、法律で定められています。

顧客から預かった資金(保証金)を、FX業者の財産とは区別した上で信託銀行等に管理を委託し、資金を保全する仕組みです。

つまり、万が一FX会社が倒産、破綻してしまった場合に、信託銀行等を通じて、預けていた資金が返却されるというわけです。

またFXで最も大事なのはリスク対策です。予期せぬ損害を被ることもあります。

このリスク対策において、まず知っておくべきことは、倒産しないFX業者を選ぶ、ということです。

あり得ますよ! FX会社の倒産

倒産する会社を選んではいけないFX会社が破綻してしまうケースはあります。

非常に稀なことですが、FX会社が100%破綻しないわけではありません

例えば、過去にこんなことがありました。

2015年1月、スイス銀行がスイスフランの対ユーロ相場に介入を続けていました。

しかし突然、介入を撤廃すると発表し、スイスフランが約40%暴騰してしまったのです。

この突然の為替変動により、英国大手のあるFX会社は、顧客の多大な損失をカバーできなくなってしまいました。

そのためこのFX会社は、破綻する事態になりました。

日本の場合は、損失を被ったFX会社はあったものの、スイスフラン自体、国内であまり取引されていない通貨でしたので、海外ほどの被害は出ていません。

ここで重要なのは、FX会社も破綻するリスクがあるということです。

ちなみに上記にある英国大手のFX会社を利用していた方は、破綻後、ちゃんとお金が返ってきたそうです。ヒヤヒヤしますね!

ですから、FXで儲けるという以前に、倒産・破綻してしまうようなFX会社を選ばないようにすることを覚えておきましょう!

お金が返ってくるとしても手続き等それなりに時間がかかり、その間手元にお金が無い状態になってしまいます。

でも、上記のことを注意していた上でも、FX会社が倒産しちゃったらどうしましょう?

もし本当にそうなってしまった場合、私たちの資産はどうなってしまうんでしょうか?

倒産したらFX会社にお金は取られちゃう?分別管理って何?

業者にお金を取られることはないご安心ください、FX会社から不正にお金を取られるということはありません!

FXというのは、法律の下で取引が行われています。

金融庁の管理下で、FX業者は金融法取締法に登録されていますので、不正などは当然行えないのです。

また分別管理とは、FX会社が保有している資産と、顧客から預かった証拠金とを別々に管理することです。

FX会社を選ぶときに、よく「信託保全」「分別管理」といった用語が出てきますよね?

FX初心者の方には、同じような意味なのかも?と思った方も中にはいると思います。

信託保全については最初にご紹介した通りですが、分別管理とは一体何でしょうか?

わかりやすく言うと、自分の会社の持っているお金と、お客様が預けたお金は、別々に保管しましょうね、ということです。

つまり、信託保全という仕組みの中の、分別管理という管理方法、というわけですね。

この分別管理も、金融商品取引業者すべてに法律で義務付けられています。

1つだけではない!信託保全の種類と特徴

FX信託保全の種類はどれを選ぶ?信託保全の中にもいくつか種類があります。

この項目では、それぞれ種類別の特徴を、簡単にご紹介いたします。

完全信託保全

顧客の証拠金を完全に金融機関の信託口座に預け、分別管理する。

分別保管

金融機関の信託口座は利用せず、自社内で分別管理する。

一部信託保全

顧客の資金の一部を金融機関の信託口座に預け、分別管理する。その上で、残りを自社内で管理する。

以上3つの種類があるわけですが、中でも「分別保管」と「一部信託保全」は注意しておくべきことがあります。

それは、FX業者が破綻してしまった場合、証拠金の一部が返ってこない可能性が高い、ということです。

ですので、FX業者を選ぶ際は、「完全信託保全」を選ぶべきです。

信託保全だからといって、全ての種類が安全だとは限りませんので、ご注意くださいね。

また、「週次信託」「日次信託」といった言葉があります。

これは、FX会社と信託銀行等との信託額を計算する期日を表しています。

「毎週」行われているのか、「毎日」行われているのか、という意味ですね。

実際どちらを選んだほうが、より安全なのでしょうか。

1週間に1度の金額調整ですと、その間も刻々と相場は動いて、口座に反映される金額も変わってきます。

その間の利益は保全対象に含まれないことになりますし、その間での新規注文での証拠金は含まれていないことになります。

また、信託残高を修正する期間が短いほど、経営状態が悪化したときに、経営者の意のままになるリスクが少ないため、安全性が高いといえます。

このことから、日次信託の方がより安全だといえますね。

さて、日次信託、完全信託保全を選べばよいということがおわかりいただけたと思います。

完全信託=全額保証ではない?! 保全範囲を調べよう!

FX信託保全は保全範囲を調べよう完全信託保全を選んだとしても、全ての金額が戻ってくるわけではない場合があります。

ここまでで、トレーダーの命ともいえる資産を、業者がどのように管理しているのかがわかりましたよね。

しかし、「完全信託保全を選んでさえいれば、全額保証されるんだ!」と思っている方、ちょっと、もう少しだけ、詳しくご説明させてください!

完全信託保全とはいいましても、さらにその中で2種類の保全範囲があります。

一つ目は、「証拠金のみを全額保全」

全額保全ではないタイプこれは、ポジションの評価損益や、受け取り前のスワップポイントは対象外となります。

つまり保護は一部に限られてしまい、全ての金額が戻ってくるとは限らないということです。

含み益が出ていた場合、その分は貰えないのでオススメできません。

2つ目は、「証拠金と、未約定ポジションの損益やスワップポイント、取引手数料を含めた全額を保全」

選ぶならこっち 全額保全のタイプ

これは受け取れるはずだった金利も支払われ、預け入れ資産の全額が保護されます。

以上の2種類の保全範囲があるわけですが、FX業者を選ぶ際はどちらにすべきだと思いますか?

そうですね、「証拠金を含めた全ての全額を保全」してくれる業者の方が安心ですよね。

FX業者がもし破綻してしまったときのことを考えれば、こちらを選ぶべきだとえいます。

このように、完全信託保全を謳っていたとしても、その保護の内容は会社によって異なります。

ですから、どこまでの範囲を保全してくれるのかも、詳しく調べておきましょうね!

信託保全先が潰れてしまったら?! 今度こそお金は返ってこない?

FX信託保全は法律で定められている結論から言うと、ちゃんと全額保護されますよ!

万が一、FX会社の信託保全先である信託銀行が潰れてしまっても、信託法により、私たちの資産が差し押さえられることはありません

この法律では、「信託されているお金は、FX業者のお金でも、預かっている信託銀行のお金でもない」と定められていますので、ご安心ください。

信託法15条「信託財産は受益者(信託銀行)のものではない」

同じく16条「信託先の信託受託銀行が倒産した場合でも、その債権者が信託財産を差し押さえることができない」

また17条では、「債権の相殺も禁止」となっています。

このように、信託法で顧客の資産保全を確約されております。

考えにくいことではありますが、もし、仮に信託銀行が破綻となると、日本の金融システムそのものが大混乱となり、国家問題に発展します。

というのも、国内の信託財産は投資信託や年金関連が大半を占めており、FX関連はごく一部だからです。

以上のことから、法律により私たちの資産はちゃんと保護され、もし信託銀行が破綻してしまっても、その資産は他の金融機関に移管されます。

安全性と人気で!FX業者を選ぶ際の指標とは?

FX信託保全は安全性と人気で選ぶFX業者を選ぶ際に、その安全性を確かめるには、「自己資本率」をみましょう!

自己資本率は3ヵ月毎くらいに発表され、固定ではなく結構変わったりします。

また、FX業者には、金融庁の指導により以下の義務付けがされています。

  • 100%を下回った場合、3ヵ月以下の業務停止、もしくは登録取り消し
  • 120%を下回った場合、新規口座開設の受付禁止
  • 140%を下回った場合、金融庁への届け出が必要

なるべく自己資本率の大きい業者を選びましょう!

また、「人気」がある、というのも指標の1つです。

何か問題があるなら多くの人は使いませんよね。

人気があるということは、それだけ多くの人が使っているということです。

もちろん、自己資本率や信託保全はちゃんとチェックした上でご検討くださいね。

信託保全おすすめのFX業者とチェックポイント

FX信託保全でおススメの業者

GMOクリック証券

  • 完全信託保全
  • 保全範囲は証拠金に実損益、スワップを加えたもの
  • 日次信託
  • 保全先「三井住友銀行・みずほ信託銀行・三井住友信託銀行・日証金信託銀行」
  • 自己資本率470.1%(平成29年9月末)
d8k67h

DMMFX

  • 完全信託保全
  • 保全範囲は証拠金に実損益、スワップを加えたもの
  • 日次信託
  • 保全先「日証金信託銀行およびソシエテジェネラル信託銀行」
  • 自己資本率341.9%(平成29年9月末)
tDMMFX

③ マネーパートナーズ

  • 完全信託保全
  • 保全範囲は証拠金に実損益、スワップを加えたもの
  • 保全先「三井住友銀行およびみずほ信託銀行」
  • 自己資本率415.8%(平成29年9月末)

FXの信託保全についてのまとめ

  • FX信託保全のまとめ信託保全とは、投資家を守る制度のこと
  • 完全信託保全、日次信託を選ぼう
  • 倒産しないFX業者を選ぼう
  • 信託保全先が潰れても、法律により全額保護されます
  • 業者の自己資本率を比較しよう

人気No.1! 初心者向き! 中長期売買でスワップ収入 デイトレ!低コスト
DMMFX 外為オンライン YJFX GMOクリック証券

初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは初心者の方に最も選ばれている人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、FXのツールの性能や使い安さが業界トップレベルで初心者に選ばれています。

また、独自の無料セミナーを多数開催しており、98%の方がよかったと満足する結果も出ています(HP参照)。

取引スペックも優れていて、低コストかつスワップポイントも最高水準を誇り、満足度の高い会社です。

特徴をあげるとするならば、貰える金利が高く、長期売買に適しています。

*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインのホームページ

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で65万人以上が口座を開設しています。

低スプレッド(低コスト)で使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはDMM FXが一番お勧めです。

FX本気で勝ちたいならDMM FXは必ず持っておきたい口座の一つです。

DMMFXのホームページ

スプレット大幅縮小!ヤフーのFX会社 「YJFX!」

YJFX

ヤフーのFX専門会社!各種人気の通貨ペアを有利な条件で取引ができるよう、スプレットは常に大幅縮小中です。

また、取引手数料、ロスカット手数料が0円など各種手数料がかからないのも魅力です。

そして、低スプレッド業者では、提供がほとんどない通常の1/10の1000通貨での取引ができ、低資金で始めることができるのが特徴です。

中でも最大の特徴は、FXのスマートフォンアプリです。

「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめの会社です。

「オプトレ」や「トレードコレクター」といった独自のバイナリーオプション、自動売買もできます。

最後に、YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

YJFXのホームページ

話題の自動売買! 利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネットのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレで選ぶなら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供する会社で、取引高も世界第1位、FX預かり資産国内第1位と最も安定しています。

人気の理由は低コスト、高金利にあります。

24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、わからないことの問い合わせに力を入れているのも大きな特徴です。(ヘルプデスク協会主催の「問い合わせ窓口/サポートポータル格付け」調査で最高評価獲得)

世界共通の王道としてGMOクリック証券は必ず持っておきたい口座の一つです。

GMOクリック証券のホームページ

低スプレッドで低コスト! 「みんなのFX」 FXの入門書プレゼント!

みんなのFX

みんなのFXは全通貨世界最安水準のスプレッドを提供する会社です。

取引ツール画面がシンプルで使いやすいので、初心者にもおすすめです。

また、FXの入門書をプレゼントしてくれます。

そのため、実際の取引画面と本を見ながら始められるので、理解が早くできます。

自分の売買を客観的に分析してくれるツール「FX取引成績表」があるので自分のトレードの傾向がわかり、弱点を見つけることが可能です。

他の会社と比べ、早く稼げるようになると評判です。

また、バイナリーオプションもあるので50円からの少額でもFXができるのも魅力です。

日本の会社なので、安心して取引ができます。

FXの実力を早くつけたい方にお勧めです。

みんなのFXの口座開設

利益チャンスを追求するなら、iサイクル「外為オンライン」

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。 自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ