【76%が利益?】自動売買って実際アリ?ナシ?シストレの正しい使い方

初心者でも稼げるシストレとは

全自動取引で、あなたが寝ている間にも利益が貯まっていきます!

システムトレードで専門知識不要でフルオート取引を!

FX会社のこんなキャッチコピーに興味を覚えたことはありませんか?

シストレというのはシステムトレードの略なのですが、FXをやろうと考えたとき「寝ている間に出来るFXってなんだろう…」と、楽して稼げるらしいこれらシストレが心のどこかで気になっている方は多いと思います。

はっきり言って、胡散臭い。

でも「本当に楽して儲かるなら…」と、興味を捨てきれない自分もいる。

だって本当に広告通りならもちろん是非やってみたいですよね!

そんなあなたのために、今回はシストレについて徹底解説してみたいと思います。

ちなみに結論から言うと、FXを始めたばかりの方にはシストレはあまりオススメ出来ません。

なぜなら自動化するためには、そもそもの仕組みが分かっていないと使いこなせないからです。

「取引のどの部分が自動になっているのか」だとか、「この設定を変えるとどのような影響があるのか」など理解できて初めてシストレを使いこなせることができますが、いまあなたの知識で、自分の使いやすいようにシストレをカスタマイズできますか?

おそらく初心者にはとても難しい問題だと思います。

それにシストレを運用するにはある程度の資金力がないと話にならないので、「少額からFXを始めたい」という方にはそもそも選ぶべきではないと思います。

なぜならシストレの運用シミュレーションと実際の運用は異なっています。

実際はシステムを走らせて検証し、また条件をチューニングするという作業の連続であり、そのなかで安定運用の道を模索するものなので、ある程度の損失や検証に費やす資金は必要ということになります。

しかし繰り返しの検証を以てしても、シストレを安定運用するには、かなりハードルが多いです。

「ハードルが高い」のではなく、「多い」と表現しましたが、シストレは設定を少し変えるだけで大きく損益が変動します。

ですがそれらの一つ一つが噛み合っていけば、気持ちでブレることなく淡々と利益が上げられます。

そういった意味では、シストレというのは、自分の予想が外れたときの「保険」であり、儲け方のチャネルを増やす、そんな使い方が理想的ではないかと私は思います。

ただし「必ず勝てる」とか、安定した利益を「確実にもたらす」、なんていうものは存在しません。

そんなものがあればみんなそれを使って、苦労なく利益を上げまくりですから。

少しでも自分が「利益が上がるはずだ」と思っている根拠を、シストレの設定に組み込み、自分が取引をフォローできないときのために、自動売買を行う。

そんな形を目指したいですね。

そもそもシストレってどんなの!?

初心者 シストレシストレの具体的な話に入る前に、そもそも「シストレってなんぞや」という話からしたいと思います。

シストレとは、「システムトレード」の略で、設定した条件で自動売買される仕組みです。

ここでポイントとなるのは、その設定した条件が、どんな条件かということです。

シストレには2種類あり、この条件を自分でカスタマイズ出来るのが「開発型」と言われるタイプ、もう一つは、ベースとなる条件があって自分で一部設定する「設定型」というタイプです。

開発型のメリットは自身で細かく条件を設定できることですが、非常に専門的な知識が必要です。

そのため、多くの方は「ストラテジー」と呼ばれる設定条件を提供している会社から選ぶのが一般的です。

ストラテジーというと、「戦略」という意味で、シュミレーションゲームが好きな人なんかは馴染み深いかもしれません。

FXではこのシステムトレードで設定する条件を、ストラテジーと言います。

このストラテジーを、完全に自分で設定するのか、ある程度既に用意された中から選択するのか、設定の自由度がどれくらいかというのが、ポイントとなります。

初心者にオススメのシストレは?

シストレは「既にある程度基礎知識がある方がやった方が勝ちやすい、運用しやすい」というのが私の個人的な意見ですが、だけどやっぱり興味がありますか?

使いこなせれば寝てても稼げるわけですから、初心者だってやってみたいですよね!?

分かりました。

そんな方にオススメなのは、ずばり「設定型」と言われるものです。

設定型というのは、自分でいくつかの条件の設定は可能ですが、ベースとなる条件はFX

取引会社が用意してくれています。

例えば、マネースクウェア・ジャパン(M2J)の「トラ・リピ」は同社の専売特許であり、シストレの比較記事でも多く取り上げられています。

このトラリピというのは、「トラップリピート」の略で、他社も追随しようと真似しましたが、特許を取っているため他社では出来ません。

ちなみに、このトラップリピートというのは、正確にはトラップリピートイフダン注文と言います。

順を追って説明すると、イフダン(IFD)注文というのは、いくらになったら買う、売るという「新規」の注文と、それをいくらになったら売る、買うという「決済」注文を同時に出す注文です。

そして、このイフダン注文を「リピートを繰り返し」ます。

このリピートによって、「繰り返し行ってくれる」というところが自動売買に繋がるのです。しかし、これだけでは、自動とは言っても、指定したIFD注文の条件にならなければ売買が成立しないので、なかなか上手く回ってくれず、待つ時間の方が長くなります。

ここでポイントとなるのが、「トラップ」の部分で、トラップとは指定価格を一定の間隔で配置して、複数の注文を同時に出すところです。

この、リピートIFD注文を複数本同時に出せるトラップというのが、トラリピのキモとなる部分で、1度に99本までの注文を出すことが出来ます。

至れり尽くせりの初心者向けシストレの決定版「らくトラ」

トラリピだけでも十分凄いのですが、さらに「らくトラ」というサービスがあります。

らくトラは、「らくらくトラリピ」の略で、トラリピをさらに簡単に出来るように、入力がより簡単になっています。

通常のトラリピでは現在のレートを考慮し、スタート価格やトラップ本数、イフダンを何円間隔で配置するか(=トラップ値幅)を入力する必要があります。

これに対してらくトラでは、レンジと本数の入力だけで指値、逆指値を自動計算してくれます。

ただし同時に複数本の注文を出すということは、それだけ多くの証拠金が必要になります。

またM2Jはクイック入金が1万円以上だったり、スプレッドや手数料の設定が元々資金力がある人向けのFX会社ですので、条件はよく確認してからの方がいいです。

※クイック入金とは…リアルタイムかつ手数料が無料となる入金方法です。

FX取引では、取引専用口座に移したお金を元に取引を行います。

このときの最初の入金以外に、マイナスが膨らんだときの追加入金をする必要が出てきます。

通常の銀行振込では手数料がかかったり、反映に時間がかかるため、このクイック入金というのが入金の主流になっています。

クイック入金の最低金額が、1万円であれば、数百円だけ証拠金(=取引口座に移したお金)が足りなくても、プラス1万円用意しなくてはなりません。

他には振込手数料や反映時間に注意して、通常の銀行振込を行うという選択肢もあります。

中級者の方向けのシストレ

シストレ EA先ほどの「トラリピ」や「らくトラ」の話は、あくまでも「初心者の方がシストレをやるのであれば」という条件でのオススメです。

しかし、「トラリピ」や「らくトラ」というのは、通常の「裁量トレード」の中での注文方法に過ぎません。

恐らくシストレに興味がある方は、本当の全自動取引について知りたい方も多いと思います。

ここからは「EAを自分で開発するほどしゃないけど、自分でいくつか設定したい」というFX中級者向けの話をしていきたいと思います。

ストラテジーとEAの違い

全自動取引を始めようと思ったとき、「ストラテジー」という言葉と、「EA」という言葉に出会うと思います。

同じような意味で使っているサイトなども多いですが、中級者と上級者を分ける話にも繋がるので、ここから説明していきましょう。

ストラテジーが、シストレ上での条件、設定ということは先に触れました。

では、EAとは何か。

EAは、「Expert Advisor」の略で、意味としては、ストラテジーと同じです。

ただし、EAは「プログラミング言語で書かれている」というのがミソです。

このEAは、MT4という全自動取引ソフトで使用します。

そう、ここが中級者と上級者の分かれ目なのです。

中級者の方は、プログラミング知識が不要で、既にストラテジーとして条件が用意されている設定型を選びます。

上級者の方は、開発型と言って、MT4を使って、EAを駆使できる人のことです。

このEAを既存のものを購入するか、自身で作れるかで上級者の中でもさらに分かれます。

※MT4とは、「メタトレーダー」というフリーソフトです。

インジケータ(指標)と呼ばれるテクニカル分析を自由に組み込める他、先ほどのEAを使って自動取引も出来ます。

ただ、MT4は分析、自動売買のプログラムを組むことが出来ますが、当然FXの取引そのものは取引会社を通す必要があります。

そのため、MT4に対応している取引会社を選ぶ必要があるということですね。

FX中級者とは?

ということで、FX中級者向けのシストレはMT4を使うタイプではなく、ストラテジーを選択する設定型でした。

ただここで注意して欲しいのが、テクニカル指標の用語が最低限分からないとストラテジーを選ぶことすら、ままならないということです。

これがFXの中級者向けという理由です。

もちろんストラテジーがよく分からなくても、人気のある=実績を出しているストラテジーを選択して、運用シミュレーション結果から選ぶことも出来ます。

しかしそれだと「はたしてギャンブルと何が違うのか?」というのが私の考え方です。

確かによく分からないから専門家に選んでもらうというのは投資信託に似た考え方ですが、シストレでは効果を見極めるまでにそれなりに資金力が必要です。

好成績を上げているシストレトレーダーでも、ストラテジーの入れ替えやよりよいストラテジーがないか、常に試行錯誤しています。

単純に「このストラテジーがいい」というのを選んで、ダメだったから他のストラテジーを試してみようとやっても、資金力が持たない方がほとんどだと思います。

そもそも自動売買というのは、「こういう条件になったら、買う、売る」を自動でやっています。

そしてこの条件の多くはチャートのシグナルであったり、テクニカル指標、各種インジケータに合わせたものです。

その時点でトレンド相場に機能するトレンド系インジケータをベースにしているか、レンジ相場に強いオシレーター系インジケータをベースにしているかで、効果を発揮する局面が変わってきます。

さらに当然ダマシもあるので、それらをかいくぐるようなストラテジーを選択していくのです。

もちろん、選択するストラテジーは色々な場面で使えるように、複数選択するのが一般的です。

逆に言えば、ずっとチャートには張り付いていられないけど、こういうシグナルやインジケータが出たら取引して欲しいなぁと思っている方は、一気に運用益を伸ばすことが出来るかも知れません。

FX中級者にオススメのシストレ

FX中級者の方にオススメのシストレは、インヴァスト証券のシストレ24です。

ストラテジーが6,500種類以上あるというだけでも相当なインパクトがあります。

もちろん、ただ数があればいいという訳ではありませんが、世界中のトレーダーが考案したもので、微調整がされているものが多いというのもポイントです。

また、検索条件も細かく設定することが出来るため、ストラテジーを選ぶことに苦労することもありません。

ストラテジーを、(複数)選ぶ→チェック→入れ替えるという流れが非常にスムーズです。

また、FXのシストレと言えば、商品名を「シストレFX」にしているカブドットコム証券も紹介しておきましょう。

FXシストレの老舗というだけあって、最小通貨単位やスプレッドなど、いわゆる取引外車としての「スペック」、サービス内容は非常に充実しています。

さらに、他社と違う点で言うと、証券会社の特色を生かし、株式担保や投信担保が可能です。

株取引もする方には嬉しいポイントですね。

FX上級者のシストレ

シストレ 上級者FX上級者の方のシストレは、裁量FXもシストレもかなりご自身でやっている方だと思いますので、特に私がオススメする必要はないと思います。

そのため、どんなものかという概要を紹介しましょう。

EAを購入する場合

EAを自分で作成出来ない方は、購入する形となるわけですが、この購入する場合は当然、金額と効果のバランスを見極めなくてはなりません。

「利益が確実に上がる」EAを、数十万で買わされたものの、使い方も分からず騙されたという話が結構あります。

「ラクして儲けたい」という気持ちにつけ入られてしまった訳です。

個人的な意見としては、EAを購入するのは、購入に必要な金額をFXで稼げるくらいになってからでいいんじゃないかと思いますが、まぁ、それは言い過ぎにしても、まずはFXを自分でやってからの方がいいんじゃないでしょうか。

ちなみに、無料のEA

を提供しているサイトもあります。

ただし、あくまで無料のものですので、学習用や導入用のエントリーぐらいに考えておいた方がいいでしょう。

とは言え、EAが無料で使い放題というサイトも出てきています。

自分が「使える」と思うEAがあれば、使ってみるのもいいですね。

EAを作成する場合

EAを自分で作成する場合は、MQL4というプログラミング言語で作成します。

自分で覚えるための参考書なども多く出ています。

また、面白いところでは、製作依頼を出して、RAの作成を請け負っているところもあります。

厳密に言えば「自分で作る」とは違いますが、「あるものから買う」というのとは、一味違いますね。

さらに変わり種としては、EAの開発を補助するソフトもあります。

インジケータの組み合わせで、EAを作成し、プログラムの学習も可能です。

さらにこのソフトで作ったEAの販売も可能です。

シストレの正しい使い方のまとめ

シストレの正しい使い方について、FXの初級者から上級者までをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

初心者の方は、まずはFXそのものに慣れてもらいたいと思いますが、どうしてもシストレをやりたいということであれば、リピート注文系から入ってみるのがいいと思います。

中級者の方は、ストラテジー選択型から、自分に合う取引会社を選ぶのがいいんではないでしょうか。

上級者の方は、特に私のおすすめは不要だと思いますので、EA事情について紹介しました。

ここまで書いていて、強く実感したのは、やはり、単純な答えはないということです。

ビジネスチャンスを求めて、色々なサービス(注文方法やストラテジー、EAのサービス)が出ますが、それがいいか悪いかというのは単純に言えません。

例えば、ビジネスに置き換えても、ビジネス本が常に相当な冊数が出続けているのは、ビジネスが決して単純なものではない証拠だと思います。

あまり難しく考えすぎてもしょうがないのですが、かと言って簡単にどっちがいい、どっちが悪いというのも少し疑ってみるのもいいかもしれませんね。

少し話が大きくなってしまいましたが、シストレを考えているみなさんの参考になれば嬉しいです。


人気No.1! 初心者向き! 中長期売買でスワップ収入 デイトレ!低コスト
DMMFX 外為オンライン YJFX GMOクリック証券

初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは初心者の方に最も選ばれている人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、FXのツールの性能や使い安さが業界トップレベルで初心者に選ばれています。

また、独自の無料セミナーを多数開催しており、98%の方がよかったと満足する結果も出ています(HP参照)。

取引スペックも優れていて、低コストかつスワップポイントも最高水準を誇り、満足度の高い会社です。

特徴をあげるとするならば、貰える金利が高く、長期売買に適しています。

*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンラインのホームページ

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で65万人以上が口座を開設しています。

低スプレッド(低コスト)で使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはDMM FXが一番お勧めです。

FX本気で勝ちたいならDMM FXは必ず持っておきたい口座の一つです。

DMMFXのホームページ

スプレット大幅縮小!ヤフーのFX会社 「YJFX!」

YJFX

ヤフーのFX専門会社!各種人気の通貨ペアを有利な条件で取引ができるよう、スプレットは常に大幅縮小中です。

また、取引手数料、ロスカット手数料が0円など各種手数料がかからないのも魅力です。

そして、低スプレッド業者では、提供がほとんどない通常の1/10の1000通貨での取引ができ、低資金で始めることができるのが特徴です。

中でも最大の特徴は、FXのスマートフォンアプリです。

「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめの会社です。

「オプトレ」や「トレードコレクター」といった独自のバイナリーオプション、自動売買もできます。

最後に、YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

YJFXのホームページ

話題の自動売買! 利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネットのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレで選ぶなら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供する会社で、取引高も世界第1位、FX預かり資産国内第1位と最も安定しています。

人気の理由は低コスト、高金利にあります。

24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、わからないことの問い合わせに力を入れているのも大きな特徴です。(ヘルプデスク協会主催の「問い合わせ窓口/サポートポータル格付け」調査で最高評価獲得)

世界共通の王道としてGMOクリック証券は必ず持っておきたい口座の一つです。

GMOクリック証券のホームページ

低スプレッドで低コスト! 「みんなのFX」 FXの入門書プレゼント!

みんなのFX

みんなのFXは全通貨世界最安水準のスプレッドを提供する会社です。

取引ツール画面がシンプルで使いやすいので、初心者にもおすすめです。

また、FXの入門書をプレゼントしてくれます。

そのため、実際の取引画面と本を見ながら始められるので、理解が早くできます。

自分の売買を客観的に分析してくれるツール「FX取引成績表」があるので自分のトレードの傾向がわかり、弱点を見つけることが可能です。

他の会社と比べ、早く稼げるようになると評判です。

また、バイナリーオプションもあるので50円からの少額でもFXができるのも魅力です。

日本の会社なので、安心して取引ができます。

FXの実力を早くつけたい方にお勧めです。

みんなのFXの口座開設

利益チャンスを追求するなら、iサイクル「外為オンライン」

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。 自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ