【FXの北斗神拳】スプレッド比較を侮るな!人気で選ぶと失敗する?

スプレッドって?

スプレッドとは、簡単に言えばFX業者が通貨ペアごとに定めている取引手数料です。

正確には、FXの取引には買値(Ask)と売値(Bid)というものがあり、買値と売値の差額をスプレッドと言います。スプレッドを比較することで、取引手数料を最小に抑えて利益率をあげましょう。

買値と売値

FXの取引では通貨を買う時と売る時で価格が違っています。

為替取引において、買値と売値の両方を設定することを2WAYプライスと言います。

FX会社によって買値と売値は違う?

例えば、あなたが3社のFX口座を持っていて、同日同時間にドル/円の取引を行うとき、売値と買値が以下のように表示されていたとしましょう。

A社:買値=109円60銭 売値=109円55銭 スプレッド5銭

B社:買値=109円58銭 売値=109円55銭 スプレッド3銭

C社:買値=109円60銭 売値=109円56銭 スプレッド4銭

なぜFX会社によって買値売値が違っているのでしょうか?

それはFX会社によってスプレッドの幅を自由に設定することができるからです。

FX会社が表示する売値と買値は、実際の為替レートよりも数銭の金額が上乗せされているレートです。つまり、FX会社はスプレッドの幅を操作することで自社の利益を確保しているのです。

スプレッドがFX会社の利益になる仕組みは簡単です。

例えば、A社の場合

ドル/円を買値=109円60銭、売値=109円55銭のレート時に、売りと買いを同時に行ったとします。

買値の方が売値よりも高いので、トレーダーは5銭の損となります。

トレーダーはこの損となる5銭をカバーできるように取引を行いますが、FX会社はトレーダーが取引を行うだけで自動的にスプレッドによる収益が発生する仕組みになっているのです。

実質の手数料ですよね。

これを見て「でも、数銭くらいの手数料なら問題ない」と思った方がいるかと思います。

しかし!スプレッドは狭ければ狭いほど有利です。

特にデイトレードなど短期間に多くの取引を重ねるトレーダーは、スプレッドの違いで利益が全く違ってくるためFX口座選びでは重要なポイントになってきます。

スプレッドを比較してみよう

先述しましたが、スプレッドはFX業者や通貨ペアによって違います。

そのため、取引を始める前に利用口座会社のスプレッドを確認し、必要であれば比較することをおすすめします。

原則固定制と変動制

スプレッドはFX会社によって、固定制を導入しているところと、変動制を採用しているところがあります。

FX会社が発表しているスプレッド一覧表をみたら、まずは目的の通貨ペアが固定制か変動制かを確認しましょう。

原則固定制
基本的にスプレッドが変動することはない。メジャーな通貨ペアに多く採用されている。

変動制
相場によって常にスプレッドが変動する。固定制と表記がない場合は変動制のスプレッド。

利益を多くするため、スプレッドの幅はなるべく狭いものを選びましょう。しかし、いくら幅が狭いからといって安易に決めてはいけません。

スプレッドを比較する理由は、取引コストの最小化です。変動制の場合、選んだ時は狭くても、取引する時に広がっていることもよくあります。

取引コストを年間で計算したら、固定スプレッドの方が安かった!なんてことも。

そのため、基本的にスプレッドは原則固定のものを選びましょう。特に初心者は、慣れるまでスプレッド固定の口座で取引するのがオススメです。

トレードタイプによってスプレッドの重要性は違います。必ず自分のトレードタイプに合わせて、最適なFX会社を選びましょう。

トレードタイプでみるスプレッド

スプレッドが一番重要になってくるのはスキャルピングによる取引です。スキャルピング取引は短期間に複数回の取引を行い、小さい利益を積み重ねていく手法です。

複数回行う上に1度に得る利益が少ないなら、取引にかかるコストは少ないに越したことはありませんよね?そのため、特にスキャルピングではスプレッドが利益に影響を大きく与えます。

その場、その時に一番狭いスプレッド口座を使うのがベストです。

反対に、中長期運用を目的としたFX取引を行う場合は、スプレッドはそれほど重要になりません。

初心者のほとんどは「買ってから数日間ポジションを保有して売る」という手法を取る人がほとんどではないでしょうか。

であれば、原則固定の中で一番狭いスプレッドを選んでおけばまず間違いないでしょう!

FXのスプレッド比較のまとめ

  • スプレッドはFX会社が取引時に徴収する手数料。
  • スプレッドを比較すれば取引コストを下げられる。
  • FX会社によってスプレッドは違う。
  • 初心者は原則固定の一番狭いスプレッドを選ぶ。

各FX会社のスプレッド比較はこちらからも見れますので、ぜひご覧ください。


人気No.1! 初心者向き! 中長期売買でスワップ収入 デイトレ!低コスト
DMMFX 外為オンライン YJFX GMOクリック証券

「FXをする時間が無い、だけど儲けたい!」そんなあなたに!

外為オンライン
外為オンライン

初心者にお勧め「外為オンライン」

外為オンライン

外為オンラインは初心者の方に最も選ばれている人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、FXのツールの性能や使い安さが業界トップレベルで初心者に選ばれています。

また、独自の無料セミナーを多数開催しており、98%の方がよかったと満足する結果も出ています(HP参照)。

取引スペックも優れていて、低コストかつスワップポイントも最高水準を誇り、満足度の高い会社です。

特徴をあげるとするならば、貰える金利が高く、長期売買に適しています。

*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

外為オンライン

↓↓76%がトータルでプラスの自動売買の詳細↓↓
外為オンラインのホームページ

FX口座数 国内第1位!皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!の超人気会社で65万人以上が口座を開設しています。

低スプレッド(低コスト)で使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはDMM FXが一番お勧めです。

FX本気で勝ちたいならDMM FXは必ず持っておきたい口座の一つです。

DMMFXのホームページ

スプレット大幅縮小!ヤフーのFX会社 「YJFX!」

YJFX

ヤフーのFX専門会社!各種人気の通貨ペアを有利な条件で取引ができるよう、スプレットは常に大幅縮小中です。

また、取引手数料、ロスカット手数料が0円など各種手数料がかからないのも魅力です。

そして、低スプレッド業者では、提供がほとんどない通常の1/10の1000通貨での取引ができ、低資金で始めることができるのが特徴です。

中でも最大の特徴は、FXのスマートフォンアプリです。

「使いやすいスマホアプリ」として多くの方が使っています。

使いやすいシステムが好評でFX初心者に特におすすめの会社です。

YJFX!を使えばTポイントが貯まります。

YJFXのホームページ

話題の自動売買! 利益をコツコツ積み重ねる「FXブロードネット」

FXブロードネット

FXブロードネットは業界トップクラスの低スプレッドで有名な人気会社です。

ドル/円のスプレッドが銭、ポンド/円 銭など、どのスプレットも非常に安いのが特徴です。

自動売買の「トラッキングトレード」が有名で、FX初心者に特に人気があります。

トラッキングトレードは裁量トレード(自分でするトレード)に比べて約3倍の利益が出るとして、公式サイト上で発表されています。

また、4千円からの低予算でFXができるのも人気がある理由です。

コツコツ儲けたい方に特にお勧めのFX会社です。

FXブロードネットのホームページ

FX取引高 世界第1位! デイトレで選ぶなら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供する会社で、取引高も世界第1位、FX預かり資産国内第1位と最も安定しています。

人気の理由は低コスト、高金利にあります。

24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、わからないことの問い合わせに力を入れているのも大きな特徴です。(ヘルプデスク協会主催の「問い合わせ窓口/サポートポータル格付け」調査で最高評価獲得)

世界共通の王道としてGMOクリック証券は必ず持っておきたい口座の一つです。

GMOクリック証券のホームページ

利益チャンスを追求するなら、iサイクル「外為オンライン」

外為オンライン

iサイクルは外為オンラインのシステムトレードです。

始め方が本当に簡単です。 自分の資金や投資の好みに応じて簡単なセットをするだけです。

高い利益を出している注文内容をランキング形式でリストアップされるので、それを選ぶだけで始められます。

さらに、miniコースもあるので1000通貨単位でも始められます。

初心者の方がまず口座を開く、外為オンラインのiサイクル注文はシステムトレードをしたい方にお勧めです。

外為オンラインのホームページ