FXの基礎

スプレッドとは?

投稿日:

スプレッドとは?

スプレッドとは?

FXでの手数料のことです。

「手数料無料」とうたっている証券会社もありますが、実際はスプレッドという形で手数料を取っています。

例えばドルを購入しようと思ったとき、BID100.000円、ASK100.003円などとなっています。

BIDは売りエントリー、つまりドルの空売りのことです。

空売りの場合1ドルを100円のときに取引すると1ドル98円など相場が円高に進んだときに利益を出すことができます。

ASKは買いエントリーのことで、一般的にイメージする外貨を買うことです。

買いエントリーは逆に1ドル100円のときに取引すると1ドル102円など相場が円安に進んだとき利益を出すことができます。

BIDとASKの価格は同じ証券会社で比べると必ずASKが高くなっています。

このBIDとASKの差がスプレッドです。

スプレッド原則固定

逆にスプレッドが原則固定になっていない場合はスプレッドが変動しているということです。

証券会社が「最狭スプレッド0.5銭」とうたっていたとします。

しかし、スプレッドが原則固定になっていないと自分が取引をしようとしたときにスプレッドが0.5銭になっていないということがほとんどです。

実際には0.5銭のスプレッドで取引できるチャンスが1日のうち数時間しかないという場合もあるようです。

スプレッド原則固定の例外

スプレッドを原則で固定している証券会社も例外としてスプレッドが反動することがあります。

ほとんどのケースでスプレッドが変動する場面は決まっていて、アメリカの雇用統計発表時や土曜日の朝方の証券会社が営業を終わらせる直前、月曜日の朝方の証券会社が営業を始めた直後などの短時間で大きく相場が動くときです。

なんで、スプレッドが大きく拡大している時を避けることは容易です。

証券会社選び

自分のトレードスタイルで利用する証券会社を決定すべきです。

頻繁に取引をする人はスプレッドが狭い証券会社を選ぶべきです。

スプレッドが1銭の証券会社で1万ドルを購入したとすると手数料は100円です。

それに対してスプレッドが0.3銭の証券会社で1万ドルを購入したとすると手数料は30円です。

1日に10回取引をしたとすると手数料だけで700円もの差が出てきます。

頻繁に取引をして利益を出したいと考えている方にお勧めする証券会社は外為ジャパン、GMOクリック証券です。

どちらの証券会社もスプレッドは原則固定で0.3銭の業界最狭スプレッドです。

  • この記事を書いた人

FXガイド編集部

FXガイド編集部では、プロのトレーダー監修のもと記事を書いております。 また、記事作成は新聞や為替の情報誌など、信頼性の高い情報ソースを元にしています。 また、FX会社の情報は公式サイトから得た情報を使っています。

-FXの基礎

Copyright© 【FXガイド】 FX初心者のための勉強サイト , 2019 All Rights Reserved.